TOP >作品データベース >トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

みんなの感想/評価
「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    126
  • 普通
    6
  • 残念
    1
総ツイート数
1,563
ポジティブ指数96
公開日
2016/7/22
原題
Trumbo
配給
東北新社
上映時間
124分
解説/あらすじ
20 世紀半ばのハリウッド黄金期、当時もっとも人気のあった脚本家ダルトン・ トランボの家族愛、映画へのパッションを描いた、実話に基づく感動の物語。 順風満帆に見えたトランボの人生は、当時冷戦の影響により横行していた赤狩りの標 的となり、下院非米活動委員会への協力を拒んだという理由で投獄された。 しかし釈放された後も名前を変えることで秘密裏に『ローマの休日』などの脚本を書き、 2度のアカデミー賞®を受賞した。トランボの物語は、アメリカでさえ信条によって虐げら れた人々がおり、言論の自由は未だ万人の者になっていない、今の世界にも通じるメッ セージだ。
© Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mokuren22
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』映画が好きなら絶対見て。#映画#movie
    いいね

    良い
  • star_wars_54
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』冷戦時代にこんなことが行われていたのか…!知らなかった…!彼は才能があったから対抗できて生き残れたけど、もしそこまでの才能がなかったら…?と思ってしまいました。帽子の使い方が上手い!腹立つ!
    いいね

    良い
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』☆☆☆☆★
    いいね

    良い
  • Inji
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』観た。現代の我々にも学ぶところの多い事件ではあるもののいかにもお堅い作り、と前半ちょっと引いちゃったが、最後まで観るとしっかり笑えて泣ける逆転の人間ドラマ(思想・良心の自由あり)な仕上がり。
    いいね

    良い
  • A22_24
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』★★★★
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』観る前は「 おカタいタイプの作品…?」という先入観あったけど、逆境に突き落とされてからの“ここから這い上がるぞ…!”という展開はストレートに胸アツ。 辛い役所だったエディの表情が印象的でした。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』②敵味方問わず、脇役の人間的な魅力が作品の推進力となっている。ハリウッド史に深々と残る傷痕を癒やすラストのスピーチは感涙もの。しかし、歴史は繰り返されつつある。煙草の燻る煙の様に自由ではない。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』①赤狩りが猛威をふるう米暗黒時代。その標的にされても信念と誇りを持ち続けた強い男。傷つき、傷つけても痛みが誰よりも解るトランボの優しさを表す名言の数々。やはり映画の肝は脚本。H.ミレンを筆頭に
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    『TRUMBO』…【ココサン】『王女と無骨者(ローマの休日)』の脚本を書き上げた一年後に投獄された悲痛。出所後、最初の仕事を射止めると、ハエ(赤狩り)が額の映画ポスターで潰される。煙草の長短を延命、煙の量に自由、鏡の中の二人に平和。
    いいね

    良い
  • Ken116Pe
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 カーク・ダグラスが外面も内面もイケメンだった。 #映画 #eiga
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』/伝記映画は少し堅苦しいイメージがあるけど、これは予備知識無くてもわかりやすい。映画を愛している人は特に楽しめるよ。トランボの生き方と、彼を支える家族の愛に胸が熱くなった。エンドロールは必見。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』売国奴としてレッテルを貼られながらも、映画産業を裏で支えてきた脚本家の伝記モノで、ダルトン・トランボの、人となりがよく伝わる 大変みごたえのある内容だった。最後のスピーチは名シーンですわ
    いいね

    良い
  • genzanobuyuki
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 1940年代アメリカ、赤狩りの時代。労働者の権利を訴え不遇を受けた名脚本家ダルトン・トランボの半生を描く伝記映画の良作である。失った男の復讐劇。その相手は人ではなく、時代だ。 よくよく考えるとトランボ作品一本も観ていない。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2)>それでも、歴史は繰り返すーのか? http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=82544927
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ハリウッド映画をよく知らない上に前知識ゼロで鑑賞した。アメリカにアカ狩りがあったとは知らず興味深かった。思想は自由でありたい。登場人物の帽子のおばさんが終始憎らしい(いい味出てる)
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2)>トランボの語る言葉はとてもまっとうなのに、あの時代の人々は彼を目の敵にしていたのだから、時代の正論は権力を伴った1つの考えに過ぎないことがよく分かる。その考えに扇動される“無知”な者達。
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』俗に言う「アカ狩り」。これにより多くの才能の芽を摘んでしまったことも事実だが、国が大人になるためには必要なプロセスだったのかも知れないと、いつのまにか主人公とは相反する視点で鑑賞していた。
    いいね

    普通
  • mattsuanko
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』#movie ハリウッドに嫌われた訳でもなさそうだが(笑)
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を鑑賞。赤狩り騒動に巻き込まれていく名脚本家の話。豪快で熱血だね。必要とされる力をもった脚本家だったんですね。脚本家の話だけに、この映画も見事な脚本ですね。おもしろい。
    いいね

    良い
  • 370sana
    『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』、この時代の家具や食器がとても好き。ファイヤーキングでコーヒー飲んでたけど、飴色の使い込まれた机にぴったりだった。ああいう色のレトロな家具が欲しいな。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2819movies / tweets

    follow us