TOP >作品データベース >彼らが本気で編むときは、

彼らが本気で編むときは、

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    77
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
15,686
ポジティブ指数97
公開日
2017/2/25
解説/あらすじ
優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情…。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは…。
© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiku_21
    『彼らが本気で編むときは、』とても良かった。叶わないものを、自分の中で昇華していくシーンは、一見滑稽なのにとても美しい。生田斗真がふつうに美人に見えてくるから所作って大事だな。
    いいね

    良い
  • miurakenichi
    『彼らが本気で編むときは、』生田斗真の演技が素晴らしい。性転換をした主人公なので、違和感がないことはない。しかし、その振る舞いや佇まいがとても自然。性教育というテーマも通奏低音になっており、子供にも見て欲しい作品だ。
    いいね

    良い
  • Bananachama
    『彼らが本気で編むときは、』久々に日本映画で良いなと思えた。人には色々あるもんで優しくなれる作品。108の煩悩を焼き払ってリンコさんは生まれ変われたのだろうか。生田斗真の上品な女性らしさが良かったのと相変わらずクズな小池栄子も良い笑
    いいね

    良い
  • micyoon
    『彼らが本気で編むときは、』 彼らが本気で編んだ108の煩悩!! 夜空に火の粉が舞い上がったり 消えてなくなりたい時のバイオリンの音色 棒立ちの母親とか柔らかさとか匂いとか全部 素敵な作品でした
    いいね

    良い
  • caya0922
    『彼らが本気で編むときは、』すごいよかった。生田斗真がほんとにトランスジェンダーの女性にしかみえない。ごつさと女子力の共存。108個のいろんなアレがかわいい。
    いいね

    良い
  • s0ra720
    『彼らが本気で編むときは、』凄く美しくて優しい話でした。現実ではありえないかもしれないけれど、見ていると心があたたかくなる映画です。生田斗真がどんどん美しい女性に見えるので驚きます。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『彼らが本気で編むときは、』LGBTをイロモノ扱いせず、本作のようにトランスジェンダーの日常をごく自然に取り上げた作品は初めて見た。すごく優しい気持ちになれる、いい映画。生田斗真も頑張っていたが、トモ役の柿原りんかがすごくよかった。
    いいね

    良い
  • kuro_1021
    『彼らが本気で編むときは、』生田斗真くんのリンコさん最高だった。。。キャストの中で誰よりも女性らしくて綺麗だった。三人並んでアレを縫い縫いしてるとこ笑ったしなんかすごいシーンだった(語彙力 観て良かったと思う作品。ほっこり。
    いいね

    良い
  • intheair2
    荻上作品『彼らが本気で編むときは、』#movie 相変わらず部屋がオシャレでいい感じ。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『彼らが本気で編むときは、』②いいな。優しさに包まれる映画でした。自分も、こんな心の綺麗な人になれたらいいな、って思った。https://ameblo.jp/bird210bird/entry-12345716524.html
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『彼らが本気で編むときは、』①愛があればカタチなんて関係ないし、繋がりだって関係ないない。お互いがお互いを必要とし尊重し絆をつくることが大事なのだ。差別とか偏見だとかってのは無くならないと思うけど、少しでも理解される世の中になったら
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『彼らが本気で編むときは、』あれのリサイクル方法に軽い衝撃!現実の偏見はもっと凄いんだろうなと感じつつ、3人の距離感と生田斗真から溢れ出る母性愛にほっこりさせられる・・・「ビールを発明した人にノーベル賞をあげたい」は名言。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『彼らが本気で編むときは、』編んだ煩悩が飛び交うあの空間の素晴らしさ。トランスジェンダーのリンコと母親が家出したトモの関係が素敵で。辛いことへの立ち向かい方は自分にもとても大きなアドバイスとなったかも。リサイクル…なるほど。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『彼らが本気で編むときは、』スタートラインは皆違って、初めから持ってる人と持っていない人の違い。それはお金とか才能とかセンスとかと同じ。
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『彼らが本気で編むときは、』 親子の前に「人」対「人」
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『彼らが本気で編むときは、』鑑賞。トランスジェンダーに対する差別的な言動もあるが、それが現在の日本の空気をそのまま表していると思う。私自身、今作の人物たちに違和感を抱かなかったとはいえない。その意味でポリティカリー・コレクトの重要さを感じ、フジテレビのキャラ復活はやっぱり×。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『彼らが本気で編むときは、』彼らが本気で編むのは…何と!裏切られても裏切られても、子は親について行く。りんこさんも、ともちゃんも、ともちゃんのママも、それぞれ切なすぎる。人生大変だけど、出来ることは受容しようよって言われたみたいな。
    いいね

    良い
  • 370sana
    3本目は『彼らが本気で編むときは、』。リンコさんが辛いことや悔しいことを編みこんで、ぐっと胸のうちに飲み込むたびに、観ている私の心も平らになっていく気がした。リンコさんがトモを包み込むたびに、私も安心できる気がする。そんな映画だった。生田斗真、最高でした!#映画
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『彼らが本気で編むときは、』これまで色々と辛い目にあいながらもここまでやってきて今の姿がある彼女(彼)は、心がしっかりしているから。そしてお母さんの心が広くて理解があって応援あればこそ今があるのかも。編み物のイチモツがなんとも
    いいね

    良い
  • COLORBAR_ty
    『彼らが本気で編むときは、』観た。荻上監督の新作。トランスジェンダー故の家族の愛しさと切なさと心強さを、現代のネグレクトや高齢化社会問題やらに絡めて描く話。優しい世界じゃないけど優しくなれる映画。生田斗真は今作で登場する女性陣の中で一番いい女、かつ日本のエディ・レッドメイン…。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    writelefthand
    2088movies / tweets

    follow us