TOP >作品データベース >栄光のランナー/1936ベルリン

栄光のランナー/1936ベルリン

みんなの感想/評価
栄光のランナー/1936ベルリン
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    43
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
732
ポジティブ指数92
公開日
2016/8/11
原題
RACE
配給
東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
130分
解説/あらすじ
貧しい家庭に生まれたジェシー・オーエンスは、中学時代から陸上選手として類いまれな才能を発揮していた。家族の期待を一身に背負ってオハイオ州立大学に進学した彼は、そこで名コーチ、ラリー・スナイダーと出会い彼の指導の下でさらに記録を伸ばしていく。コーチと人種を越えた強い絆で結ばれたオーエンスは、大学の陸上競技大会で世界新記録を3つとタイ記録を1つを打ち立て、たちまち全米中の注目の的に。いよいよオリンピックでの金メダルが現実味を帯びる中、アメリカ国内ではナチスに反対してオリンピックをボイコットすべきだとの世論が高まり…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【栄光のランナー 1936ベルリン】独裁者が最も嫌う"自由"をトラックの上で見せつける主人公の姿は本当に清々しかった。その後の歴史は残酷だけど、勇気や友情、そして芸術が愚かな差別に打ち勝った瞬間は胸がすく思いでした。
    いいね

    良い
  • kamine7yasiro
    『栄光のランナー 1936ベルリン』リーフェンシュタイン吉田羊に似てる
    いいね

    良い
  • G31IC
    映画『栄光のランナー 1936ベルリン』を鑑賞。中盤までは淡々としたドラマ。しかし、中盤から意外な歴史の側面を描き出す。露骨な人種差別、それを政治に取り込む薄汚さ。だが、その世でも純粋にスポーツを愛する人達がいた事は救いだった。
    いいね

    良い
  • mim_3_
    『栄光のランナー 1936ベルリン』対黒人、対ユダヤ人という2つの差別も織り込まれたスポーツ実話もの。人種を越えたジェシーとロングの友情に胸アツでした。ナチスの圧にも屈しない二人に感動した。スポーツにボーダーはない、を描いた良作。辛い展開もあったけど良かったです。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『栄光のランナー 1936ベルリン』ヒトラーとオリンピックが全然結びつかないが、考えてみればその時代にもオリンピックはあったわけで、ベルリンをアメリカがボイコットするかどうかということもあった陰で彼とドイツ選手の活躍はおみごと
    いいね

    良い
  • miyabi0705
    『栄光のランナー 1936ベルリン』悪くはなかったのですが、「ペレ 伝説の誕生」とモチーフが重なるため、あとから公開されたこちらはデジャブ感が拭えず損してました。「ペレ」を観ていない人は、良い映画だと思ったんしゃないかな?
    いいね

    普通
  • 4usoitk
    『栄光のランナー 1936ベルリン』五輪までは予想できる展開ではあるけども... 五輪後の現実の方が、時代背景から言えば当然ではあるけど、衝撃だったり、ドイツ人選手の話が良かったかな
    いいね

    良い
  • nekotaimu
    『栄光のランナー 1936ベルリン』ジェシーとラリーの関係を軸に当時の政治背景やナチのユダヤ迫害とアメリカの黒人差別が絡み見ごたえある作品でした。ドイツサイドも悪ではなく行動で示した人もいる事も描かれ気持ち良く鑑賞!
    いいね

    良い
  • snow200
    『栄光のランナー 1936ベルリン』タイトルどおり1936年ベルリンオリンピックにアメリカがどう関わったか、陸上選手ジェシー・オーエンスがどう頑張ったかを描く。国の威信を示したい運営側の考えとアスリートたちの意識の違いに驚き。
    いいね

    良い
  • kerakuten
    『栄光のランナー 1936ベルリン』「ジェシー・オーエンスというすごい人」の伝記というよりは「たまたま脚が速かったから稀有な体験できた男」の話。あの時代にあの映画を撮ったリーフェンシュタール女史のほうが掘り下げる価値あるかも。
    いいね

    普通
  • _zunco_
    『栄光のランナー 1936ベルリン』映画から歴史を学ぶことがたくさんある。。今のオリンピックってキレイなんだよね?大丈夫?って考えさせられる。いい作品でした。
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『栄光のランナー 1936ベルリン』ナマのオリンピックには興味ないのにオリンピック映画は観に行ってしまう不思議.単なる英雄譚とせずある意味淡々とレイシズムへの怒りを表現してる.4年後にこういう恥ずかしいことにならなきゃ良いけどね.
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『栄光のランナー 1936ベルリン』 実話とは言えドイツのライバル選手の辿った道もしんどい。国がああなるとああいう人ほど真っ先に犠牲になってしまうんだよなあ…
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『栄光のランナー 1936ベルリン』 ラストが祝賀会でなく主賓にもかかわらず黒人故に会場の正面玄関から入る事を断られるて裏口から入ってくとこで終わってるしジェレミー・アイアンズの連盟お偉いさんとか公民権運動前ってこうだったのね…
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『栄光のランナー 1936ベルリン』 五輪開催にあたって色々と耳に痛い内容… でも今見ておいて良かったかな。 ヒトラーを怒らせた的な宣伝文句だったけど主人公もライバルのドイツ選手も主に自国にこそ酷い目に遭わされているんだよね。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『栄光のランナー 1936ベルリン』TOHOシャンテ。オリンピック最終日ということで鑑賞。いい話なのだが、最初から超人的強さなので競技的な感情移入がしづらいのは難点。原題の人種問題を考えるとユダヤと黒人のクロスで突き付けてくる。
    いいね

    良い
  • lrdpisn
    『栄光のランナー 1936ベルリン』こういう差別や政治を才能で打ち破るキモチイイお話って"勝てた"結果ありきで英雄像を作りがちだけど、もし勝てなかったらどうなるか、そして勝てても変わらなかったことについても描いているのは良かった。
    いいね

    良い
  • COLORBAR_ty
    『栄光のランナー 1936ベルリン』観た。ナチ政権下の五輪で差別、政治問題に翻弄されながら1度に4つのメダルを手にした黒人陸上選手の実話。想像もできない、プレッシャーを超越する精神力とスポーツへの敬意にグッときた。「ペレ」に続く五輪開催期間中に出会えて良かった伝記映画のひとつ。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【栄光のランナー 1936ベルリン】国より個人が勝る麗しき真実の物語。黒人選手として人種差別に異を唱えるにはボイコットかナチス独を打ち負かすか…葛藤を乗り越えての勝利。胸を熱くする幾つものEpを盛りながらも散漫にならず見事。 #映画
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『栄光のランナー 1936ベルリン』くしくも今オリンピック。彼らの頑張りがあって、今があると感じました。ナチスは恐ろしいと再認識しました。差別のない大会でないと!走る姿に感動!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    jasminya
    2031movies / tweets

    follow us