TOP >作品データベース >ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    132
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
929
ポジティブ指数96
公開日
2010/7/10
解説/あらすじ
いじめられっ子で繊細な12歳の少年、オスカー。友達が欲しいという孤独な少年の願いは、同じ12歳のエリが父親と共に隣の家に越してきたことで叶えられた。しかし、青ざめた顔をしたエリの外出は夜の間だけで、彼女はキャンディも食べられない。そしてエリが現れたのと時を同じくして、街では不可解な失踪や殺人が次々と起こり始める。恐ろしい話が大好きで内向的なオスカーは、エリがヴァンパイアだと気づく。ふたりの幼い恋が終わるかに見えたとき、オスカーに最大の悲劇が襲いかかる――。
© EFTI_Hoyte van Hoytema
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mattsuanko
    『ぼくのエリ 200歳の少女』#movie スウェーデンらしい雰囲気のある映画。故なきいじめにあうオスカー。矯正不能な三人組とリーダーの兄貴の4人がエリによって〇〇させられるプールのシーンは快哉を叫んだ😄
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『ぼくのエリ 200歳の少女』 #UNEXT 鑑賞。原作読んだばかりなので思い出しながらの鑑賞。結構忠実に映像化されてた印象。北欧もの特有の仄暗い映像が幻想的。良かったです。リメイク版の「モールス」も観たいですね。
    いいね

    良い
  • zyk35888901
    『ぼくのエリ 200歳の少女』★★★★☆
    いいね

    良い
  • frodopyon
    『ぼくのエリ 200歳の少女(3)』永遠のエリと『オスカー』の物語。  → https://mixi.jp/view_bbs.pl?id=93917315&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • boushi24
    『Låt den rätte komma in』子供の頃見ていた世界の雰囲気をなんとなく思い出す。決して明るいものではなく不安だった。定型にとらわれない話運び、そして役者達の顔がいい。映画的純度は高いと思う。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ぼくのエリ 200歳の少女】原作小説から幾つかの要素を落としたり薄めたりしているからか、全く別解釈できる怪物恋愛ファンタジーの様だ。美少年オスカーと北欧では異邦人っぽく映るエリーのマスクの魅力。残虐映像のクールさとエリーの顔を巧みに変幻させて見せる演出にも惹かれた。 #映画
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ぼくのエリ 200歳の少女(3)  ♡やっぱオリジナルの純度は至高。永遠の『オスカー』とエリの物語。だから、最初にエリと同居していた老人は無名なのかな。青白い顔色のエリが血に触れると力強い美しさを放つ。オスカーの儚さとは対照的。
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『ぼくのエリ 200歳の少女』北欧の寂れた街に、虐めという極北の現状が痛々しい程に突き刺さる。そこに現れた吸血鬼の少女。リメイクと比較すると瑞々しさより寂れた空気と痛覚を刺激する描写が多い。痛みを分かち合うことか理解、受容へと繋る。
    いいね

    良い
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『ぼくのエリ 200歳の少女』☆☆☆★★
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ぼくのエリ 200歳の少女』寂寥感の極み、凍てつく北欧の大地に宿る唯一の温もり。それは抗えない孤独を受け入れる2人が交わす、体温を帯びた言葉。仄暗いヴィジュアルと静寂のサウンドが、瑞々しい表情と心情の変容を際立たせる。美しい映画。
    いいね

    良い
  • 2Cap4
    『ぼくのエリ 200歳の少女』95点
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    『Let the Light One in』…【ココイチ】虐める側にも上がいる場面や“豚”の蔑み、ナイフ(狩る側の比喩)などがオスカーの脱したい弱肉強食の環境を暗示。エリが最上位たる存在だからこそ、周囲の死は生き抜くための糧と納得。
    いいね

    良い
  • 146ken0101
    『ぼくのエリ 200歳の少女』養うはずのエリ父があんなんで何百年も本当に生きてこられたのか?という疑問がどうしてもぬぐえない。ヴァンパイアは感染するのか元々は人間だったのかミステリアスに包まれる。エリとオスカー2人の優しい空気感が○
    いいね

    普通
  • johnny_pay_pay
    『ぼくのエリ 200歳の少女』7/10点。 ヴァンパイアで少年少女の恋愛もの。チャラさはなく、日常の中の異物として描いている。そのリアルさが、主人公の男の子の感情の瑞々しさを掬い上げ、その後の切なさも考えさせられる。
    いいね

    良い
  • sunaimai20
    『ぼくのエリ 200歳の少女』邦題で、わざわざ200歳って言わんでも(怒)。映像の美しさ、謎めいた展開、そして刹那的な結末…。見終わっても余韻の残る、素敵なストーリーでした。
    いいね

    良い
  • mpwjdgwj
    少年少女の恋に猟奇的なモノを挿入するアブノーマルな映画かと思ったら、もっとエグい映画。人間は内に秘めるモノがあるそれは子供でも。受け入れるか受け入れないかは子供でも出来ることなのね。父親のゲイ描写もよかったそれを察するのも綺麗だった
    いいね

    良い
  • kuro_1021
    『ぼくのエリ 200歳の少女』モノクロ映画を思わせるような仄暗さの中に、切なさや悲しみ、嘆きを感じた。お話全体はすごく淡々と進むのだけど、時折表情や雰囲気に呑まれそうになる。純粋な愛のお話だった。あとオスカーめっちゃ可愛い。
    いいね

    良い
  • hosizoragohan
    『ぼくのエリ 200歳の少女』 景観を折り込みつつ静かに進んでいく物語がすごく美しい。色白オスカーと色黒エリの対照的な美しさがより双方の世界の違いを引き立てていてすごく良い。淡々としているけどポイントは押さえていて見やすかった。
    いいね

    良い
  • miurakenichi
    『ぼくのエリ 200歳の少女』リメイク版の「モールス」を先に見て、気に入ったのでこちらを拝見。雰囲気はモールスの方がいいかも。ただ男女っていう性差を乗り越えた愛っていうメッセージ性は、原作の重要な要素。
    いいね

    良い
  • mJ5mJp
    『ぼくのエリ 200歳の少女』主人公の男の子が可愛すぎてやばい。女の子も主人公くらい美人さんならわたし的にはパーフェクト。従来のヴァンパイア映画とは違う切なさ、幼い?二人の秘密のやりとりにキュンとした。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3526movies / tweets

    follow us