TOP >作品データベース >女はみんな生きている

女はみんな生きている

みんなの感想/評価
「女はみんな生きている」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    8
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
11
ポジティブ指数88
公開日
2003/11/15
原題
Chaos
配給
アスミック・エース
上映時間
112分
解説/あらすじ
フランスのアカデミー賞であるセザール賞で5部門のノミネート、娼婦を演じるラシダ・ブラクニに最有望若手女優賞受賞の快挙をもたらした女性ドラマ。監督は「赤ちゃんに乾杯!」のコリーヌ・セロー。主演は「...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tweet_eiga
    『女はみんな生きている』前半のスピード感・スリリング感が、後半やや失速してしまった。主婦のエレーヌが冒頭ではあんなにパワフルに立ち回っていたのに、後半はあまり活躍してないからかな。
    いいね

    残念
  • maytofive
    『女はみんな生きている』DVD鑑賞。面白かった〜!平凡な主婦が娼婦と結託して自分勝手で理不尽な男どもに鉄槌を下す話…と言うと勇ましいが、テンポ良く音楽も洒落てて、最後まで軽快で爽やかで痛快♪カトリーヌ・フロのホンワカした雰囲気も素敵
    いいね

    良い
  • healthy_nine
    『女はみんな生きている』序盤隠れた男尊女卑の世界は見慣れていたのもあって、焦点が定まらないが、ノエミの過去の回想からシャープにドラマが進んでいく。全編デジカメの粗さでピントが合ってなかったりするのはご愛嬌かな。
    いいね

    良い
  • usakosisyou
    『女はみんな生きている』映画鑑賞。男に殴られ血まみれの娼婦。車に乗った夫婦に助けを求めるが夫はドアを開けず助けない。翌日、容体が気になる妻は娼婦が入院した病院を訪れる。スリリングで小粋で軽妙な脚本、そして胸のすくような爽快なラスト。お薦め
    いいね

    良い
  • hcont
    『女はみんな生きている』こーゆう映画あんまりない。おもしろい。
    いいね

    良い
  • TK_Wmm
    『女はみんな生きている』いつまでも黙って男たちの言いなりになんかならないわよ 私がいなけりゃ何にも出来ないじゃないの その癖に浮気は平気でするし 女をバカにしてると怖い目にあうわよって言う映画 テンポがイイし、小気味いい 女性は必見!  
    いいね

    良い
  • It_is_empty
    『女はみんな生きている』何と忙しない!それと同時に何て爽快感ある映画なんだ。映像が独特で類を見ないし、音楽や演出もシュールだ。意図して笑いを取りに言ってるのか分からない所が憎い。女性賛歌映画としては、ホントに面白い作品だと思う。グッジョブ!
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『女はみんな生きている』原題は「CHAOS」そうそう「カオス」な内容!!!一番年配の女だけが晴れ晴れしているのは、諦念ゆえにではなく、自分の過ちを認めているから。「母性」も「父性」も「神話」みたいに絶対視すると火傷するぞーってお話なり。
    いいね

    良い
  • akisue
    『女はみんな生きている』仏コリーヌ・セロー監督のフェミニズム溢れる映画。作中での男の描かれ方が基本的に酷いので、気になる人はよした方がいいかも。この監督の作品って、映画なんだけど映画観た気にならない。いい意味で。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『女はみんな生きている』http://kazu.mo-blog.jp/prince/2007/01/post_c8c9.html 更にブログでぺちゃくちゃ。
    いいね