TOP >作品データベース >六月の蛇

六月の蛇

みんなの感想/評価
六月の蛇
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    9
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
11
ポジティブ指数100
公開日
2003/5/24
配給
ゼアリズエンタープライズ
上映時間
77分
解説/あらすじ
 
海獣シアター
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Hanashi_Sagashi
    『六月の蛇』「一線を超えてヤバい領域へ」というテーマは同じでも、バイオレンスよりエロスの方が個人的に受け止め易いためか、同監督作品の中で(まだ全部観てないけど)一番楽しめたかも。秘密クラブや金属触手は意味分からなくても「面白い」し。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『六月の蛇』ポルノ映画になるのかと思いきや、激しい雨音やブルートーンの映像がそっちじゃないぞと方向を指し示す。男と女の間のことなんて簡単に語れることじゃない。一旦迷路にはまり込んだらそこでのたうち回るのもあり。塚本晋也の才能凄い。
    いいね

    良い
  • johnny_pay_pay
    『六月の蛇』77点。 愛した女の旦那があれで、そいつのせいで女は抑圧状態にある。それゆえのストーカーの行動は、優しさとは言えないが、相手を思ってのことであろう。どうしようもねぇなぁ。感想が何か言いにくい映画だった。
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『六月の蛇』青いモノクロの映像と終始雨の音響の美しさに、溜息が出る傑作。
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『六月の蛇』('02/塚本晋也監督)を観た。塚本監督は決して得意なほうじゃないんだけど、それでもこれが一番好きかな。色調がブルーに抑えられた画面にやまない雨、盗聴、盗撮といった舞台装置がただただ気持ちいい映画世界にいざなってくれる。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『六月の蛇』あらすじ読んでいまいち手が伸びなかったけど、いざ観たらしっかり楽しめた。仕事中心で潔癖症の無機質な夫が変化していく様子が印象的。ただ自分の理解力不足もあってよく解らないところもあってちょっと残念。いずれ解るようになるんかな
    いいね

    良い
  • sundance0725
    『六月の蛇』生のリアルとしての性。生を置き去るかの様な潔癖。性欲対象としての肉体。嗜好対象としての肉体の造形。あたりまえだったものがあたりまえでなくなったとき呼び覚まされる本能と愛おしさの矛先。ヴィタールの前哨戦。生命の輝きを謳歌する傑作
    いいね

    良い
  • ronyoritsumoko
    『六月の蛇』『鉄男』よりはるかに見易かったw 月刊黒沢あすか。逆三角形の上半身と母性を感じさせる下腹にKO。死期の迫ったストーカーが、自分の命と引き換えに愛する女の倦怠期を救う名誉変態もの。出たがり監督の出演シーンが総じてつまらなく残念。
    いいね

    良い
  • tosamatomo
    『六月の蛇』DVD鑑賞。塚本晋也作品は劇場で観た「鉄男」以来。以外と内容がストレートな印象。エロティックな演出は下品過ぎず、青みがかったモノクロ映像で美しく感じる。予想つかぬ展開で、雨降る寒々しい映像の中に黒沢あすかの演技が光る快作。
    いいね

    良い
  • SwitchedOnLotus
    『六月の蛇』果てしなく降り続ける雨やカメラの反射光、荒々しいモノクロ、妙に耳に残る音楽その他画面から受ける圧力は相当なものだが、どうにもワンパターンで次第に疲れてくる。これなら変に高尚ぶらず、ストレートに三角関係を描いた方が良かったね。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    TaulNcCar
    2582movies / tweets

    follow us