TOP >作品データベース >酔いがさめたら、うちに帰ろう。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

みんなの感想/評価
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    23
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
673
ポジティブ指数98
公開日
2010/12/4
解説/あらすじ
塚原安行(浅野忠信)は“戦場カメラマン”として、世界中を駆けまわってきた。帰国後、人気漫画家の園田由紀(永作博美)と結婚し、ふたりの子供も生まれるが、安行はアルコール依存症となり妻に暴力を振るうようになる。やがてふたりは離婚、安行は精神病棟への入院することに。そこで出会った人々との触れ合いと元妻の由紀の懸命な支えに安行は不思議な安堵感を覚え、穏やかな日々を取り戻すのだが…。鴨志田穣による自伝的小説を原作に、彼と彼の妻であり人気漫画家の西原理恵子ら家族たちの日常を描いた物語。
© 『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yuuminanami
    酔いどれ親父視点で完全シンクロ。酔っ払いが2人の子どもたちと一緒に暮らそうとアルコール依存症からの脱却を目指す。その想いが切ない。家で作るカレーが食べたくなる作品。カレーが食べたい。カツカレーが食べたいよう。
    いいね

    普通
  • otonateikokua
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』アルコール依存の人の話、病院などアルコール依存症の症状などコミカルに描いている印象。けれどアルコール依存症の恐ろしさも表している
    いいね

    良い
  • ARISAKAMigiwa
    こちらは、元夫である鴨志田穣氏の目線から、西原家および自分自身を見つめたものです。個人的にはこれと『毎日かあさん』は一対の作品であることと、浅野忠信演じるカモが大好きです。『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』#eiga #movie
    いいね

    良い
  • tibibitz
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』DVD鑑賞。アルコール依存症をリアルに描いた作品。後悔してもどうにもならない
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』病気に勝てないけれど、愛すべき家族がいる。でも病気に戦うことも出来ない。アルコール依存症という誰にも同情されない弱さの象徴を和らげるのは愛しかない。
    いいね

    良い
  • chochopolix
    毎日かあさんに比べて、子供服が高そう笑 気になった点は、永作がキッチンで泣く悲しいシーンで、ポップなブタのまな板が目立ちすぎてぶち壊してた。浅野さんいいっす。
    いいね

    良い
  • suke10_domo
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(続き)と思う。後「カレーライス」に異常に反応していたのが少し面白かった。夫婦でも視点が違っていた。
    いいね

    良い
  • suke10_domo
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』毎日かあさんのアニメをよく見ているので実写を見たくて借りました。劇中で医者がアルコール依存症は「自業自得」と思っている人が多いと語っていた。私自身そう思っていたので少しこの病気について理解出来たかな。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』「毎日かあさん」と比較して見ると夫婦の視点の違いが見えて面白い。この病気の難しさもリアルで浅野&永作コンビのほんの些細なやりとりや表情が素晴らしい。現実では地獄だろうに淡々とした作風が余計リアル。
    いいね

    良い
  • TK_Wmm
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』アルコール依存症が他の病気と決定的に違うのは、誰も同情してくれないこと 暴力描写が少なく、子供の明るさもあって、全体的にあまあまな感じ 病人本人目線だと意外に浅野忠信の淡々とした表現がリアルなのかな… 
    いいね

    良い
  • ZAKU14
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』俺ある中だけど、映画の中の自業自得って言葉が胸に残りました。たんたんとでも温かく胸になぜか響いてきました。 死にたいと思うけど、でも、まだ生きてる。生き残っている。それでも希望ってやつを探してますww
    いいね

    良い
  • risabbon
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』これめっちゃ泣いたんだよね。笑えるとこもあるし、よかった。家族・・・こんな風に想える人がいるってすごいな。永作さんの切ない表情、やっぱりいいなぁ
    いいね

    良い
  • wiggling
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』レンタルDVDにて。アルコール依存症の治療の難しさが全部描かれてるのでは。心の病気だから治らないのよね。そして本作は最高のフード映画でもあるのだ。シーフードカレーとの対面シーンの感動といったら!
    いいね

    良い
  • ragus_yu
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』結構笑えて、温かいお話。お酒には気をつけよう。毎日かあさんまだ見てないから、早く見たいな。
    いいね

    良い
  • onsentaro1964
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』「毎日かあさん」と比較しておなじ家族を描いていても夫と妻、立場が違うだけで描き方がかなり異なるのに驚く。浅野忠信演じる安行の酒を飲んで暴れる時の悪魔が乗り移ったような演技に惹かれた。
    いいね

    良い
  • tomouttsu51
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』どんなことがあっても、支えあえる家族の強さ、子供の健気さ、そして西原さんの強さに感動しました。
    いいね

    良い
  • adiantum_m
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』'10.12月鑑賞 期待しすぎるくらいの期待に適った秀作でした。本当の結末を知っているが故、登場人物の一人になった気分でイライラ&ハラハラ、最後は泣きに泣きました。浅野&永作さん、子供たちとっても良かった。
    いいね

    良い
  • hirowo87
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』 ある意味、奇妙な家族だ。別れても助けてくれるのだから。人間の可笑しさが面白く、ちょっと幸せな気持ちになって帰路についた。
    いいね

    良い
  • ek_jp
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』男の弱さ脆さのリアリティ。劇中でも語られますが誰にも同情されない病気でありながらも、それを受け入れ見守る家族。自分を1番に想ってくれる人がいる事がどんなに幸せな事なのか感じさせられた。 #yoisame
    いいね

    良い
  • kimchia_jp
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』アルコール依存症の描写がリアルで素晴らしい。演じた浅野忠信が良かった。それに永作博美の笑顔に、どの作品も救われている。全体的にはドライでいて、悲しみがジワリと滲みでるような秀作。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    2729movies / tweets

    follow us