TOP >作品データベース >四月物語

四月物語

みんなの感想/評価
四月物語
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
68%
  • 良い
    15
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
32
ポジティブ指数100
公開日
1998/3/14
配給
ロックウェルズ
上映時間
67分
解説/あらすじ
桜の花びら舞う4月、大学進学のため、生まれ故郷の北海道・旭川を離れて東京でひとり暮らしを始めた楡野卯月。彼女にとっては毎日が新鮮な驚きであり、冒険だった。だが、彼女がこの大学を選んだのには人に言えない“不純な動機”があった…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 624ken
    岩井俊二監督『四月物語』を鑑賞。大学進学で東京にやってきた女子大生の話。住む環境も変わり大学生活が始まりドキドキの日々ですね。淡い恋心は、うまくいくかわからないけど、こういう初々しさはたまらないね。松たか子さん可愛いなー。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『四月物語』松たか子が初々しくも可愛い、ザ・岩井俊二な叙情詩的作品。これと言ったストーリーはなく、大学進学で東京に出てきた女子大生の日常が綴られていくだけだけど、そこにほんのり淡いラブストーリーが彩りを添える。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『四月物語』特段ドラマチックな事が起こる話ではなく、作風を見せるPVのような感じ。ヒロインのおぼこさを強調させまくったような一人暮らしや大学生活の探り探りでぎこちない様子が自分には観ていてやたら居心地悪くてたまらなかった。何度心の中で「止めてくれ!助けてくれ!」と叫んだことか。
    いいね

    普通
  • paranoiaquality
    『四月物語』オープニングに松本白鴎一家勢揃いがこの映画のピーク、この1分の為に一家揃って雪の旭川まで行ったのか。映画と言うか長いCMを見せられている気分。四月っていうのは上京した最初の一ヶ月と主人公の名前卯月と掛けてるのね。
    いいね

    普通
  • trans_american
    『四月物語』何てことない女子大生の日常をみても面白くなかったけど、書店での出会いのシーンが何かほっこりする。さわやかな好青年の田辺誠一と、フレッシュな松たか子が好演していて、恋がどうなるのかわからないところで止めてるのがにくいな
    いいね

    良い
  • kiku_21
    『四月物語』初めての一人暮らし、初めてのキャンパスライフの描写が昔の自分を思い出してツラい(笑)憧れの先輩とのやりとりがいちいち可愛く、おんなのこを描かせたら岩井俊二の右に出るものはいないんじゃないかと思ってしまう。画もきれい。
    いいね

    良い
  • 99993g
    『四月物語』先輩!本屋さんのシーンたまんない!
    いいね

    良い
  • 0265sky
    『四月物語』岩井俊二作品にしてはさほど重くなく楽しめた。ビックリするほど短いけど、あのテンポならばこれで正解かも。 松たか子の初々しさが良く、全体的に瑞々しい。 冒頭の美しさが「細雪」的な印象。
    いいね

    普通
  • ma_MJ
    『四月物語』松たか子ってこんなに可愛かったんだ!どんくさい演技が演出かどうかは謎だけど、素朴な感じがまったりした映画にマッチしていて丁度よい。
    いいね

    良い
  • ytaro716
    『四月物語』★★☆☆☆。
    いいね

    普通
  • muroik
    『四月物語』最後まで観ると主人公の気持ちが分かってキュンとする作品。短編なのでサラッと観やすい。一歩間違えるとストーカーなのは映画なのでご愛嬌。
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『四月物語』映画?PV?田舎から上京してきた新入女子大生の松っつぁんの素朴で丸ぁるい瞳と丸ぁるいほっぺが超印象。新天地で「四月」という新たな何かの始まり、出会いを期待し何かを変えようと空回しながらも動き出す卯月が重なる。淡く透明な画質。大袈裟な桜滝、雨の赤傘。物語が動き出す。
    いいね

    良い
  • mpwjdgwj
    何が起こるわけでもないのに好きな映画。口角が自然と上がりずっと笑顔で観てしまう奇跡の映画でも愛の奇跡の映画だと思いたい。こっぱずかしさの頂点をいってる大学での自己紹介、異常に舞う桜の花びらに降る雨。一番最初のシーンだけでも国宝級。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『四月物語』(1998)初鑑賞。冒頭のメタ感で初主演の松たか子を見守る映画に。淡い映像に揺れる光。自分もあの四月には輝いていたかも、とノスタルジックな気分に。傘をめぐるシークエンスが愛おしい。人の想いで行ったり来たりのキアロスタミのよう。広がる未来が余韻に変わる可愛い小品。
    いいね

    良い
  • one_for_six___
    『四月物語』松たか子の素材の良さを感じざるえない映画。今だったらこの純朴さを誰が演じられるのかなあ・・・ 
    いいね

    良い
  • chakcu2
    『四月物語』淡々と上京の風景が写し出され、自分の境遇を重ねずにはいられない。
    いいね

    普通
  • shi_i18
    『四月物語』とにかく好き。映像と音楽と空気と。観に来て良かった。あ。ご一家の皆さまにびっくりした w
    いいね

    良い
  • otsurourevue
    『四月物語』(岩井俊二)久々に鑑賞。大学入学当時というこの時期を切り取ってくれるだけで傑作認定したい。タイトルに反してほとんど物語はないにも関わらず女の子のスター性でひっぱるのはこれと『もらとりあむタマ子』くらいでは。
    いいね

    良い
  • croaton0
    平凡な日常とドラマの瞬間を瑞々しく強調演出して見せているだけだが、たまにはあえてそういう雰囲気に呑まれてみるのも悪くない。 松たか子が女優として成長したいま見ると主人公の初々しさがより強調されて面白い
    いいね

    普通
  • skyblueline
    『四月物語』★3.5 話の展開的にまだ何も始まってやしないじゃないかと思ったけど、主人公と傘の描写や人間関係の微妙な距離の取り方が共感できたのでそこは面白かった。面倒くさい主人公もこういう人いるなとリアリティがあってよかったです。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...