TOP >作品データベース >マルタイの女

マルタイの女

みんなの感想/評価
マルタイの女
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    2
総ツイート数
8
ポジティブ指数66
公開日
1997/9/27
配給
東宝
上映時間
131分
解説/あらすじ
 
伊丹プロダクション
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • cream_puff_man
    『マルタイの女』何か取り上げてるものが際どい気もそれを突っ込むのも野暮な気がするが、取り敢えず個人的には嫌いじゃないなあ。 「力に怯まず毅然に立ち向かおう」と伊丹監督は言いたかったと考えていいだろうか。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    日本の文化や制度など生活のベースにある大きく言うところの仕組みを用いて、ハリウッドにはない娯楽作を作り上げる。というのが伊丹十三の18番だと読んでいるが、本作に関しては銃撃戦やカーチェイスなどの「動」を見せ場にしてるからもったいない
    いいね

    良い
  • MondMasa
    伊丹十三の遺作で脚本の初期段階に三谷幸喜が参戦した良作!殺人事件を目撃した女優とその身辺保護を務める刑事コンビの物語。あざとさ目立つけど、女優という設定を存分に活かしたい笑どころとしっかりやるグロさは抜群。アクションがぬるいけど!
    いいね

    良い
  • MondMasa
    伊丹十三の遺作。殺人事件を目撃した大物女優とその身辺保護を行う刑事コンビの物語。初期段階で三谷幸喜が脚本についてた事もあり三谷色が強く、本作での宮本信子は後の三谷にとっての戸田恵子のような役回り。ちょっとあざとさが目立つけど良作。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『マルタイの女』巧いとは思うよ。思うけどココらへんから宮本信子の起用がさ、わたくし的に鼻につきだしちゃったのよ。伊丹作品における彼女の存在は「絶対」だけれど、なんか「無理」をね感じちゃうっつうかさあ~~~。
    いいね

    残念
  • ronyoritsumoko
    『マルタイの女』「オペラ歌手時代の伊集院」を自ら演じた伊集院刑事のプロレス、遺言にも単なる逃げにも聞こえる殺人、目を引くシーンは散発的にあるが、全体として何を撮りたかったのかがわからない。長回しがくどく、アクションは退屈。年齢詐称。
    いいね

    残念
  • ronyoritsumoko
    『マルタイの女』おそらく作品単体で見れば十分満足できるのだろうが、衝撃のシーンに満ちた問題作、なおかつ遺作だと身構えて見るとややがっかりする。この感覚はそう、アイズワイドシャットだな。
    いいね
  • zzyusa9
    『マルタイの女』伊丹監督の遺作。安心して観られるかと思ったら、ちょっと肩透かしを食らった感じでしたね。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    ichiwheat
    5381movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us