TOP >作品データベース >戦火の勇気

戦火の勇気

みんなの感想/評価
戦火の勇気
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    3
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
9
ポジティブ指数80
公開日
1996/11/2
原題
Courage under Fire
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
117分
解説/あらすじ
 
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tweet_eiga
    『戦火の勇気』学校サボって制服のまま観に行ったんだっけ。証言者によって状況が食い違う羅生門的演出は、展開が二転三転してなかなか面白かった。
    いいね

    普通
  • wishgiver2
    『戦火の勇気』20年ぶりに再鑑賞。ガリガリの若きMデイモン、役に相応しい美しきMライアン、今と変わらない崇高な佇まいが絵になるDワシントンに改めて魅入られた。プロット、構成ともに良くできた作品だと思う。
    いいね

    良い
  • itsumi0317
    『戦火の勇気』もう20年近く前の映画になるけど、今観ても思うところのある作品。メグ・ライアンが士官なのはミスマッチのようで意味があるよね。 #CourageUnderFire
    いいね

    良い
  • croaton0
    全体的に話が綺麗に整理されている見易い作品 真相と政治的思惑が織り成す事の複雑さや重苦しさは皆無だが、その分話の要点は際立っているため作品のテーマはとても解り易い。ただ見る人によってはアメリカならではの「ただの綺麗事ドラマ」でしかない
    いいね

    普通
  • miurakenichi
    『戦火の勇気』たぶん二度目だった。でもストーリー構成が良く出来てるので引き込まれた。メグ・ライアン、デンゼル・ワシントン、マッド・デイモンの魅力再発見。この時はまだ、戦争に大義と愛国の幻影を見れた時代だったのだと感慨深い作品でもあった。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • KATSUO515
    New post: 【映画レビュー】戦火の勇気 http://t.co/duNgPySzpv
    いいね

    残念
  • akafundosi
    『戦火の勇気』湾岸戦争で味方を誤射で死なせたサーリングは史上初の女性名誉勲章受章者の戦時の動向を調査する中で判明した残酷な真実。題名と話の流れで大体結末は予想可だが…この観終わった時の陰惨な余韻は戦争作品独特で心地いいもんではねぇな。大尉、熱演。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『戦火の勇気』鑑賞。一つの真実に徐々に向かっていく物語。映画として主人公の成長譚にするために二つ目の筋が用意されていることと、結局キャラたちが嘘をついており一つしか真実が存在しないことが個人的には残念なところ。極限の人間ドラマとしては濃厚で良い。
    いいね
  • guwashideath
    WOWOWで録画しておいた『戦火の勇気』を見てます。え〜メグ・ライアンという驚き、で、この映画が公開されていた頃って、一番、映画を見てない頃だったな〜。ぢつは離婚した年(^_^;)
    いいね