TOP >作品データベース >沈黙 サイレンス

沈黙 サイレンス

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    190
  • 普通
    24
  • 残念
    0
総ツイート数
7,920
ポジティブ指数93
公開日
2017/1/21
原題
Silence
配給
KADOKAWA
上映時間
162分
解説/あらすじ
遠藤周作の小説「沈黙」を、「ディパーテッド」「タクシードライバー」の巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣...
Copyright :(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • campanello9720
    『沈黙 サイレンス』遠藤周作の原作を映画化。絵踏みをしても心の中で信仰していれば神は大きな包容力でもって包んでくれるのではないかと映像見てそんな事を思ってしまう。
    いいね

    普通
  • moopee
    潜伏キリシタン関連の世界遺産登録とオウムの死刑執行で思い出し、『沈黙 サイレンス』鑑賞。棄教を迫られる宣教師の話。奉行側の自嘲じみた諦観もスパイス。原作読まねば。
    いいね

    普通
  • momomikan0608
    『沈黙 サイレンス』#eiga 自分がこの映画から受け取ったのは、信仰の形は様々、信じる心さえあればそれは信仰だということ。周囲に背信者と思われようと、何度裏切りを繰り返そうとも。神は沈黙しているのかそうでないのかも、信じる人次第。
    いいね

    良い
  • intheair2
    『沈黙 サイレンス』#movie 江戸時代のキリスト教迫害のお話。不謹慎ですが出来事として無類に興味深くて面白いです。あと同監督「ウルフオブウォールストリート」の次作とは思えないです。
    いいね

    良い
  • miurakenichi
    『沈黙 サイレンス』素晴らしい映画だ。信仰とは何かを深く考えさせられた。時代考証や言葉の違和感は仕方ない部分もあるが、沈黙の中にある情熱と慟哭が胸に迫って来る。とても美しく力強い作品だ。一生のうちに刻まれる映画体験だった。
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『沈黙 サイレンス』鑑賞。原作は遠い昔に読んだ。そのときの印象よりはすっきりしていたかな。そして言語の壁の大きさがより際だったように思う。信仰について以上に、現地に馴染み溶け込もうという姿勢について唸らされた。自分の正しさを信じる人が他人に歩み寄らないのを見かけることもあるので。
    いいね

    良い
  • hrsEEE
    『沈黙 サイレンス』「この地は沼だ。信仰が根付かない 」「デウスは大日である 」なんだろうねこの圧倒されるものは?うーん、小説を読まなくちゃ。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『沈黙 サイレンス』観た。原作があるからなのか、スコセッシ映画的男臭さは無し。神はいつまで沈黙し続けるのか?自分と神の為に殉教していく人間を見続けても抗えるのか?まぁ普通こうなるわな。ラストは予定調和的。この時代は土葬じゃないの?
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『沈黙 サイレンス』/長崎奉行側も宣教師側も一概に悪いとは言えず、寧ろ宗教と真剣に向き合っていたのは奉行側のように思う。そして神の沈黙とは、解釈の自由なのかもしれないし、内なる神を見出す試練なのかもしれない。濃密な162分だった。
    いいね

    良い
  • jgsdf1954
    『沈黙 サイレンス』いいですね
    いいね

    良い
  • kenkenj1
    『沈黙 サイレンス』波打ち際で磔にされるシーンは圧巻。踏み絵を踏んでは逃げてから懺悔して、を繰り返す窪塚洋介がとても悲しい。暗くどんよりした長い映画だけど飽きさせずに観せるのはさすが。アクションしないリーアム・ニーソンもかっこいい。
    いいね

    良い
  • Inji
    『沈黙 ‐サイレンス‐』観た(原作未読)。信仰、仁愛、生き方と言うと陳腐になってしまうがとても真摯で苦しく美しい映画。静かで長い映画なのに1分も退屈しない、正直ワクワクする引き込み力とハッとするようなカットの力。監督と役者に隙無し。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『沈黙 サイレンス』信仰のあり方を問う宗教映画としては小難しくなくてすごく見やすいし、映像に力があるから退屈しない。普通だったら卑怯者として卑下する対象として描かれるキチジローが、殉教していく人たちに比べてより人間らしく感じられた。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『沈黙 サイレンス』見た
    いいね

    良い
  • s_h_o_taaa
    『沈黙 サイレンス』 遠藤周作の原作読み終わって、ずっと見たかった映画を借りてきて鑑賞。 小学校の時に見た、魔界転生見たことあるから窪塚洋介がバッチリハマッてたなー。 とにかく信徒じゃなくても色々学べる映画でした。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『沈黙 サイレンス』鑑賞。彼らがどうして身を苦痛にさらしてもキリスト教を信仰したのか、信仰心のない私にはわからない。また終盤に井上が語った日本観は独特であえてマーティン・スコセッシが今作を撮った意味があるように感じた。原作小説も読んでみなければ。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『沈黙 サイレンス』#movie これは日本で映画化しないと。 でも日本で作ったらちゃっちくなりそうだ😄 長い上映時間があっという間に過ぎた。 迫力あった凄い。
    いいね

    良い
  • ryoma_in1997
    『沈黙 サイレンス』 「グッドフェローズ」のラストのように「全てを失った主人公に最後に残ったもの」の描写が非常に上手い。淡々とし静かな映画だが、監督の狂気、青臭さがにじみ出ている尖った映画。
    いいね

    良い
  • miki_lovekiss
    『沈黙 サイレンス』信仰とは罪とは慈悲の心とは何だろう。 色々考えさせられる映画でした。 窪塚洋介の瞳の奥に見せる深い心の葛藤が素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <沈黙 サイレンス>真面目な感想はさておき、キチジローの『ゴラム感』が素晴らしかった。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=82593652
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...