花戦さ

みんなの感想/評価
「花戦さ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
74%
  • 良い
    29
  • 普通
    6
  • 残念
    3
総ツイート数
12,059
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/3
配給
東映
上映時間
127分
解説/あらすじ
野村萬斎が、戦国時代に実在した池坊専好という京都の花僧に扮し、天下人である豊臣秀吉に専好が単身立ち向かう姿を描いたエンタテインメント時代劇。織田信長が本能寺で倒れ、天下人が豊臣秀吉へと引き継がれ...
(C)2017「花戦さ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • eri1_10bit
    『花戦さ』萬斎さんだから間がもった、みたいな場面が多い映画でしたね。でも豪華俳優陣もそれぞれに素晴らしくよかったです。女絵師の役だけは取って付けたようでうう~んでしたが。池坊の立花もお見事でした。
    いいね

    良い
  • 370sana
    友人のお勧めで『花戦さ』を鑑賞。花の美しさ、利休や専好の佇まい、茶室の空間をそっと照らす白梅。これは映像で見るべきたと思った。 佐藤浩市演じる利休は雰囲気が柔らかく、黒の茶碗がよく似合う。佐々木蔵之介演じる前田利家も凛としていて良かった。もちろん池坊監修のお花も素敵!#映画
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『花戦さ』どこか一休さんのような存在の主人公だが、それがいかにも野村萬斎のはまりどころというかうまさがあって、物語を楽しくしてくれる。戦国時代にあって、天下人やら利休は有名だが、こういう人もいたということを初めて知った
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『花戦さ』。古くて新しい。合戦ものではなく芸で戦う。千利休は華がある。
    いいね

    良い
  • draemori
    『花戦さ』主要キャスト簡単に殺しちゃって秀吉の暴君描写。千家の発祥はなじょなんだべね。もっと「けったい」推してもよかった。
    いいね

    普通
  • ShionSolt
    『花戦さ』、クリエイターとはかくありたい。命を賭して自らの業にて世の中を拓く。『利休にたずねよ』を池坊専好視点で描いた物語とも解釈できる。 #映画
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『花戦さ』生け花は多様性の象徴。様々な花が渾然一体となって一つの世界を作り上げる。社会もまた同じ。自分と合わない者を排除しようとすれば彩りを失う。刀でも言葉でもなく花をもって過ちを諌める。芸術家だからこそ出来る命を懸けた戦さだった。
    いいね

    普通
  • gadget9007
    『花戦さ』(篠原哲雄)、アクション要素のない時代劇だけど、時代劇らしい味があって、映画自体も緊張と緩和のバランスが良かったし、野村萬斎をはじめ俳優陣も音楽の付け方も画作りも良い。大人の映画だなぁ。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【花戦さ】続) 多様性尊ぶテーマも如何にも華道らしくて納得。ただ野村萬斎の顔芸がキツすぎて、却って専好のキャラクターが薄められた感は残念。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【花戦さ】花が主役…と言っても良いほど、野に供された花も広間に組み上げられた花も兎に角どれも美しい。華道家元池坊監修の下、見事な生花を収集しアレンジしたスタッフに拍手。背景の水墨画も一体感あって素晴らしかった。 #映画
    いいね

    良い
  • towa0809
    『花戦さ』大河ドラマのような豪華キャストがそれぞれ役柄と合っていて渋い魅力満載。名だたる戦国武将が登場しますが、派手な合戦場面は無し。萬斎さん演じる池坊専好と市井の人々の温かいやり取りが微笑ましいのですが…。佐藤浩市さんの千利休が優しくて悲しくて。
    いいね

    良い
  • trustpine
    花戦さ、観ました。時の天下人・豊臣秀吉に刃ではなく花で戦いを挑んだ華道家元・初代池坊専好の姿を描いたエンタテインメント時代劇です。すごくいい線いってるんだけども、時代劇としての空気感が希薄だったのが残念。あと野村萬斎も頑張っているんだけども、なんだかなぁという感じです。
    いいね

    普通
  • emim20177348
    『花戦さ』登場する数々のいけばな作品が素晴らしいく、花の生命力が感じ取れました。専好役の萬斎さんをはじめ、豪華な出演者の競演も見どころ。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『花戦さ』劇場で鑑賞。世に蔓延する理不尽に"美"で戦を挑んだ男の物語。飄々としながら内なる強かさや人間味を醸し出す野村萬斎の芝居は最早名人芸の域で、殆ど彼の独壇場になっている。ただ彼の魅力以外の見所が特に前半は薄かったのが勿体無い
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『花戦さ』楽しかったです(^-^)実話がベースとか!権力者の横暴に花で対抗する、大胆で愉快な映画!池坊が監修だけあって、立花が見事!本当は暗い話だけど、花の力で見事に咲いたストーリー!
    いいね

    良い
  • ruruo
    『花戦さ』舞台と役者は揃っているのにこの薄さは…と思ったら迷作「スウィートハート・チョコレート」の監督じゃないか!
    いいね

    残念
  • hrhtito
    『花戦さ』池坊専好と千利休の交流、天下人豊臣秀吉との確執を軸に、しみじみと人の心を描く。華道、茶道が格式張らずすごく親しみやすく描かれていてよかった。やたらとアップで迫ってくる、野村萬斎の動の顔芸と佐藤浩一の静の顔芸が見応えあり😁
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『花戦さ』@ tohoシネマズ日本橋♪昇り龍が圧巻! 華道も茶道も身近じゃなくて敷居が高い印象だったから、昔はこんな風に誰もが集えるような所にあるのはいいなぁと思えた。そして信長のシーン、、役者陣が豪華なせいで大物感出すぎてて怖いw
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『花戦さ』野村萬斎が演じると、どの人物も風変わりになってしまうが、初代池坊専好は本当にこんな人物だったのだろうか。型をきっちり守る茶道に対して、華道は、家元という伝統を引き継ぎながら、独創的にもなりうるというところがとても興味深い。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『花戦さ』野村萬斎の百面相を観た。戦国時代を舞台にしてるとどうしても殺陣のシーンが多くて飽きてしまうのだけど、華道と茶道を題材にしてるのが新鮮で面白かった。出てくる生花が、とにかく素晴らしい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    2242movies / tweets
    advertisement

    follow us