TOP >作品データベース >カフェ・ソサエティ

カフェ・ソサエティ

みんなの感想/評価
「カフェ・ソサエティ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    58
  • 普通
    13
  • 残念
    0
総ツイート数
5,139
ポジティブ指数87
公開日
2017/5/5
原題
Cafe Society
配給
ロングライド
上映時間
96分
解説/あらすじ
ゴールデン・エイジへようこそ!!ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする――もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに…。
© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yes_exclamation
    “過去”と同席する5分。“叔母”となった元恋人が面白い話を聞かせる。死ぬほど笑ったオチは“孫娘だ”という、彼と重なる皮肉。現実の中で夢は輝き、夢見た現実は叶わない。悲劇は喜劇。自分に言い聞かせる「夢は夢だ」と。『カフェ・ソサエティ』
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『カフェ・ソサエティ』30年代の華やかなな雰囲気と軽妙なジャズ。もっとドタバタやドロドロを連想したが思いの外シンプルかつちょっぴりのビターさ・・・もしもあの時って考えさせられる。
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『カフェ・ソサエティ』ラストシーンが希望や期待とも絶望や諦めとも取れて、この先どうなるんだろう?という余韻が残って好き。ウッディ・アレン本人は出ていないけどジェシー・アイゼンバーグの話し方や仕草がウッディ・アレンそっくりに見えた。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『カフェ・ソサエティ』上手くいかなかった恋ほど、心に残る。華やかな衣装と小粋な音楽とともに、軽快なセリフまわしが印象的。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『カフェ・ソサエティ』1930年代が舞台ということで、アステアとかその当時の映画風でありながら、そこはやっぱりアレン節。もっと2人のヴェロニカの間でドタバタするのかと思ったら、ちょっと肩すかし?でも楽しめた。キャスト良かった👍
    いいね

    良い
  • croaton0
    三者三様の板挟みから始まるシンプルながら深長なロマンス劇。ウッディ作品にしては珍しくウィットでなくロマンスで魅せる良作で30年代アメリカという設定とドラマの舞台となるきらびやかな社交界が作品を軽妙洒脱に
    いいね

    良い
  • vouge0617
    『カフェ・ソサエティ』Life is comedy. Dreaming.この2つがキーワードに思った☝🏻️中々酷だったりシビアな内容なのに、軽やかな気持ちで見られるのは、ウディアレン作品の定番?!である軽快なジャズミュージックとおしゃれな言い回しのおかげなのかもしれない👀
    いいね

    普通
  • trans_american
    『カフェ・ソサエティ』衣装やセットをみてると、30年代当時の雰囲気を楽しめる。でも、ストーリーは特に面白いものでもなく、恋愛映画として期待すると、展開が乏しい。充実した人生を送りながら、悲劇じみた演出があるのがにくいけどね…
    いいね

    普通
  • bintang1999
    『カフェ・ソサエティ』上手くいかなかった恋はいつまでも燻り忘れられず甘美。永遠に好きでいたいなら成就させずに夢を見て悶えていりゃいいわけで、相変わらず人生は馬鹿馬鹿しい。ブレイクライブリーが単なる添え物だった
    いいね

    普通
  • mattsuanko
    『カフェ・ソサエティ』#movie いかにも、ウディ・アレン という感じの映画だった。 具体的に説明するのは難しいのだが(^^)/ 安定の出来なんだけど物足りなさも残る。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <カフェ・ソサエティ(2)>久し振りに観たら『ラ・ラ・ランド』と内容が重なる部分があるなと発見。とんとん拍子に進むボビーの人生の大半に面白味を感じないのは、手に入れたものより失ったものの方が、人生に深みを与えるように思えるからかな。
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『カフェ・ソサエティ』ウディアレンだとこういう感じのまま終えるのかな?と思ったところで「The End」ってなったお約束な映画。「ふたりのベロニカ」って題名にしたかっただろうなとか、いらないことを考えてしまった。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <カフェ・ソサエティ>監督と脚本家に身びいきされる役っていいですねぇ。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=84154118
    いいね

    良い
  • yamicoke
    『カフェ・ソサエティ』ウッディ・アレン監督版の「コットンクラブ」で例外的な程たくさん人が死ぬ。本筋とあんまり関係なく。「無意味な人生を受け入れよ」と悟っていたオッさんが突然「神の沈黙に抗議する」なんて喚く。こちらも本筋とは関係がない
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『カフェ・ソサエティ』奇しくも男女の成長物語にハマってる時期であり、安堵と嫉妬が入り混じる気持ちで鑑賞。鋭くもユーモラスに描くウディアレンの洒脱な会話劇は今も健在。チャレンジと人脈づくりの大切さを実感。
    いいね

    良い
  • f_w_r_k
    『カフェ・ソサエティ』at渋谷UPLINK toriさんに勧められて見たらハマりました!神様は何も答えてくれない、だけど信仰するのよね
    いいね

    良い
  • 99993g
    『カフェ・ソサエティ』ぜんぶシャネルのようでお洋服ばっか見てた。ウディアレンさすがというか綺麗で背景とキャラのまとまりがすごい!美術が好き。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『カフェ・ソサエティ』ウディ・アレン翁の映画は好きなのとそうじゃないのと割と分かれるんだけどこれは好きの方!カレルもジェシーもペラペラペラペラしゃべるし最高。クリステンのフリフリ服は似合ってなくて残念でしたけど……
    いいね

    良い
  • COLORBAR_ty
    『カフェ・ソサエティ』観た。ウディアレ監督新作。30sNYの煌びやかな社交界を舞台に2人の同名女性に翻弄される男の話。ジェシー主演でヒロインがクリステン&ブレイクの至極のキャスティング!あの時こうしてれば…選択の後悔で初めて思い通りにいかない人生を知る。ウディアレ版ララランド。
    いいね

    良い
  • kamihiko
    『カフェ・ソサエティ』いいねいいね!やっと見れた。好きだなぁ、これは。95点満点なら満点だね
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...