TOP >作品データベース >20センチュリー・ウーマン

20センチュリー・ウーマン

みんなの感想/評価
「20センチュリー・ウーマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
82%
  • 良い
    70
  • 普通
    12
  • 残念
    1
総ツイート数
5,063
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/3
原題
20th Century Women
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人未満の関係、ジュリー(エル・ファニング)に「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。
© 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • LionNEXT
    『20センチュリー・ウーマン』 ▼8/10/19鑑賞 【Netflix(スタンダード)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『20センチュリー・ウーマン』20世紀に生まれ変革の時代を生きるあらゆる世代の女性の思考と解放。それをレクチャーされるまだ脳みそ柔らかい15才のジェイミー、きっと今は寛容で偏見のない素敵な大人になっているのでしょう。良い映画だった。
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『20センチュリー・ウーマン』世代によっての子育ての考え方っていうか、母親に対して思ってた感じのことを映画にしたのかなと
    いいね

    残念
  • yes_exclamation
    38歳も年下の息子の女友達に「自分の影響を考えてる?」と助言される母。帰宅後、同年代の友人の男に「私って重い?」と相談。「どういう意味?」と聞き返され「私に分かるはずないわ」と中指代わりに煙草を立てる。『20センチュリー・ウーマン』
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『20センチュリー・ウーマン』「初対面で名前住所生年月日を聞くなんて、馴れ馴れしいわね」と交通違反で言える人生。セリフがところどころファンキーで心に刺さる。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『20センチュリー・ウーマン』2度目。マイク・ミルズの自伝的映画としても改めて興味深く観た。「大恐慌時代を生きた女」なら「9.11を生きた女」なんて言い方もこれから出て来るのかも。時代を自分なりに生きるパワーにまた元気を貰った。
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    『20センチュリー・ウーマン』は、40歳で授かった子供を育てる進歩的な母親の生き様と、思春期にあるその息子の成長の物語が絡み合いながら進行していくような映画。その背景で20世紀の米国が薄ぼんやり浮かぶ構成。見逃さずに観てよかったな。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『20センチュリー・ウーマン』母と息子の不思議で危うい関係・・・彼を取り巻く魅惑な女性陣と独特の色彩も魅力的!エル・ファニングみたいな幼馴染欲しかった(笑)
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『20センチュリー・ウーマン』「親」と「子」も所詮は人間同士。繊細な関係なんだ。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『20センチュリー・ウーマン』鑑賞。母が思春期の息子が成長するのに自ら補えない部分を周囲の女性に協力を得る、という部分は新しい。けれどどう考えても男である自分からすると悪手にしか思えない。1979年を忠実に再現しているが、だからこそ作品が古臭く感じてしまい合わなかった。
    いいね

    普通
  • kmrks
    『20センチュリー・ウーマン』(20th Century Women)鑑賞。エル・ファニングの不思議ちゃんがマンネリ。アレな男性にはウケるけど。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『20センチュリー・ウーマン』(20th Century Women)鑑賞@爆音映画祭。014 アネット・ベニング良かった。気の強い母とグズグズした子供というよくある構図。 #eiga
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『20センチュリー・ウーマン』マイクミルズの家族物語第2弾は母親を軸に、幼馴染と近所のオネーさんと70年代のそれぞれの女性を生き生きと描いたところに感動する。そして、ここでもエルファニングの足がこの上なく綺麗に撮られている。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『20センチュリー・ウーマン』見た
    いいね

    普通
  • polalain
    『20センチュリー・ウーマン』ベニングママが良かった。監督自身と母の実話で彼らをとりまく登場人物も個性的で、この作品のエルファニングは好きだったな。印象に残る会話が多々。幸せかどうか考えたら鬱になる母の台詞。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『20センチュリー・ウーマン』少年の成長物語を狂言回しにして、少年すなわちマイク・ミルズ監督に影響を与えた女性達の生き様を魅力的に描き出した。CMディレクターやグラフィック・デザイナーでもある監督のポップでパンクな映像表現も面白い。
    いいね

    普通
  • rheneas7
    『20センチュリー・ウーマン』偉い!
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『20センチュリー・ウーマン』なんだかヨーロッパ的な匂いのするアメリカ映画。子どもにとっていい成長やいい影響というのは答えが無いから難しいし面白い。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <20センチュリー・ウーマン>自家用車が炎上という衝撃的な場面から始まる作品。テロかと思ったら、 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=84558355
    いいね

    良い
  • akeake10
    『20センチュリー・ウーマン』マイク・ミルズ監督作品らしくお洒落で綺麗な映像。登場人物たちは皆こだわりを持って体制に阿らない生き方をしてるんだけど、だからといって幸せという訳ではないのね・・・主演のA.ベニングがとてもカッコいい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...