TOP >作品データベース >空の大怪獣 ラドン

空の大怪獣 ラドン

みんなの感想/評価
空の大怪獣 ラドン
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    10
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
18
ポジティブ指数100
公開日
1956/12/26
原題
RODAN
上映時間
82分
解説/あらすじ
九州・阿蘇山にある炭坑で、坑道に巣くう巨大なヤゴ・メガヌロンの幼虫による犠牲者が発生。事件を調査する河村は、その怪物をもしのぐ巨大な怪鳥の姿を目撃する。その怪鳥・ラドンこそ、各地で相次ぐ災害の元凶だった。その音速を超える飛翔速度はソニックブームを起こし、街はまたたくまに壊滅していく。そして、自衛隊の圧倒的な火力によってラドンを追いつめたかに思われたとき、もう一体のラドンが登場し…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • shignak
    映画】空の大怪獣 ラドン 4Kデジタルリマスター版みてた。◎。午前十時の映画祭12。炭鉱事故とその「原因」では、闇や夜影といったホラー映画の見せない演出を使い、「飛翔体」では飛行機雲で超音速やそれで回転するありえなさを見せる。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『空の大怪獣ラドン 4Kデジタルリマスター版』劇場で鑑賞。精巧緻密な、圧巻のミニチュアワークを鮮明に映し出し魅せる4Kリマスタリングの威力。炭鉱を巡る怪物ホラーと大スペクタクルの怪獣映画を巧みに繋ぐ作劇の妙味にも改めて感心。傑作です
    いいね

    良い
  • yamicoke
    『空の大怪獣 ラドン』序盤だけで並のハリウッドB級SF一本分。JAWSを先取りした『見せないサスペンス』が効果的。無個性でただ暴れるだけに見えた怪物が最後の一瞬、生命としての情愛と悲痛を見せつけて怪獣映画として唯一無比の感動を与える
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『空の大怪獣ラドン 4Kデジタルリマスター版』 ▼12/18/22再鑑賞 【午前十時の映画祭12 デジタルで甦る永遠の名作(夢の世界へようこそ)(4K)】
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『空の大怪獣 ラドン』前半は炭坑内で謎の怪物の探しの怪奇もの、後半は一転してスペクタクル感のある空飛ぶラドンとの対決。この時代ですでに環境破壊と温暖化など自然の脅威の象徴として登場させたラドンのその最期は考えさせられるものがある。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『空の大怪獣ラドン』 ▼5/29/19再鑑賞 【Hulu】
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『空の大怪獣ラドン』“ラドン単独の作品”以上の情報ナシで観た為、前半のアレは「シン・ゴジラ」ばりにびっくりした…! ゴジラとの差別化を図った空中戦や突風の描写も見事。 岩壁の爆破ばかりずっと見せられる終盤は、ちょっと地味で残念。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『空の大怪獣ラドン』 ▼10/21/18再鑑賞 【オールナイト上映(秋の夜長の 新文芸坐東宝特撮まつり)(35mm)】
    いいね

    良い
  • hachimusica
    東宝初のカラー怪獣映画。セリフに頼らない場面作り、精巧なミニチュアを容赦なく破壊する潔さ、多数登場する兵器類など大迫力の内容。ラドンの最期は圧巻です。 今ではCGでなければ再現できない街並みや風景が残っているこの時代は良いなぁ。
    いいね

    良い
  • croaton0
    前半はメガヌロンで魅せ、後半で満を持してラドン登場と楽しませ方と展開の持たせ方が上手く終盤のラドンの起こす突風と自衛隊の集中砲火の迫力も中々。東宝初のカラー怪獣映画とあってかストーリーとビジュアル共に気合いが感じられる良作
    いいね

    普通
  • amno1wb2016
    『空の大怪獣ラドン』 未だに東宝特撮の中でも屈指の完成度を誇る作品 序盤のホラー展開、精巧すぎるミニチュアセット、圧巻の破壊描写…全て完璧 だがこの映画の最たる良さはやはりラスト 余りにも切なく余りにも美しい終わり方だった
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『空の大怪獣ラドン』鑑賞。当方初のカラー怪獣映画。光線が出ないのは、それがなくても瓦礫なんかで被害が表現できるからなのかな。つがいの存在が分かりにくかったり、後の歴史だったり、語るべきことが沢山あるのはマニアにはたまらんのではなかろうか。
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「空の大怪獣ラドン 4Kデジタルリマスター版」TOHOシネマズ長崎, 午前十時の映画祭。面白かった。ドラマとしてはラドン登場までが印象的。空中戦、福岡天神の破壊など特撮も見所。終盤の集中砲火と阿蘇の噴火も派手だがドラマはむしろ緩くなって正直少し眠かった。
    いいね

    良い
  • LionGAOH
    メガヌロン あんなん出てきたら超こわい 冷静な本多演出の男たち 緻密なミニチュア 2匹のラドン、いまだによくわからん 後の映画に比べたら 笑いとかねえな とことん真面目だ https://t.co/mwVSakvO9B
    いいね

    良い
  • shignak
    『空の大怪獣 ラドン』本体が出てからは風で転がる演出が多用される。演出はうまいと思うが、1羽目がどこからきたのか、2羽の関係は、急にラドンと呼び出していないか、兄の遺体は回収できたのかとかは気になった。1956年に地球温暖化か。
    いいね
  • funkin4hk
    『空の大怪獣 ラドン』66年前の作品の中で既に「地球温暖化」という言葉が出てきていたのに驚き。オープニングの炭鉱や鉱山の長屋群でその時代の雰囲気を感じられる。前半のメガヌロンのヤゴの出方は怖く、ラドン登場はえっそれ?という感じだったが、超音速飛行で街が壊れていく描写は台風的。
    いいね
  • kamine7yasiro
    『空の大怪獣ラドン』孵化のシーン。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    6121movies / tweets

    follow us