TOP >作品データベース >はじまりへの旅

はじまりへの旅

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
82%
  • 良い
    80
  • 普通
    14
  • 残念
    4
総ツイート数
3,635
ポジティブ指数92
公開日
2017/4/1
原題
CAPTAIN FANTASTIC
解説/あらすじ
ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子どもたちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くで暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…?※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。
© 2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • miurakenichi
    『はじまりへの旅』非常に示唆深いのだが答えがないだけに感情移入が難しい。しかし、とてもよく出来た映画であることは確かだ。
    いいね

    良い
  • manakoujun
    今日の映画『はじまりへの旅』現代社会と離れた生活をする家族の話。
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『はじまりへの旅』どちらの暮らしが幸せかは難しいけど、途中で明らかに犯罪を犯してるからなー😅とはいえ娘の希望を全く受け付けない祖父もな🤔ラストも物議を醸しそうだけど、映画としては🆗なのでは?ヴィゴが良かった。
    いいね

    普通
  • cluclucclu
    『はじまりへの旅』 不愉快というか 痒いところに手が届かないまま終わった という感じの映画だったな 最後まで観ちゃったよ 観なくてよかったじゃんて感じ……
    いいね

    残念
  • kasyu_tae
    『はじまりへの旅』最初どうなるかと思ったけれどじわじわとくる作品だった。ラストに向かうにつれ家族の愛や信頼感が溢れてくる。やっぱり最後は愛なんだな…#eiga
    いいね

    良い
  • Hewmoon
    『はじまりへの旅』ヴィゴ・モーテンセンが、世間から隔離されて森で生きるサバイバル家族6人の子供たちのパパ。回想のママの葬儀に参列するために下界に降りて、ファンキーな旅が始まった!資本主義社会のルールや教育のあり方を問うディープさ!
    いいね

    良い
  • nabecomic
    『はじまりへの旅』生きる力への憧れが強いから、とても感銘を受けたし、母親の育ちからの落差はそりゃー弊害ありそうだ、みたいな丁寧な背景もよかった。チョムスキー、読もう。そしてやっぱり鍛えようカラダ…。筋力は色々助けそうだ、人生。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『はじまりへの旅』あそこまで信念を持って自信たっぷりに子育てが出きるということにまず驚嘆と尊敬しかない。良い悪いは他人の私にはとても判断できないけど、とにかく親子間の強い信頼関係は憧れる。羨ましい。
    いいね

    良い
  • 99993g
    『はじまりへの旅』すきなシーンがたくさんある。火葬シーンの美しさは一生忘れないと思う。
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    『はじまりへの旅』は、現代社会と一線を引いて森の中で自活してきた一家が、母親の死を契機に避けてきた社会と向き合う姿を描いた良作。異質で度を超えてはいるが、規律、教養、体力を備えた彼らは非常にチャーミング。自然に応援したくなりましたよ
    いいね

    良い
  • yukitsui
    『はじまりへの旅』子どもたちの将来を考えるとどうかと思うけど、自己流の教育方針で子どもたちをしっかりと育てているのも父の愛ゆえになんだね。家族がバラバラになり、自分の価値観を押し付ける教え方が間違っていたことに気付き反省する父に涙。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『はじまりへの旅』心の豊かさを育む以上に大事なことなんてあるのだろうか。家族を愛し、意思を尊重し、協調性を育む。Sweet child of mine で泣いた。もっと早く出会いたかった名作。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『はじまりへの旅』ヴィゴがアカデミー主演男優賞にノミネート。最初驚きはするものの視点の移り変わりが自然に行われていて誰もが考えさせられるのではないだろうか。愛の在り方、絶対はないということ。さあ、立ち止まったら次は歩き出そう!
    いいね

    良い
  • mina97ssi
    『はじまりへの旅』ベン(父)と祖父や叔母の言ってること 両方に一理あって、どっちが正しいとか決められなくて…着地点は「ここなんやなぁ〜」 三女サージの可愛らしさ💕笑って、泣けて… やっぱり良作🎬
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『はじまりへの旅』/教育や育児について色々と考えさせられる内容だけど、この父親のやり方がかなり偏っているので賛否分かれるところ。間違っているとも言えず、かと言って正しいとも思わない。学校で学べないこともあるけど、その逆もあるもんな。
    いいね

    良い
  • taro_ufufu
    『はじまりへの旅』って、残された人がどう生きるかだと思う。お葬式は故人の意志とは関係ないと考えてる。故人がどうして欲しいって思っても、残された家族は「それじゃ納得できない!」って思うのもありだし、「故人の意志を尊重」したいってのもありだ。残された人がどう生きるか、ただそれだけ。
    いいね

    普通
  • tomozo0831
    『はじまりへの旅』続き>H・フォードの「モスキートコースト」を思い出したのは、次男がリバーに似てたから。でもこの映画の父親は愛がある。独自の教育は世間から見れば変人だし、子供達の将来を考えると厳しいけれど、見終わった後の幸せ感は何?
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『はじまりへの旅』続き>H・フォードの「モスキートコースト」を思い出したのは、次男がリバーに似てたから。でもこの映画の父親は愛がある。独自の教育は世間から見れば変人だし、子供達の将来を考えると厳しいけれど、見終わった後の幸せ感は何?
    いいね

    良い
  • ikeo0
    『はじまりへの旅』序盤の超自然生活が楽しかったので祖父家のあたりでアメリカ万歳な展開になるのかと少し身構えていたが世界的に評価された作品がそんなに浅いはずがなかった。自己主張と寛容のバランスが生きる知恵ということか。無知は恥じたい。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『はじまりへの旅』鑑賞。社会と隔絶して生活し独自の教育を受けてきた子どもたちが社会と触れる展開は、カルチャーギャップコメディ。だが、あまりにも家族の言動が離れすぎていて見ていられなくなった。子どもたちの自我が芽生えていくことを考えれば、結末の着地点には納得。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    ichiwheat
    5105movies / tweets

    follow us