TOP >作品データベース >夜に生きる

夜に生きる

みんなの感想/評価
「夜に生きる」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
69%
  • 良い
    43
  • 普通
    16
  • 残念
    2
総ツイート数
1,591
ポジティブ指数87
公開日
2017/5/20
原題
Live by Night
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
129分
解説/あらすじ
アカデミー賞を受賞した「アルゴ」以来となるベン・アフレックの監督作で、「ミスティック・リバー」やアフレックの初長編監督作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」でも知られるデニス・ルヘインのノワール小説を映...
(C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • maru_a_gogo
    『夜に生きる』ベンアフレック監督主演ということで期待したのだけど、主人公がギャングになった心境がよく分からず。禁酒法時代の衣装やセットが良い。特に映像がカッコイイ。エルファンニグが良かった👍
    いいね

    普通
  • Rstyq
    『夜に生きる』夜に生きる人の愛憎劇とでも形容してみるが、暴力と愛とギャング特有の裏切りや思惑が絡み複雑な物語となっています。伏線の回収がしっかりしてるなぁっていうのと、報いというのは自分に返ってくるものだなぁと。良作。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『夜に生きる』ベン・アフレックのハードボイルド、格好良いじゃん!
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『夜に生きる』#eiga チンピラから成り上がる作品は昔から数あれど、時に冷酷であっても激しくはなく、妻を愛する静かな主人公。ベンは新しいギャング映画を生み出したと思います。エル・ファニングも難しい役で美しく存在感を発揮してました。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『夜に生きる』デニス・ルへイン原作なのだが、いいシーンもあるのになにかしら惜しい感じ。男性たちがいつまでも同じことを繰り返していたからかなぁ。それとは逆に女性たちの美しく強い生きざまはとても魅力的。特にエル・ファニング!
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『夜に生きる』鑑賞。禁酒法時代を生き抜くハードボイルド・ギャングムービー。銃撃戦は美しいし、時代感もちゃんと匂っている。主人公がマイケル(あるいはヴィト)・コルレオーネくらいに強烈なキャラクターだったら、もっと印象に残ったろう。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『夜に生きる』禁酒法時代の雰囲気と映像が良い感じ・・・内容や抗争以上にベン・アフレックに多大な影響を与える3人の女性の生き様が強烈!
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『夜に生きる』 与えられた人生はひとつだけ、それを生きる
    いいね

    良い
  • maytofive
    『夜に生きる』ベン・アフ監督作はどれも好きだけどこれは…。彼が一匹狼で生きるに至った経緯は良かったけど、そもそも禁酒法時代のギャングの美学に共感できるものが皆無なので。2つの大戦の狭間である時代描写は面白かったが逆に散漫な印象に
    いいね

    普通
  • frodopyon
    <夜に生きる>タイトルは「夜に生きる」だけど、夜に生きることを望まなかった(けど、そこで生きるしかない)人達の話 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=84269847&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『夜に生きる』ギャングものだけど、タイトルから受けるノアールって感じではなく、光に満ちていて前向きな雰囲気がいい(人はいっぱい死ぬけど)。ジョーをめぐる三人の女性の三者三様の生き様が見応えあり。特にエルの演技は神がかってる。
    いいね

    良い
  • dendenbium
    『夜に生きる』視聴完了です 序盤はここ最近の中でもトップ、但し終盤までが酷かった。 でも終盤の銃撃戦と物悲しいけど希望を感じる暖かい終わり方は最高 中盤のダラダラした展開がなければ第二のアンタッチャブルだったのに...残念
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『夜に生きる』/結構な要素を詰め込んでるので散漫になり、ダイジェスト感が漂ってた印象を受けたけど、単純に物語が面白いし画面作りもカッコいい。禁酒法時代のギャングの世界ってたまらない魅力があるよね。その空気が味わえる渋い映画だった。
    いいね

    良い
  • gk21nika
    17277『夜に生きる』この時代のアメリカ、全てが素晴らしいですね。まあ、それはウォッチャーだからで、生き抜くのは相当大変やった時代やろね。それにしても今回の3人の女性の演技がそれぞれに素晴らしい!これは恐れ入りましたm(_ _)m
    いいね

    良い
  • winos
    『夜に生きる』ベン・アフレックはデ・パルマを目指しているんだろうか。ハズレ無しのベン・アフレック監督作でもこれは「ああ、あと一歩・・」的な。エル・ファニングの演技が脚光浴びてるけどシエナ・ミラーの情婦役が鳥肌モノ。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    56本目『夜に生きる』(@tenpara_tw)。ギャングの世界に身を投じたのは、戦場体験を機に自らがルールとなるべき道を求めた結果だったが、思わぬ形でその酬いを受けることに・・・渋過ぎる中でE・ファニング始め女優陣が光った。
    いいね

    普通
  • melmo_chan
    『夜に生きる』 エル・ファニングの目力!存在感(よく白が似合う♪)がホントに影響力がありそうで凄かった。(演説シーンお見事!) 内容は禁酒法時代のアメリカの話で銃撃戦は迫力あっておもしろかった。ま、裏切られると何も言えないね。
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【夜に生きる】優等生的な仕上がりに見えますが、何の特長もない凡庸な作品とも言えるかと(R・リチャードソンの撮影はカッコイイ)。的確な演技をB・アフレック自身ができていたのかは少し首を傾げたくなります。軽く見えてしまうのが勿体無い。
    いいね

    残念
  • yamicoke
    『夜に生きる』欧州大戦で心を病んだロストゼネレーション。戦後の彼は戦争を操る側のルールに抗うため「夜に生きる」。その選択で「怪物」と化した彼だが女性3人の犠牲で人間として蘇る。前世紀のロスジェネから今のロスジェネへ希望の光を示す物語
    いいね

    良い
  • HIP_K
    『夜に生きる』トラウマに囚われ、オリジンに抗い、女性に翻弄される…その不器用さこそが味となる男ジョー。溜まるフラストレーションからのクライマックス銃撃戦の解放感。しっかりオトシマエつけてくれる脚本こそがMr.B・アフレックらしさ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...