TOP >作品データベース >マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    161
  • 普通
    12
  • 残念
    1
総ツイート数
9,974
ポジティブ指数92
公開日
2017/5/13
原題
Manchester by the Sea
配給
ビターズ・エンド、パルコ
上映時間
137分
解説/あらすじ
「ジェシー・ジェームズの暗殺」「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描い...
(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • adzukiaddict
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』地味な映画でしたが、じんわりと感動しました。ミシェル・ウィリアムズの、何気ない立ち話から始まったのに、なぜかどんどんと後悔の念とか悲しさとかを吐露するシーンが、とてもよかったです。
    いいね

    良い
  • shoukichissu
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』DVDで。なんとなく準新作コーナーにあったので。妻と子供を失った男とその甥の話。淡々と進んでいくようなドラマティックのような。こういう話が少しでも面白いと思えるのは自分が年齢を重ねたことかも。
    いいね

    普通
  • intheair2
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』#movie 最近、ピクサーとかマーベルのでっかい映画ばっかり見てたから、起こる事とか世界観の小ささに面食らいましたがとても良い作品でした。
    いいね

    良い
  • maispacemailife
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』やっと観れた。若い頃に観てたらつまらない、なんて感想しか出なかったかも。元嫁とのシーンには号泣してしまった。 地味だけれど兎に角心を揺さぶる映画でした。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』故郷で父を亡くした甥の面倒を見ることで、親しい人を亡くした自身の過去を整理していく男を淡々と描く。ケイシー・アフレックもそうだが、カイル・チャンドラーやミシェル・ウィリアムズらの脇役が印象深い。
    いいね

    良い
  • YELLOTRASH
    オスカー主演男優賞と脚本賞受賞『マンチェスター・バイ・ザ・シー』観了。IMDb7.8/メタスコア96(!)の大傑作認定作品。重い話だけど普遍的な傑作としか云い様がなく、個人的にはオスカー作品賞はコレか『ラ・ラ・~』に獲らせたかった…
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2度目の鑑賞)全体的にスムーズにいかない、手間取るって場面が多いのが効いてる。主人公と甥っ子の距離感が絶妙で、終盤の坂道キャッチボール(とまではいかない)場面も象徴的。感涙
    いいね

    良い
  • kenkenj1
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ケイシーの演技がちょうどいい。この役はコテコテに演じたらダサい映画になってた。リーの悲しくて痛々しい理由が次第に明かされている。元奥さんが号泣して謝罪するシーンには胸が締め付けられる。心が壊れている人ってそれなりの理由があってこと。
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』あの衝撃的な号泣シーン以降の描写で、彼が背負ってしまった、誰が許そうが自分が許せないという傷の深さが鮮明に伝わってくる。それでも…ほんの少しだけ薄日が差すようなエンディングがリアルかつ素晴らしいなあ
    いいね

    良い
  • _ru_chan
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』染みる系。圧倒的淡々さが効いてます。ただ140分を以てしても「詰め込んでる感」は否めず。少々強引なトコもあります。まあ登場人物多いから仕方ないですかね、、。個人的ツボはマシュー・ブロデリック(笑)。
    いいね

    普通
  • ohtk4i
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』/俳優陣の抑えた演技による繊細な心理描写が素晴らしく、過度にドラマを演出しない現実味のある脚本が胸に響く。心に負った深い傷はそう簡単に癒えるもんじゃない。それでも前進は出来るし、希望を持てるんだよ。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』@ パルシネマ観。やはり参度目でも居心地悪い作品だった(褒)あの世界に空間から壱刻も早く立ち去りたい…周りの優しさや蔑みも総て苦痛。見るな、話しかけるな。許してほしいが赦さないでくれと、そんな葛藤がリーに世捨て人を選択させる。哀しき心情。
    いいね

    良い
  • It_is_empty
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』地図が読めれば世間を上手く渡れる…そんな冒頭の台詞から数年後、止めたクルマの場所を忘れたり、GPS付き携帯も使いこなせない、壮絶な事件により世渡り下手になってしまった主人公の姿に胸が締め付けられた。
    いいね

    良い
  • Hewmoon
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』乗り越えられないほどの絶望的な悲しみを抱えた男=ケイシー・アフレックがひたすら渋く艶っぽい。冬のボストンと港町マンチェスターの美しい情景が重なる喪失と再生の物語。これは深い夜に心に染み入る傑作か。
    いいね

    良い
  • gk21nika
    18024『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ヘビーな内容やった。確かにな、あーなったら拒絶するやろな、俺やったら。経験はないけれど理解は出来る。緩やかに解けていくリーの心情の描写が秀逸。元妻との会話は泣かずにはいられない。いい作品!
    いいね

    良い
  • yoko_smarth
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』だんだんと過去が明かされていく構成が上手くて、地味な映画だけどダレずに観れた。リーとパトリックそれぞれとても感情の機微が演技によく表れていて見応えがあった。
    いいね

    普通
  • hrsEEE
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』タイトルは地名なんだ。距離感的には静岡から沼津を偲ぶ感じか?リーはつかず離れず暮らしていたんだ。甥パトリックのママの変わりっぷりはすごいね。リーの元妻のごめんねシーンは泣けた。
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ケイシーの地味な風情がはまり(アカデミー主演男優賞)、ミシェル・ウィリアムズが素晴らしい。彼女も苦しんだんだと思うけど、あの印象的なシーンから、画面が色づいてきたような気がした。最後もしみじみ。
    いいね

    良い
  • tomozo0831
    『マンチェスター・バイ・ザ・シー』#movie 灰色の海と空と雪。明るくも暗くもない景色の中、寡黙で無表情の主人公を描写していく。フラッシュバックのように過去が徐々に差し込まれていく。重い、ほんと重いんだだけど、でもとても良い映画。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』鑑賞。あれだけ苦しいかとがあったとしたら、あのようにしか生きられないのか、という主人公を変える出来事が。それも人絡みで、人は人によって変わるのかな、と思ったりも。空の色も明るくないし、ずっと灰色で苦しいけれど歯ごたえのある作品だった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
     関連動画  関連動画  関連動画
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    tweet_eiga
    1478movies / tweets

    follow us