TOP >作品データベース >菊とギロチン

菊とギロチン

みんなの感想/評価
「菊とギロチン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    18
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
2,093
ポジティブ指数88
公開日
2018/7/7
配給
トランスフォーマー
上映時間
189分
解説/あらすじ
「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督が、「ヘヴンズ ストーリー」以来8年ぶりとなる自身のオリジナル企画として手がけた青春群像劇。大正末期、人びとが閉塞感にあえぐ関東大震災直後の日本。ある日、東京近郊...
(C)2018「菊とギロチン」合同製作舎
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ma24ta
    #映画 『菊とギロチン』。これも日本の歴史か。若松監督が撮りそうな感じ。今の日本は捨てたもんじゃないってことかしら。ただ長い。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『菊とギロチン』国も事情も違う女がそれぞれの悪環境から逃げてきて強い女になりたいという花菊に代表される健気さと十勝川の日本人に虐げられてきた反抗心とそれにギロチン社の男たち。面白い組み合わせであり物語も良く出来ていた。韓英恵演じる十勝川の「天皇陛下万歳!」の叫び声。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『菊とギロチン』3時間はちょっと長かったか。もしくは前後編にしても良かったかなと。船で中濱と大次郎と十勝川で朝鮮に向かうところで切れてしまう感じ。女相撲のシーンはハリウッドやボリウッドの格闘シーンにはない体当たり的な客席も交え)一体感はあった。それと相撲甚句のシーンとか良かった。
    いいね

    良い
  • takajan72
    『菊とギロチン』大正末期の女相撲、現代の女性土俵賛否のような小さな話ではなく、訳ありの女性達が集い、革命家も交えて命を燃やします。土俵に上がる権利を主張する前に、土俵に上がる覚悟を自問させられる作品です。一般受けはしないので要注意!
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『菊とギロチン』3時間の大作だが、女相撲と革命をもくろむギロチン社の人間模様。これがどこまで実話があるのか解らないが、革命といってもやっていることと言えば、なにかチンケなものだが、そういう時代に女相撲の歴史があったのは知らんかった
    いいね

    良い
  • chusingura
    『菊とギロチン』関東大震災後の、女相撲の力士と世の中を変えたかった男たちの物語。無力感に苛まれていく姿が切ない。現代・近未来の日本を見ているかのようだ。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【菊とギロチン】轟く東出の心の雄叫びや手持ちカメラ映像等、益荒男ぶりな演出が良い。木竜麻生も魅力的。ただアナーキストらの活動描写は薄く、個々の憤り吐露も表面的だったり、と長尺な割りに歴史群像劇のうねり感が弱かったのは残念。 #映画
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『菊とギロチン』大正末期、実在した女相撲とアナキスト集団を描く。鬱屈とした弱者の現状を嘆き、自由で平等な未来の為に今日を必死で生きる若者達。熱い咆哮と共に燃焼させる命の美しさと思想のみに支えられる魂の脆弱さに胸が締め付けられる。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『菊とギロチン』初日舞台挨拶@テアトル新宿♪ギロチン社のやろうとしてることは共感どころか理解すら出来ないけど、女相撲の面々も含めて個々が抱える不安や悩みみたいなものは分かるからか、スッと入っていける。寛一郎くんと渋川さんが良かった!
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『菊とギロチン』 最近の日本映画には大作からインディまで、渋川清彦と東出昌大がやたらと出演しているような気がする。東出がこんなに重宝される日が来ようとは! あと東出と山中崇の絡みは「ごちそうさん」ファンには堪らないものがあった。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『菊とギロチン』 常々、日本の女子プロレスのルーツの一つが女相撲ではないかと思っていたのだけど、作中の興行風景にはかつての全女を彷彿させるものがあり、その思いを一層強くした。昭和の女子プロ者には是非観て欲しい一作。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『菊とギロチン』単純に見たことのない女相撲という興行が成り立っていた時代、そして当時の政治的事情、生きていた若者が考えて行動したことを知ることが出来ただけでも、作品を見た価値はあったと思えた。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『菊とギロチン』欠点は当然ながら長過ぎでキャラに語らせ過ぎ。それでも描きたい熱量は、強くなれば性差別による暴力支配に勝てるのかもという花菊の様な気持ちやギロチン社のアナーキズムに見られる官僚、軍国主義的な時代の圧迫感に抗う人たちの悲しみなのかな。コレがまた現代に通ずるよなという。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『菊とギロチン』実在した「女相撲興行」とアナーキスト結社「ギロチン社」を題材に、史実をもとに瀬々敬久監督がオリジナルストーリーで描いた本作からは、大正末期の日本の底辺で生きる弱者達の自由で平等な社会への渇望が熱いドラマで語られる。
    いいね

    良い
  • a19660819
    #菊とギロチン』特別試写、舞台挨拶にてあんなテンション高い瀬々監督見た事無い・22名様々思い話される中、小柄な #和田光沙 様が「今日は話さず、瀬々サンに唯一誉められたシコを踏みます!」それはそれは見事な四股で女優魂見せつけられた
    いいね

    良い
  • a19660819
    #菊とギロチン』好きなシーン台詞をとのアンケートに真摯に答えたく、観ながら暗闇でノートに記しまくるも、瀬々監督・役者・スタッフ皆の熱き思いの塊で涙溢れ身震いする程。好きなシーンに好きな台詞ばかりでネタバレ故言えぬが最高!傑作です✨
    いいね

    良い
  • a19660819
    #菊とギロチン』『#万引き家族』同様素晴らしい傑作だが、是枝監督作は明らかに日本アカデミー賞対象になり、瀬々監督構想30年の『菊と』はテアトル新宿7/7から歩み始めるが、わざわざ出向き観る価値ある189分!熱き青春偶像劇目撃せよ
    いいね

    良い
  • a19660819
    #菊とギロチン』6/18特別試写!あまりに熱く素晴らしい映画の出来&役者の渾身の演技に胸も目も熱く興奮のまま。今年の日本映画は本作か「#万引き家族」「#孤狼の血」かと言う位!多くの人に観て欲しいから前売り券贈りまくる作戦出るよ!
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『菊とギロチン』#movie 3時間越えで嫌だなと思ったけどぜんぜんだいじょうV! 惹き込まれて怒涛の展開で最後まで一気にもっていかれます!熱い! 舞台挨拶も22名のたぶん最多記録(笑)
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『菊とギロチン』瀬々敬久監督30年来の想いが詰まった189分。関東大震災後の大正末期、アナキストの政治結社ギロチン社のチンピラのような男たち&女相撲のワケ有力士たち、皆が時代に翻弄され、もがきながら生きる姿の熱量ハンパなかったです☆
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...