TOP >作品データベース >ディストピア パンドラの少女

ディストピア パンドラの少女

みんなの感想/評価
「ディストピア パンドラの少女」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    33
  • 普通
    6
  • 残念
    1
総ツイート数
254
ポジティブ指数93
公開日
2017/7/1
原題
The Girl with All the Gifts
配給
クロックワークス
上映時間
111分
解説/あらすじ
M・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を著者自身による脚本で実写映画化したSFスリラー。近未来、ウィルスのパンデミックによって人類のほとんどが凶暴な「ハングリーズ」と化し、生き残っ...
(C)Gift Girl Limited / The British Film Institute 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『ディストピア パンドラの少女』ゾンビ系の映画で格調高く恐ろしく考えさせられる作品。荒廃しきった街の中で動かずにいるスタンディングゾンビたち、襲われて変身する研究者、反応して歯を鳴らす子どもたち…予備知識なしで観るのがよさそう。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『ディストピア パンドラの少女』ゾンビもの。思ってたのと違って近未来感もそんなにはなく、中だるみ感もあったけどおもしろかった。ラストの絶望なのか希望なのか?って感じ好き。セニアナニュアすごい!お目当てジェマアータートン良かった👍
    いいね

    良い
  • Shimy_0
    『ディストピア パンドラの少女』一風変わったゾンビもの。感染しているが、理性あり頭もよい実験体の少女。ラストは、少女の気持ちを考えればまあそうなるだろうな。
    いいね

    良い
  • y0sh1m3r1
    『ディストピア パンドラの少女』 ラストまでの流れはよくあるゾンビ映画の展開だったがあの結末は予想外過ぎて印象に残る作品となった。最後のあのシーンを言葉に表すとしたらまさにタイトル通りと言えるだろう。
    いいね

    良い
  • croaton0
    作品設定と序盤の流れは典型的なゾンビ映画だが様々な設定が出揃っていくことでディストピア映画へと変貌していく。終末系ロードムービーとしては展開は凡庸ながら徐々に強まっていく主人公メラニーと人間たちの差異がその凡庸さを補う
    いいね

    普通
  • ohtk4i
    『ディストピア パンドラの少女』/序盤は世界観がよくわからず、何がなんだかという感じだったけど、徐々に話が見えてくる。過去のゾンビ映画でよくみる演出が多いけど、目新しい設定もきちんとあるので興味深い。ラストは良い意味で裏切られたな。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ディストピア パンドラの少女』鑑賞。感染ものと見えてくるまでの序盤は緊張感があったが、ネタが割れてからしばらくは普通。脱出シーンからのだるまさんが転んだシーンはスケールが大きく見応えがあった。そして結末に第二世代ともいえる少女が選んだ結末にはちょっと驚いた。
    いいね

    良い
  • yamicoke
    『ディストピア パンドラの少女』謎の地下空間で拘束を受けつつ無味乾燥な教育を受ける子供達。その中にあって日常の繰り返しを秒単位でカウントし拘束を逃れるチャンスを狙う少女メラニーがいた。観客の想像力を刺激しつつそれ以上の驚きを与える。
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『ディストピア パンドラの少女』ラストの「えっ!?こういう話だったの!?」感、大好き。感染者が最初に人を襲うシーンの観客だけが察知出来る不安、恐怖を1カットで持続させてからドーン!ってのも好き。中盤テンポ落ちてしまったのが惜しい!
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ディストピア パンドラの少女』食人病ウイルスが蔓延し崩壊した社会で、ウイルスを治療するための研究をする軍施設から始まるのですが、段々と全貌が見えてくるにつれ絶望感が広がってくる。終盤の展開に良い意味で予想を覆され衝撃的でした。良作
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ディストピア パンドラの少女】前半は適度に隠された謎が興味を引いて面白かったです。ただ、研究所の外に出てからは急激にテンポが落ち、目新しい工夫もなくつらい。ラストに関しても力技すぎて、どう受け止めていいのか戸惑いました…。
    いいね

    残念
  • mahimahi57
    『ディストピア パンドラの少女』鑑賞。ゾンビ映画の体をなしているが、それだけではない。美しい瞬間がいくつもあった。不思議な映画だ。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ディストピア パンドラの少女』@ HTC渋谷♪まさかの思考して成長するゾンビ。少女は無意識で純粋なだけだと思うけど、それが余計に恐ろしいというか、、ラスト人間の置かれる状況にゾッとした。
    いいね

    良い
  • h_itaba
    『ディストピア パンドラの少女』パンドラの元々の意味は全ての贈り物なので、原題The Girl with All the Giftsはパンドラの少女の意。最後に少女はパンドラの箱を開けたのか。もっと多くの映画館で上映して欲しい傑作。
    いいね

    良い
  • saruyan66
    『ディストピア パンドラの少女』個人的にはゾンビ映画のギアを1段階引き上げたと思ってます。まずビジュアルイメージが秀逸 そしてあとから少しづつみえてくる全容ずっと緊張感があった。どちらかというとSFよりではあったがラストもOK
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ディストピア パンドラの少女』ゾンビと言えばショッピングモールは今作も健在。ゾンビの群れに正面から忍び足で突っ込んでいくとかクレイジーな場面もあって楽しめた。また知性を持ったゾンビの可能性を考えさせられるドラマでもありました。
    いいね

    良い
  • magenta_wing
    『ディストピア パンドラの少女』。多くの人が脳を胞子に寄生されてしまった世界。主人公は胎内感染した結果、胞子と共存している。ジャンルとしてはゾンビ映画なのだと思うが「人間が地球の主人じゃなくてもいいじゃない」的エンドは好み。
    いいね

    普通
  • puffcafe
    『ディストピア パンドラの少女』HTC渋谷にて鑑賞。“菌”による感染系の疾走凶暴ゾンビ映画。序盤の展開から引き込まれ、舞台となっている背景を知る謎解きの面白さがあります。ラストの皮肉な展開に驚愕。グレン・クローズの軍服姿が素敵です。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ディストピア パンドラの少女』新しいタイプのゾンビホラーだと思う。設定がイマイチ生かされてない小粒な展開なのが残念だが、ジェマ・アータントン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズと個人的に大好きな役者さんが出ててそこもポイント↑
    いいね

    普通
  • orange_sorbet
    『ディストピア パンドラの少女』ジェマ・アータートンは「ビザンチウム」でも感じた強烈な母性をよりストレートに表現。大好き。グレン・クローズのマッドサイエンティストもハマっていた。あとパディ・コンシダインのフォレスト・ウィテカー感がめっちゃツボだった!彼主役でプリクエルが観たい!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...