TOP >作品データベース >パトリオット・デイ

パトリオット・デイ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    125
  • 普通
    10
  • 残念
    5
総ツイート数
7,340
ポジティブ指数95
公開日
2017/6/9
原題
PATRIOTS DAY
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。突如、群衆のまっただ中で大爆発が起こり、歓声は悲鳴に変わる。到着したFBIのリック(ケヴィン・ベーコン)は現場を見ると「これはテロだ」と断言。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する。彼らの犯行と思われる市民の拉致事件と市街での銃撃戦まで勃発、知事は異例の措置で街を完全に封鎖する――。
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『パトリオット・デイ』☆☆☆☆★
    いいね

    良い
  • maru_nabeshima
    途中まで引き込まれていたのだけれど、二人目の犯人確保辺りから雲行きが怪しくなって最終的には無いわーという印象。最後が違和感しかなかった。『団結、正義、愛』みたいなまとめ要らんのでは。違和感の正体は他の方のコメントにある通り
    いいね

    残念
  • bintang1999
    『パトリオット・デイ』そういや戒厳令みたいになってるニュースあったなって思い出した。
    いいね

    普通
  • ariy_opp1955
    『パトリオット・デイ』ボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を描いた作品。日常が戦場が如く緊張感に包まれるその臨場感。犯人逮捕を掲げ、泥臭く執念深く追う警察側の視点、信念のためできるだけ多くを巻き込もうとする犯人側の視点。どちらも手堅い
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『パトリオット・デイ』被害者の視点、警官の視点、犯人の視点などで映画が構成されていて、事件の本質などが観れるので面白かった。けど結局は犯人が自滅してった印象
    いいね

    良い
  • WaseiG
    『パトリオット・デイ』鑑賞。事件の前後で物語の風味が違って『天国と地獄』を思い出した。事件の現場から、捜査の裏側、また逮捕に至る流れなど知らなかった部分をリアリティたっぷりに見せられ圧巻。とくに脚を切断するカッターの音が! タイトル通りいささか愛国的すぎると思うが、納得の出来。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『パトリオット・デイ』ボストンマラソンテロ事件を、豪華キャストで見せる。マークウォルバーグの役は映画オリジナルだそうだけど、実在の人物多数。変にエンタメ化していないのが良かった。改めて誰もが巻き込まれうるテロの恐怖を感じた。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『パトリオット・デイ』実話なので仕方ないが登場人物が多すぎる。けれど、これだけ名脇役で固めれば映画が閉まらないわけがない。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『パトリオット・デイ』前半のキャラクター描写が丁寧なので、後々感情移入がしやすい。何気ない日常が一瞬にして壊れる。明日が当たり前来ること自体が、幸せなこと。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『パトリオット・デイ』BDで再鑑賞。群像劇的に配された登場人物達の日常が、やがて起こる大惨事に収斂していく不穏さ、緊迫感が見事。その後も事実に基づくサスペンスフルな展開には大いに惹きつけられた。圧倒的正しさを妥協無く描いた良作です
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『パトリオット・デイ』鑑賞。悲劇的なボストンマラソン爆弾テロ事件の映像は衝撃的。そこから短期間の捜査で犯人特定・逮捕まで到達した課程はとてもスリリング。これが現実に基づいた作品で、警察や被害者も作品に協力したと思うのと作品のエンディング部分を見るととてもアメリカ的だと感じた。
    いいね

    良い
  • takuwy
    『パトリオット・デイ』久しぶりに良い映画に出会った。事実をもとにしたやつって話は引き込まれるんだけど映画としての魅力には欠けるってのは時々あるけど、銃撃戦の迫力だったり、無音の緊張感だったり映像作品としても非常に良い出来だった。
    いいね

    良い
  • croaton0
    前半の登場人物たちの群像劇のような描写と中盤の住宅街での迫力ある銃撃戦が展開に独特な緩急と緊張感を生む。マーク・ウォールバーグの脇を固めるケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズベテラン陣の何気ない存在感も悪くない
    いいね

    普通
  • ohtk4i
    『パトリオット・デイ』/終始緊張感半端ない!実際の映像を挿入する演出は緊迫感を増してたし、登場人物のドラマも丁寧で見応え十分!住宅街での銃撃戦は息をするのを忘れるほどの激しさだった!ボストン市民の強い団結力に涙せずにはいられないよ。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『パトリオット・デイ』オープニングでのちに事件に関わることになる人々の日常生活を点描し、事件が起こってからは時に実際の映像を使いつつ犯人逮捕までの過程をスリリングに描く。プロパガンダ色も感じるが全体的には誠実な描き方に好感が持てる。
    いいね

    良い
  • gk21nika
    17019『パトリオット・デイ』ボストンの悲劇の裏側を描いた作品で、こーゆーの見たら、勇気とか、正義感、ナショナリズムとか、高揚するよねえ。宗教の善悪ではなくてね、人と人の繋がりとか、「絆」って言葉がね、やっぱり大切やって思うね。
    いいね

    良い
  • ikesan_x
    『パトリオット・デイ』リアルタイムに当時のニュースを観てた自分としては、虚無感が襲って来た。映画では描ききれていない痛みの部分もあるんだろうなって同時に思った。しかしながら皆との団結は強いし、一人一人の勇敢な姿勢に脱帽。
    いいね

    良い
  • Inji
    『パトリオット・デイ』観た。迫真の緊急事態と、それに抗うプロ達の戦いが静かに熱い。群像劇的な機微も短く分かりやすく上手い。シンプルでドキュメンタリックなとこが面白いのに時々必要以上にウェットな気はしたが、いい場面なのでOKです。
    いいね

    良い
  • ryoma_in1997
    『パトリオット・デイ』銃撃戦の迫力も素晴らしいけど、ドラマパートがやっぱりいい。国、そして地元の町の愛・絆が悪を追い詰める描写は非常に感動的。陰惨な描写を徹底してるからこそその美しさが際立つ。 #映画 #movie #映画レビュー
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <パトリオット・デイ>マーク・ウォールバーグがが主役でプロデュースも兼任の実話物。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=84574989
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...