TOP >作品データベース >ガザの美容室

ガザの美容室

みんなの感想/評価
「ガザの美容室」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    16
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
900
ポジティブ指数86
公開日
2018/6/23
原題
Degrade
配給
アップリンク
上映時間
84分
解説/あらすじ
パレスチナ自治区ガザの小さな美容院を舞台に、戦時下の過酷な日常をたくましく生きる13人の女たちを描いた人間ドラマ。ガザで生まれ育った双子の監督タルザン&アラブ・ナサールの長編デビュー作で、第68...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • garancear
    『ガザの美容室』ガザの現実、女性だけのトークに扉の外の戦争。やりたいことは分かるしメイドインパレスチナの気概がある。ただし美容師仕事遅すぎメイクだけに何時間かけてるんだ、産気づいた女性の扱いが軽すぎ、など突っ込みどころ多し。ラストもあれでは女性映画にはなりきれなかった。 #映画
    いいね

    普通
  • emim20177348
    『ガザの美容室』扉の向こうは銃撃戦という、緊迫した狭い空間の中で繰り広げられる女性たち13名の人間模様が素晴らしい
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ガザの美容室』かつて友人が「女の一生やな」と、温泉場の景観を眺めて言っていたが、美容室もそんな感じなのかもしれない。扉一枚を隔てた外界とはどこか乖離しているかのようなオンナたちの時間空間にも秩序があり、その生はただただ、愛おしい。
    いいね

    良い
  • no_emedia
    扉の向こう側にいる男たちと同じように この美容室では女たちが戦争を日常として生きている 『ガザの美容室』
    いいね

    良い
  • no_emedia
    戦火の真っ只中に取りのこされた美容室では 照明も消えて更なる不安が積もっていく マニュキアを塗る手は震え ルージュを何回も何回も塗り重ねる 煙草を何本も燻らせる 暑さと緊張でメイクが汗で流れる 『ガザの美容室』
    いいね

    良い
  • no_emedia
    扉一枚の向こう側では男たちが激しい争いを繰り反す こちら側には戦争の中に暮らしている女たちがいる クリスティンの美容室に集まった女性の吐息が聞こえる 『ガザの美容室』
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ガザの美容室>原題Degradeは退廃という意味(仏語)。女性だけが集まる美容室での数時間(美容師の仕事、ほぼ進んでないしー)。イライラした雰囲気が高まってカオス状態。それぞれが抱える爆弾の破壊力。日常と非日常の境目を見失う生活。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ガザの美容室』イスラエルとは別の内戦と呼べる男達が始めた紛争。閉塞的かつ焦燥感漂う女性の状況をヒジャブが脱げる場所「美容室」を通して描く。室内の会話劇と外の銃声だけで知らしめるガザの切迫した世界。巧みな社会派ワンシチュエーション。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『ガザの美容室』を鑑賞。パレスチナ自治区の美容室の話。美容室での女子トークだね。うっぶんが溜まっている女子トークの内容が女性の過酷さを物語っていますね。外で戦闘とかびくびくする世界だなー。大変だ。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ガザの美容室』@シネマカリテ|楽しい映画ではないことを覚悟して見たほうがいい。ガザ地区の女性たちから見た紛争の今、美容室のドア一枚の外では銃撃戦、内ではやり場のないうっ積をぶつけ合う女性たち、我慢することしかできないなんて過酷。
    いいね

    良い
  • croaton0
    戦争に内包されたかの如く小さな美容室の中の女性たちを通し「戦争」「内戦」の理由が政治的、宗教的なのに対し「争い」の根源はあくまで人間的であることを描くことで彼女たちの束の間の理想論が言い知れぬ空しさと悲しさを誘う
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【ガザの美容室】続き) やがて外で起こった戦争紛いな衝突事件。銃声と爆砲轟く混沌とした状況ながらも、その概要はしっかりと窺える良くできた作り。ワン・シチュエーションに収めた巧みな社会派フィクション・ドラマになっていて圧巻。 #映画
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ガザの美容室】ヒジャブを脱いだ女達の赤裸々で啀み合う様な会話を聞いていると、愛情とは裏腹な、アラブ社会独特の男女間の関係や、ファタハとハマスによる分断支配に喘ぐパレスチナの実態が見えてきて興味深い。(続く #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ガザの美容室』それはパレスチナの現実世界であり、それでも結婚式があり、出産があり、恋人との喧嘩があり、離婚がある。切迫している世界で少しでもオシャレをする時間を過ごしたい女たち。群像劇で様々な女たちを映すのだが共感するというよりは彼女らの訴えをただ聞いている。銃声と爆発の中で
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ガザの美容室』パレスチナ映画ということでわかりにくいところがあるな。日本には「床屋談義」というのがあるが「美容室」談義にはならず、外では戦争状態(これも対イスラエルじゃなくてマフィア対ハマスというわかりにくい)、その混乱状態が「美容室」にも伝染してくるような「気狂い美容室」。
    いいね

    良い
  • cooper_cat
    『ガザの美容室』戦闘状態にある地域で暮らす女性。「美容室」の会話から、それぞれの人生が透けて見えてくる。基本、密室での会話劇になっているのが面白かった。シリアスな中ユーモアのあるキャラクターがいるのが面白い。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『ガザの美容室』パレスチナ自治区の女性達はスマホは使えても、ガソリン切れで営業中の美容院の電気は度々途絶え、それでも集まってきてはヒジャブを脱ぎ捨て暑く狭い店内でマシンガントーク!外での戦闘とは壁一枚な日常がなかなかショッキングです
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ガザの美容室』戦闘の絶えないガザにある美容室。綺麗になろうとする女性達が訪れて満員御礼。客の四方山話、美容師との会話。彼女達の置かれる情況が透けて見える。女性は誰もが綺麗になりたい。途中、外で戦闘もあるけど。戦闘が日常は恐ろしい。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「ガザの美容室」観了。見えないリアルを感じさせる作品。物語展開が乏しく、停滞感にもどかしさを覚える。けどそれもガザで生きる女性たちの息の詰まる日常を表しているかのように思えてきた。美容室の内と外、女と男の流れる時間の速さの違いや、女性たちそれぞれが抱く思いに心が苦しくなった。
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「ガザの美容室」次第に険悪なムードになる美容室だが、外では街を牛耳るマフィアとハマス政府との銃撃戦が始まり、彼女たちは戦場の真っ只中に取り残される。女たちのかしましい争いは、もっとずっと大きく激しい男たちの暴力によってかき消される。#映画 #eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...