TOP >作品データベース >三度目の殺人

三度目の殺人

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
70%
  • 良い
    91
  • 普通
    28
  • 残念
    11
総ツイート数
18,667
ポジティブ指数84
公開日
2017/9/9
配給
東宝・ギャガ
解説/あらすじ
それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。その弁護を担当することになった重盛。裁判をビジネスと割り切る彼は、どうにか無期懲役に持ちこむために調査を始める。だが、何かが、おかしい。調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。三隅の供述は会うたびに変わる。動機さえも…。弁護に真実は必要ない。そう信じていた弁護士が、初めて心の底から真実を知りたいと願い始める。やがて、三隅と被害者の娘・咲江の接点が明らかになり、新たな事実が浮かび上がる――。
© 2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ohtk4i
    『三度目の殺人』/「人が人を裁けるのか」というテーマ自体は珍しくないが、事件の真相が見えないので、弁護士と同じ視点から物事を判断する必要がある。タイトルについて一生懸命考えるも、あれやこれや思えてもやもや。術中にはまるとはこの事か。
    いいね

    良い
  • manakoujun
    今日の映画『三度目の殺人』是枝監督作品。最後に真実は何かが明かされない。司法が真実のみを追求している訳では無いと言う事の訴求から敢えて謎のままのエンドロールか?映像、音楽との一体感など映画としての完成度は高く、好きな作品です。
    いいね

    良い
  • fukino_kawate
    『三度目の殺人』★★★★☆
    いいね

    良い
  • trans_american
    『三度目の殺人』サスペンス要素が入っているので、驚きの真実が明かされるのかなと期待するも、法廷ではそんなことどうでもいいような流れなのが、現実なんでしょうかね。ただ、スッキリしないままの結末が、何ともやるせない…
    いいね

    普通
  • zyk35888901
    『三度目の殺人』★★★☆☆
    いいね

    普通
  • miurakenichi
    『三度目の殺人』偽善と偽悪が交差しながら真実が煙に巻かれていき、エンドロール。結末がつかめなかったので思わずネット検索をしてしまった。もやもやと考えさせられたという意味では、是枝監督の術中にはまってしまったのかもしれない。
    いいね

    普通
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『三度目の殺人』☆☆★★★
    いいね

    残念
  • chicaotto
    『三度目の殺人』藪の中。福山雅治が真実に迫ろうとすると役所広司と福山雅治の顔がガラス越しに重なりそうになるがやっぱり重ならない。司法では真実が重要視されずに裁かれる現実を観客にもやもや感を与える事によってあぶりだしている。
    いいね

    良い
  • nyanko0303
    『三度目の殺人』‪真実などに興味はない、人は見たいものだけを見、信じたいものだけを信じる。神の不在を問いながらも神を示唆するモノやワード。是枝監督作品だってことをあとで思い出しておっ!となった。ある意味韓国映画のよう。‬面白かった。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『三度目の殺人』#eiga #movie わたくし的には、「是枝さん、広瀬すずの使い方巧いなあ~。子役使うのマジで巧いよなあ~~」だった。広瀬の大根っぷりが却って味になっている。
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『三度目の殺人』#eiga #movie 法廷サスペンスと謳われているけど、静かでへビーな内奥だから、スター監督となった是枝監督のネームバリューがなければTVじゃ難しかったんじゃないかなんてことを思いつつ鑑賞。
    いいね

    普通
  • yousan330
    『三度目の殺人』 司法とはなんなのかをあぶりだしている。話の中心である三隅は殺人を犯したのか、犯していないのか、事実を置き去りにして淡々と裁きは行われる。殺人は謎だらけだけど重盛の推測通りだろうな。 #eiga
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『三度目の殺人』是枝作品初の法廷サスペンス。福山雅治と役所広司、何もかも違う2人の透明ガラスを挟んだ対話シーンの全てが見物。違う人物どうしで繰り返される台詞や仕草によって何が真実かどんどんわからなくなる作りが見事。
    いいね

    良い
  • 1000ya
    『三度目の殺人』観た。三度目ってそういうことね。言いたいことはわかるけども…最後の福山と役所広司のガラス越しの会話、あの画がイチオシなんやろうな…w 吉田鋼太郎と同期っていうのが見た目的に違和感すごいね実年齢近いんやろうか。
    いいね

    普通
  • mokomoko37
    『三度目の殺人』淡々としつつもサスペンスというより司法の歪みを浮き彫りにさせる重厚なドラマ!被害者?加害者?どちらでも納得してしまう斉藤由貴さんのアンニュイさ・・・観客に真実を託すラストに不思議な余韻が襲ってくる。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『三度目の殺人』モヤる終わり方は狙いなのだろうし、司法が必ずしも正義とは限らないってことを描きたいのは伝わるのだけど、おもしろかったかというとそうでもないかな😅タイトルの意味は理解した。演技は概ねいい。広瀬すずが良かった。
    いいね

    普通
  • shamalmaru
    『三度目の殺人』真実を追求することが正義とする法廷ものが多い中で、真実はベールにつつまれたまま終わる作品。世の中には必ずしも真実が正義ではないということもあるということか。
    いいね

    普通
  • oKoxKx
    『三度目の殺人』誰が犯人かという真実ではなく、現在の司法の真実にスポットを当てたと考えるとストンと落ちる。もちろん色々な考察もできるので、なるほどなあと考えさせられました。ただモヤモヤする。是枝監督作品初めて観たけどこんな感じかぁ
    いいね

    普通
  • kazu_play2
    『三度目の殺人』映画という器を通した物語として、ここ10年で最高の邦画!至高のモヤモヤ感!! ほんとうに大切なものとは何なのか?自分にとって大切なものとは何なのか?どう見たいのか?
    いいね

    良い
  • mimi0x089
    『三度目の殺人』真実がわからない。最後うやむやにする必要無いんじゃ?と思ったけど、自分が決めたんだってことなのかな。理不尽じゃなく。 人が仕事で裁いてることをリアルに感じる映画だった。仕切りの反射で2人が重なるシーンが印象的。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...