TOP >作品データベース >ありがとう、トニ・エルドマン

ありがとう、トニ・エルドマン

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    91
  • 普通
    7
  • 残念
    6
総ツイート数
2,555
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
配給
ビターズ・エンド
上映時間
162分
解説/あらすじ
正反対の性格の父娘が織り成す交流をユーモラスに描き、ドイツで大ヒットを記録したヒューマンドラマ。陽気で悪ふざけが大好きなドイツ人男性ヴィンフリートは、ルーマニアで暮らす娘イネスとの関係に悩んでい...
(C)Komplizen Film
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Movie_oftheDead
    『ありがとう、トニ・エルドマン』は、仕事一直線の娘を心配する変人オヤジの奮闘を描いたコメディ。微妙な悪ふざけばがりの父親とは対照的に、あくまでクールで生真面目な娘なのだが、終盤の「此の親にして此の子あり」となる出来事には思わずニヤリ
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ありがとう、トニ・エルドマン』実際こんな父親だったら迷惑かもしれないが、娘を思う彼の心情が伝わるにつれ、切なく少し困ったような表情の父と娘の交流が良い。しかしタイトなワンピが脱げなくなってからの展開にはビックリ。気をつけよww
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ありがとう、トニ・エルドマン』実際こんな父親が自分の職場に現れたらキレるだろうけど。H・ヒューストンのあの歌とかドレスに苦戦して裸になっちゃうとことか悪霊払いのあの黒いヤツに金髪が埋まるとことか、シーンが語る言葉が豊かで好きだ!
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    愛犬の死に表情の見えない父。心情は分からず、けれど、自らの心配よりも愛娘を優先する父。おどけること、ユーモアを忘れないことが、娘の心根を解いていく。そして、母の死に対し、娘は父を真似して入れ歯をする。『ありがとう、トニ・エルドマン』
    いいね

    良い
  • nieve822
    【ありがとう、トニ・エルドマン】仕事で成功を収めた娘と老いぼれた父親。父親にとっては娘は今も小さい子供のままで。貧困の上に成り立つ富を手にした娘は笑顔もない。あー、どっちの気持ちも分からんでもない。気まずい笑いで溢れる映画。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ありがとう、トニ・エルドマン』変な人に振り回される常識人を描いたコメディだと思ったら、主要登場人物全員変な人なので、コメディとして成立してなかった。少なくとも日本人の感性では解釈が難し過ぎる気がする。
    いいね

    残念
  • writelefthand
    映画『ありがとう、トニ・エルドマン』鑑賞。父の思いあまった言動は気まずくて見ていられない部分が多い。ただ、思いあまりすぎてそんなことする?という斬新な展開を見せ、物語の転がり方は予想がつかない。娘の方も父の影響か、クライマックスで無茶なことをしてしまい笑ってしまった。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ありがとう、トニ・エルドマン』いたずら好きでめんどくさい父と不器用な娘の噛み合わない交流に、時にハラハラ、時にイライラ、時にニヤニヤ。2時間40分の長さも全然気にならないし、はっちゃけた娘は、やっぱり父親似。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ありがとう、トニ・エルドマン>トニさんと母親の関係が渋かった。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=84910104
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ありがとう、トニ・エルドマンみてた。☆。娘と父のコメディ。富と貧、虚と実、都会と田舎、忙と緩、取と与、等の対比を反映している。ツーショットの距離感と時間の流れが映画的だなと思った。あと娘の寝顔とクケリと誕生パーティ(眼福)。
    いいね

    良い
  • caspower
    『ありがとう、トニ・エルドマン』ハリウッドでリメイクされたら笑って泣ける普通の映画になるだろな。ちょっと社会派の素材に、あのホテルでの逢瀬、ホームパーティー、熱唱、見たことのないシュールでクールな展開。最高に変な映画です。
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『ありがとう、トニ・エルドマン』娘を持つ親、出世を目指すサラリーマンなら、ジャストフィットでソウルフルな映画で泣ける。しっかし、のし上がりの為の人間模様は圧巻。自分を解き放つ手段とは。。彼女もいいけど、アシスタントもいい。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    86本目『ありがとう、トニ・エルドマン』(@gardens_cinema)。わかりやすいコメディを期待すると戸惑うが、人生や父娘関係の可笑しみ、哀しみに寄り添う深い余韻を伴う映画。置かれている立場によって感じ方も異なるのだろうなぁ。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ありがとう、トニ・エルドマン』エルドマンギャグにムカつかないのは、やっている本人も少し気まずそうにやっているから。無表情でパスタを投げる娘との手錠のやり取りは面白過ぎました。着ぐるみの中のエルドマンの切ない表情が目に浮かぶ。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ありがとう、トニ・エルドマン】度を超えたウザパパが推進力となり、皆の裏の顔が明かされる面白さ。人と関わることは難しく、また幸せであることを示す、最低で最高のホームパーティーは言葉にならない感動がありました。あと秘書が超かわいい!
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ありがとう、トニ・エルドマン』さりげなくブカレストの光と影みたいな二面性も見せてくれて興味深かったです。チャウシェスク宮殿とかわたしも行ってみたいな~
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ありがとう、トニ・エルドマン』家族への見栄か、心が開けない娘イネスを心配する音楽教師の父。国外でバリバリ働く娘に「ユーモアを忘れるな」と言うけど、渾身のギャグがズレてて痛々しい。のに、人柄の良さでうまくいっちゃう。不思議な映画。
    いいね

    良い
  • saramaro5682
    『ありがとう、トニ・エルドマン』『ありがとう、トニ・エルドマン』仕事にプライベートと、頑張っている女子にはたまない作品だと思う。盛ったインスタ、ブログ、女子会と頑張っている人は是非一人で観に行って欲しい作品です。
    いいね

    良い
  • saramaro5682
    『ありがとう、トニ・エルドマン』仕事にプライベーと、頑張っている女子にはたまない作品だと思う。外では盛ったインスタ、ブログ、女子会と頑張っている人は是非一人で観に行って欲しい作品です。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ありがとう、トニ・エルドマン』一風変わった父とキャリアウーマンの娘の物語。仕事にのめり込む娘に人間性を取り戻せとばかりにくだらないギャグを連発する姿は滑稽であるが非常に心に響くものがありました。現在のヨーロッパを感じる一作オススメ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...