TOP >作品データベース >ありがとう、トニ・エルドマン

ありがとう、トニ・エルドマン

みんなのつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • otonateikokua
    『ありがとう、トニ・エルドマン』ユーモアを忘れないのは大事、けどこの映画長いよ、おばあさんの葬式シーンの必要性を感じない
    いいね

    普通
  • YELLOTRASH
    メタスコア93で16年4位の傑作認定作『ありがとう、トニ・エルドマン』(独・墺)観了。女性監督M.アデが6年掛けて拘り抜いた162分は長杉だけど必然。「人生の大切な瞬間は過ぎ去ってから価値が解る」虎舞竜な、歪さが"記憶に残る映画"
    いいね

    普通
  • amno1wb2016
    『ありがとう、トニ・エルドマン』観賞 ぶっちゃけると「好きな人は好きなんだろうな」と言う感じの映画 思っていた以上にコメディ寄りのハートフル映画なので結構見る人は選ぶと思う ただそんな自分でもエルドマンさんの人柄には惚れた
    いいね

    普通
  • starfield0616
    『ありがとう、トニ・エルドマン』試写。開始即親父ギャグ炸裂。親娘の掛け合いの間が絶妙に巧くて会場爆笑のシーン多数。ハートフルでほっこりはするんだけど所謂感動作を求めてる層は肩透かしかも…あとやはり気楽に観られる尺じゃないな…
    いいね

    普通
  • harukamirai
    『ありがとう、トニ・エルドマン』あれだなー、PKとかミスタービーンとか、そういう、ガチガチに肩が張ってて、振り回してくれる誰かを待ってる人向けの映画かもしれないな。
    いいね

    普通
  • harukamirai
    『ありがとう、トニ・エルドマン』評価は非常に難しいけど、しばらくお父さんに会ってない娘が見たら、電話ぐらいは掛けたくなるかもなー、って感じ。悪い映画ではないんだよ。笑うのは笑えるし。ただ評価が難しい。
    いいね

    普通
  • harukamirai
    『ありがとう、トニ・エルドマン』感動しなかったかと言えば、あったかくていい映画ではあると思うけど、心温まる映画を探してこれを勧められたら、勧めた人を二度見すると思う。
    いいね

    普通
  • harukamirai
    『ありがとう、トニ・エルドマン』しかも、まさかの食ザーとかあるし。え、なに、日本じゃ割とハードル高い変態行為だと思うんだが、ドイツじゃそうでもないの? 単に笑うとこ? ドイツ人わかんない……。
    いいね

    普通
  • harukamirai
    『ありがとう、トニ・エルドマン』試写会にて。ムーンライトとかララランドとかメッセージと並べられてるし、父と娘だし、わかりやすく感動系かとおもーじゃーん、おもーじゃーん! ……まさか、チクチク小ネタ振ってくるタイプの映画だとは。
    いいね

    普通
  • s_p_n_minaco
    間に合って『ありがとう、トニ・エルドマン』観た。思った以上に気まずさ、いたたまれなさに付き合う約3時間…娘視点だから良かった。逆だったらたぶんちょっと勘弁してほしい。主演女優さんが大変良かったんだけど、ハリウッドリメイク版はそりゃあクリスティン・ウィグだよね!と納得しまくり。
    いいね
  • funeko_
    『ありがとう、トニ・エルドマン』観てきた。父娘の物語の背後で語られるグローバリズムと搾取、職務と倫理、成果主義と人間性。裸パーティのシーンは、「いままでの2時間強はこれのための前フリだったのか!」と得心した。あのけなげな部下の女の子に幸多からんことを!
    いいね
  • itokuzu89
    『ありがとう、トニ・エルドマン』、傑作です。普通の映画だったら、イネス(サンドラ・フラー)が最初に泣く場面でもう満足して一本の映画にしてしまうと思うんだけど、この映画では、翌日のイネスに「父親が突然やってきて人生最悪の週末だったわー」と言わせてしまう。そこがいい。
    いいね
  • TokyoBeerDiver
    映画「ありがとう、トニ・エルドマン」 父にとって、娘はいつまでも可愛い娘 https://t.co/BRD0YsKIu2 https://t.co/DWBASOiEIQ
    いいね
  • ecomtt
    映画レビューを投稿しました。 「ありがとう、トニ・エルドマン」 - この親にしてこの子あり https://t.co/WpemlKd3jZ #KINENOTE #キネマ旬報 #映画
    いいね
  • ghykd
    映画ありがとう、トニ・エルドマン、バリバリ働いてる人が色々あって吹っ切れてしまってアドリブで全裸パーティを催したり、巨大なばけものと抱擁したりするハートフルストーリーでおすすめ
    いいね
  • sunameri__
    今日は上田映劇で『ありがとう、トニ・エルドマン』 https://t.co/DLsJIHjfON。映画館も作品も濃ゆくてサイコー‼️ゲラゲラと何度も声をあげて笑っちゃった。観終わってから、ジワジワと作品の良さを味わえる感じです。
    いいね
  • fb_cinemaselect
    中条省平(映画評論家)『ありがとう、トニ・エルドマン』評《笑いにまぶしてはいるが、これは父と娘の感情の食い違いとそこからの解放を描く、しごく真っ当な家族の映画なのだ》本日8月26日(土)、13:30/19:00にまつもと市民芸術館小ホール。
    いいね
  • 1110Cinemad
    京都シネマで「ありがとう、トニ・エルドマン」鑑賞。仕事一筋の娘と、そんな彼女が心配でたまらない父との交流を丁寧に描いた作品。壊れかけている自分に気付かない娘イネスをザンドラ・ヒュラーが好演。「大切な瞬間はその時は気付かない、あとで思い出すんだ」という父の言葉が胸に沁みた。
    いいね
  • kuronama2
    キネマ旬報シアターにて『ありがとう、トニ・エルドマン』鑑賞。
    いいね
  • schwarzeweide
    「ありがとう、トニ・エルドマン」長尺の作品と気合い入れて観たけど、余計なものが一切なく、かといって物足りないところもない絶妙のまとまり感。人間と孤独とhumorをこういう形で描けるところが素晴らしい。主役の2人の芝居が秀逸で、台詞の間にある芝居と演出のうまさに落涙。
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    2576movies / tweets

    follow us