TOP >作品データベース >ありがとう、トニ・エルドマン

ありがとう、トニ・エルドマン

みんなのつぶやき
「ありがとう、トニ・エルドマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    92
  • 普通
    9
  • 残念
    6
総ツイート数
2,557
ポジティブ指数92
公開日
2017/6/24
原題
Toni Erdmann
解説/あらすじ
悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。
© Komplizen Film
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • shoccco
    「ありがとう、トニ・エルドマン」まだ20代前半の頃ここまではいかないにしても職場へ出張中の父に来襲されたことある私はイネスの戸惑いがよくわかる。でも、今なら娘を心配に思うあまりの行動だったエルドマンも父の思いもよくわかる。最後に流… https://t.co/5JRv2EJqey
    いいね

    良い
  • itokuzu89
    『ありがとう、トニ・エルドマン』、傑作です。普通の映画だったら、イネス(サンドラ・フラー)が最初に泣く場面でもう満足して一本の映画にしてしまうと思うんだけど、この映画では、翌日のイネスに「父親が突然やってきて人生最悪の週末だったわー」と言わせてしまう。そこがいい。
    いいね
  • NtkNkn
    『ストーンウォール』でセクシャルマイノリティについて、『残像』で思想統制について、『ありがとう、トニ・エルドマン』でワーカホリックと幸せについて考えさせられて、全ての人が幸せに暮らせる方法について思いを巡らせる日となりました。映画はいろんなことを教えてくれるな。
    いいね
  • kedako_san
    スガイにて『ありがとう、トニ・エルドマン』みる。前評判と162分の長尺に「そんな長時間気まずい系コメディ観るのかよ。。」と尻込みしていたが、尺を感じさせない面白さ。滑り親父の迷走っぷりが物語の推進力になりシーンが変わるごとに「お前何してんの!」と突っ込まずにおれない。面白かった!
    いいね
  • satomasawa
    社会復帰のために映画を見に行った。ありがとう、トニ・エルドマン見た。これ、父と娘の「エエ話」風だけど、娘が誕生日イベントで何もかも嫌になってあんなになったのって、仕事の忙しさもあるけど、お父さんに振り回されたことがトドメを刺したんでは…とちょっと怖かった。
    いいね
  • blade_spade
    あと盆休み中に観たのが「ありがとう、トニ・エルドマン」というドイツ映画。 父娘のコミュ不足による不和とそこからの改善を主軸にしつつ、ドイツ人の考えるユーモアの概念を感じられるちょっと興味深い作品ではあった。
    いいね
  • Yokonori02
    昨日見た『ありがとう、トニ・エルドマン』。本当に良かった‼︎ほぼ160分乳と娘のぐだぐだのやり取りを見せられてただけなのに、胸が熱くなって、笑って、見終わった後の余韻も素晴らしかった。一つのハイライトだと思った父と娘の音楽でのコミュニケーション。
    いいね
  • Mt9999G
    「ありがとう、トニ・エルドマン」を観賞。 簡単には感想を整理できないけど、面白かった。 苛立ちや憎悪や呆れやその他の複雑な感覚を時に第三者的に時に切実に感じさせる不思議な映画だった。
    いいね
  • yamhos
    マーレン・アーデ監督『ありがとう、トニ・エルドマン』観て来ました。 イタズラばかりする父に振り回される娘の話。結構度を過ぎたイタズラが続くんだが、ユーモアを忘れちゃイカン、という映画でした。とても好き。 画像はチョイネタバレなので載せない。アレは初見のが面白い。
    いいね
  • kineukineu
    マーレン・アデ監督「ありがとう、トニ・エルドマン」おいらも娘としては、父親にもう少し優しくなれるかな。娘は父親にもう大人なんだとわかって欲しいけど、父親にとっては娘は娘なんやな。そんな二人を見守る2時間半は、おいらにはあっという間の素晴らしさやった。
    いいね
  • omorionsen
    ありがとう、トニ・エルドマン面白かった。性質の悪い妖精のような父親の親離れも子離れも出来ていない不安定さとか、二つのホームパーティーの文字通り解放感とか、アンカちゃんのかわいさだったりとか見所はたくさんあるんだけど、なによりイネスが上の世代の家宝を受け継ぐところが大好きでした
    いいね
  • kutusitawashi
    昨日は『ありがとう、トニ・エルドマン』観てきた。良作。1人娘なので居心地の悪さ凄い感じました。エルドマンさんにイラっとしたけど、愛おしい。背景の東ヨーロッパの描写なども控えめだけど丁寧。
    いいね
  • rururugia
    ああ、『ありがとうトニ・エルドマン』最高だった。すごく居心地のいい映画。満席の映画館で久しぶりにあんなに笑った。混んでるの嫌いだけどこういう映画ならありかな。
    いいね
  • masamisama919
    「ありがとう、トニ・エルドマン」鑑賞。娘役のイネスを演じた女優さんが美人じゃないんだけどマギー・ギレンホールを目つき悪くした感じで大変味のある顔だった。その仕事人間な娘が父親の奇妙な愛情でユーモアと人間らしさを取り戻して行く気持ちの過程がとても丁寧で、まったく無駄がねえっす。
    いいね
  • ookinaishi
    そういえば、『ありがとう、トニ・エルドマン』観た。父と娘の仮装対決みたいな映画だった。面白かった。
    いいね
  • schooldays622
    「ありがとう、トニエルドマン」おもしろかった!吹くくらいわらた。大好きな映画「フォローミー」とちょっと通じるところがあったなあ👀
    いいね
  • koko_noka
    武蔵野館でありがとう、トニ・エルドマン観る。父と娘の気まずい感じイラつく感じ、わかるわかる。父親を見送ったあとの涙がキツい…。淡々としてるなーと思ってたら、ホイットニーが憑依してから急激に面白くなった。身も心も解放されたんだね…よかったよかった。あとアンカめっちゃいい娘!
    いいね
  • okunnoo
    水道橋博士のメルマ旬報「柴尾英令のシネコン至上主義」。柴尾さんのエモーショナルな推薦文に背中を押されてやっと見ることができた【ありがとうトニ・エルドマン】はまぎれもない傑作だった。後で調べたら町山さんも菊地さんも激賞してましたね。
    いいね
  • mamepiyo246
    『ありがとうトニ・エルドマン』みました。笑って泣けるという映画だったけど、笑って泣ける度は期待値の5分の1くらいだった。
    いいね
  • fukasawan
    8月、 ありがとう、 トニ・エルドマン 笑った。後半笑いっぱなし。 長さに怯えずお気軽に是非☺︎ #涼しくてルンルンしちゃう#今日の気温がこのまま続けばいいな#右手には常に水分 https://t.co/jC5Wa7o7pt
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    yousan330
    1698movies / tweets

    follow us