TOP >作品データベース >否定と肯定

否定と肯定

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    80
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
3,240
ポジティブ指数89
公開日
2017/12/8
原題
Denial
配給
ツイン
上映時間
110分
解説/あらすじ
「ナイロビの蜂」で第78回アカデミー賞の助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズがユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を争う歴史学者を演じる法廷劇。1994年、イギリスの歴史家デビッド・アービ...
(C)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • reikarou
    『否定と肯定』ホロコースト否定論者に名誉毀損で訴えられたユダヤ人女性歴史学者が弁護団とともに真実を明らかにすべく翻弄する法廷劇。法廷モノって好きなんだけどいまいち展開がスッキリしないし、主人公のキャラにあまり魅力を感じられないかな。アンドリュースコット始め弁護団は好みだけども。
    いいね
  • unspiritualized
    映画『否定と肯定』だけを見てはよく理解できないのだが、リップシュタットは裁判以前にアーヴィングを含めた歴史修正主義者のヘイトデマを著書でぼこぼこにしている(邦訳『ホロコーストの真実』)。私はこれに深甚な影響を受けている。
    いいね
  • amadokoro23
    本日一本目、否定と肯定鑑賞。 期待しすぎてましたが、まあまあ面白かったくらい。 原題がDenailだし、正直肯定要素薄いし邦題も『否定』でいいと思うんだ ホロコーストの問題というよりかは信条と表現の自由の問題だった
    いいね
  • Taklimakan
    ヒトラーに屈しなかった国王、どこもやってなくて頭にきますよ~ 否定と肯定もやってないし。ダメだな。
    いいね
  • DAIMETAL
    「ラストレシピ」「否定と肯定」を観ましたが共にプロパガンダ。前者は企画秋元康、原作本が見城の幻冬舎と安倍友で、料理に見とれていると日本軍が悪者展開になりテレ朝らしい。後者は単純な二項対立、両建構造の基本戦術で終始怒り口調の不愉快ヒロイン。2本とも大失敗でしたが来週迄映画休みます。
    いいね
  • natsu309chan
    否定と肯定 も物足りなかった もっとホロコースト否定論者のオッサン頑張れよ!って思ったわ
    いいね
  • Redips00
    『否定と肯定』見てきたよ⑥。全般通しての感想としては「やはり弁護士は勝利を求めなければダメだな」ということ。よくクライアントの納得とかそんなことを言うけれど、全てが勝利に劣る。クライアントが弁護士を信じたのは、それは弁護士が結果を出したからだし。
    いいね
  • 3710dc205
    去年観た映画、ベスト10だとこんな感じかな ドリーム、否定と肯定、ラビング、夜明け告げるルーのうた、猿の惑星聖戦記、ダンケルク、ゴールド、ザウォール、手紙は覚えている、彼女が目覚めるその日まで 逆に、他から抜けていまいちだったのは、エルネストくらいか
    いいね
  • RK_RY
    ⑨否定と肯定 「考察は自由、でも事実を歪める嘘は許されない」という今の時代にこそ考えないといけない問題を突きつけてくる作品。 自分で相手を負かしたいデボラと、そのやり方ではダメだとする弁護士チームのやり取りが好き。
    いいね
  • hopstepstock
    映画「否定と肯定」見てきたよー。テーマは素晴らしいのだけど、ホロコースト否定派を単純な悪役として描いてしまったのがもったいない。 なぜあれほどおバカさんな主張を多くの人が支持したのか。裁判の勝ち負けだけではなく背景をもうちょっと深く描いて欲しかったな。
    いいね
  • penpen0220
    今年二大許せない邦題の配給会社がどちらもツインだった。新感染と否定と肯定。新感染はダジャレがつまらん、ファイナルエクスプレスでいいやろだし、否定と肯定は、映画のテーマと逆の題名付けてどうすんだと。ディナイアルでいいよ。
    いいね
  • taiki_nishimura
    『否定と肯定』テーマ主導の映画にありがちな、映画としての面白さを捨てるようなことはせず、構成の巧みさで最後まで引っ張る見事な法廷劇になっている。テーマも、いまの日本で観られるべきものであり、非常にタイムリー。観てほしい映画だが、結末が分かっている部分は実話映画の弱さか。
    いいね
  • dede93349813
    映画「否定と肯定」TLでよく見たこの邦題はいまいちって意見。映画見たあとだとよく分かる。原題は「Denial」で単なる「否定」。ホロコーストを「否定」するアービングとそれを「否定」する主人公リップシュタットの話だから、原題のまま「否定」でよかったんじゃないのって思った。
    いいね
  • dropoutsider
    『否定と肯定』を見に有楽町に行ったついでにビートルズ展にも行ったが、こちらはいまいち。アビイ・ロードの写真でリンゴが着てた上着とか、シェイ・スタジアムでポールが着た衣装など、展示物は色々と興味深いのだが、その配置・陳列にコンセプトもセンスもなく雑然。分量に比して入場料も高い。
    いいね
  • mdsch23
    「否定と肯定」原作読むとアーヴィングは日本のネトウヨや歴史修正主義者に本当によく似ている事をやっていて読んでいて不愉快になる。あと映画は史実を大幅に組み替えてもいます。長い裁判であり映画として見せるため仕方ないですがフィクションとして認識は必要。
    いいね
  • homie_catnap
    因みに原題は『Denial』『否定』のみ。 『否定と肯定』だなんて、この名前のつけ方、私が今まで観てきた中で1番ひどいかも。 判決をスリリングにするためとかで無邪気につけたのかもしれないけど、相当悪質だと思う。 映画が素晴らしいだけにほんと勿体ない。
    いいね
  • donco3q3q
    「否定と肯定」! 最後まで主人公のデボラに感情移入出来なかった(そもそも嫌いなタイプ)けどすごく良かった映画でした。
    いいね
  • minmiobasan
    『否定と肯定』観てきた。連れ合いはニュートラルすぎると言って納得出来ないようだったけど、私はわりと良いなと思った。物足りないぐらいのライトなタッチで、解答のない問題を提起して去っていく感じが、逆に考えさせてくれる。エンターテイメント映画として成立していて、退屈させられなかった。
    いいね
  • rino5150
    今週末はホロコーストがらみの映画を2本見たけど、「否定と肯定」がとにかく良かった。正直、法廷モノにまだまだあんな鉱脈が残ってるとは!と思うような視点で素晴らしかったな。一方で動物園はちょっと微妙だったな。
    いいね
  • soehina
    「否定と肯定」の海外レビューもなかなか酷かったよね
    いいね
    もっと見る Loading...