TOP >作品データベース >彼女の人生は間違いじゃない

彼女の人生は間違いじゃない

みんなの感想/評価
「彼女の人生は間違いじゃない」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    27
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
1,244
ポジティブ指数87
公開日
2017/7/15
配給
ギャガ
上映時間
119分
解説/あらすじ
「さよなら歌舞伎町」「ヴァイブレータ」の廣木隆一監督が、出身地の福島に暮らす人びとを描いた処女小説を自身のメガホンにより映画化。仮設住宅で父と2人で暮らすみゆきは市役所に勤務しながら、週末は高速...
(C)2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『彼女の人生は間違いじゃない』鑑賞。震災後の福島の描き方については、これでいいのかと感想を書くにも躊躇してしまうところがあるが、あの光景を映画に収めたかったのだろうな、という思いを感じた。デリヘルをする主人公は東京に行っても閉塞感があるが、それをありありと描いているのが好き。
    いいね

    良い
  • pachupa410
    『彼女の人生は間違いじゃない』ほぼドキュメンタリーに見えてしまうほど被災者への寄り添い方が上手い。震災という題材を扱う映画は多いが他と一線を画してとてもリアルでほんのり温かい作品になっている。被災者の心に空いた空虚感がほんの少しずつ歩みを始めさせる光りに変わっていくのが良かった。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『彼女の人生は間違いじゃない』震災に遭われた人の痛みが伝わるかどうかは何とも言えない。一見、ヒロインや父親の日常を軽々しく描いているのではあるまい。ストレスのたまる生活から、週末だけでも居場所探しに東京へ出る選択を誰も責められないよ
    いいね

    良い
  • shoukichissu
    『彼女の人生は間違いじゃない』DVDで。良い。前情報なくまさか震災ものだとは思っていなかったけど、自然と見られた。無遠慮にインタビューする大学生はちょっと怖いなぁと。自分達もそうなってるかもしれない。主人公が東京を飽きて良かった。
    いいね

    良い
  • yukiwaki920
    『彼女の人生は間違いじゃない』平日は公務員、終末は東京でデリヘル嬢。震災5年後、仮設住宅に父親と住む主人公みゆき。震災を経験した人にしかわからない空虚感。広〜い駐車場にポツポツと停まってる車が物悲しい。心がキュッと苦しくなった。
    いいね

    良い
  • honkou
    『彼女の人生は間違いじゃない』誰だって自分の内面と向き合うことが必要。
    いいね

    普通
  • ta2mix910remix
    『彼女の人生は間違いじゃない』#107> なぜにデリヘル嬢?と思う人は多いだろうが・・・お金目当てではない理由は分かる訳で、倫理観を問題視したくなるだろうが、正に間違いではなく、様々な葛藤に踏ん切りが付いたラストがいい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『彼女の人生は間違いじゃない』廣木監督の映画は見ている間よりも見終わってから自分の中で始まることが多いし何度か観て解ることもあるからDVDほしい。瀧内さん主演女優賞ノミネートおめでとうございます。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『彼女の人生は間違いじゃない』家族としての機能は保っているのにどこか冷めた親子の原因は何か。もしも津波が来なければ?雇用があれば?パチンコ屋がなければ?全部違うような気もする。理由なんて他人が決めるものじゃなくてただ風景があるだけ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『彼女の人生は間違いじゃない』未知からくる偏見と固定観念からくる偏見があると思うんだけど、被災者がパチンコをしている姿に違和感を覚えて、主人公がデリヘルで働く意味が理解できなかったのが悔しい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『彼女の人生は間違いじゃない』『月刊映画感想部』を一昨日聴いたばかりで鑑賞。主人公親子の関係が息が詰まるのはどうやら仮設住宅だからのようですね。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『彼女の人生は間違いじゃない』僕らの下高井戸シネマにて。火曜日は税込1000円で観られるし舞台挨拶も1000円で見れた。廣木監督だけじゃなくて主演の瀧内公美さんもサプライズ登壇。劇中では見せない笑顔がまぶしかった。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『彼女の人生は間違いじゃない』そう彼女の人生は間違いじゃないかもしれない。何が彼女をそうさせたのか。それは、震災のせいなのか、いやそれもあるがそれだけではないはず。もしも震災がなかったとしてもやっぱり彼女は、そういう人生だっかも
    いいね

    良い
  • saramaro5682
    『彼女の人生は間違いじゃない』何故デリヘルでなきゃダメだったのか?化粧室でよく合う子の様に転居しての方法もあるのに、何故高速バスで通うのか?この女性はあの福島が無くても都会に来てたんじゃないかと思います。きっかけが311。
    いいね

    残念
  • lion_kenji
    『彼女の人生は間違いじゃない』被災地で生きるある夫婦。冷めた二人、その二人を取り巻く人間関係。被災地の仮設住宅、汚染土壌、それとは対照的な東京の街。彼女の周りが前に進むなか、彼女も大切なものを見つける。間違いじゃない。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『彼女の人生は間違いじゃない』園子温が撮った震災後は、話題を狙っただけで、福島を都合よく使うなと思ったが、福島出身の廣木監督だからこそ描ける現状。被災地以外の人は、既に昔のことと感じている出来事が、何も終わっていないと気づかされる。
    いいね

    良い
  • draemori
    『彼女の人生は間違いじゃない』週末の出稼ぎの理由が結局わかんなかったけど、バス代ペイして稼ぐなら5・6人くらいとんなくちゃないだろうからねえ。主役が、きれいだった。この中で、健太に感情移入しちゃった。
    いいね

    普通
  • It_is_empty
    『彼女の人生は間違いじゃない』劇中に出てくる大学生のインタビュアー、映画の作り手側も一歩間違えるとあのような無意識による傷つけをしてしまう恐れがあるが、本作は押し付けがましくなく、ゆっくりと心の距離を詰めてくる優しさが感じ取れた。
    いいね

    普通
  • spau_39
    『彼女の人生は間違いじゃない』0724@新宿武蔵野館
    いいね

    普通
  • amamikfully2003
    『彼女の人生は間違いじゃない』KBCシネマ。舞台は震災後の福島。主人公は平日役所で働き、週末は東京でデリヘル嬢という女性。ではあるが、特別な物語かというとそうではなく・・。地方の物語として見てしまった。いつか見た景色と空気がそこにあった。空は広く、夕焼けがきれいなんだ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...