TOP >作品データベース >北の桜守

北の桜守

みんなの感想/評価
「北の桜守」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
29%
  • 良い
    7
  • 普通
    11
  • 残念
    7
総ツイート数
5,077
ポジティブ指数89
公開日
2018/3/10
配給
東映
解説/あらすじ
1945年、南樺太に一輪の桜が咲いた。やっと咲いたその花は、江蓮てつたち家族にとって希望の花のはずだった…・。その年の8月、ソ連軍の侵攻が起こる。てつは息子2人とともに樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走へと辿り着く。そんな満身創痍の親子を待っていたのは想像を絶する過酷な生活だった。意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓、その中を親子は懸命に生き抜くのだった。1971年、成長した次男の修二郎は米国で成功し、日本初のホットドックストアの日本社長として帰国。15年ぶりに網走を訪れた。そこには長男の姿はなく、1人、夫を待ち続けながら慎ましい生活を送る年老いたてつの姿があった…。修二郎はてつを札幌へと連れ帰り、面倒をみる決意をする。息子夫婦と暮らし始めたてつだったが、薪を使い米を炊き、近所から苦情を受けたり、金を払わず八百屋から葱を持ち去ろうとするなど、徐々に不可解な行動が目立つようになる。年老いたてつは、戦禍によるPTSDの後遺症に陥っていた。そして、てつ自身もその変化を自覚していく…。そんなある日、てつが突然、姿を消す。立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと思い、1人、網走に戻ろうとしたのだ。だが、網走の住宅はすでに取り壊されていた。帰る場所を失ったてつ。てつのために一緒に寄り添いたいと思う修二郎。2人は、北海道の大地を巡る過去への道行を始める。その旅は、親子の抱える禁断の記憶の扉を開けてしまうのだった。
(C)ⓒ 2018「北の桜守」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • knight2046
    『北の桜守』時をかける吉永小百合😄ホント年を取らない。多分40代くらいで止まっていて小学生の母親役ができるのはすごい。余談になるけど認知症でもライカのフィルムカメラをカチャカチャいじれるのをポカーンと見てました。(^^;
    いいね

    普通
  • koba84Q
    『北の桜守』ベテラン勢バックに、何を演じても堺雅人は仕方なし、吉永小百合までTVドラマみたいな演技演出には驚いた。南樺太の桜と時代背景はフリでしかなく、なぜ70年代なのか。やたら桜満開も翌日大雪とか季節もおにぎり工場も雑な作りで
    いいね

    残念
  • KJ_LINE
    『北の桜守』物を乞う。人としての一線を越える時は悔しい思いをした事だろう。それでも生きる為に必死だった様子は伝わってきた。戦争を乗り越えるというのは並大抵の経験ではない。舞台形式の演出では何も無い空間に無限の世界が広がるのを感じた。
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『北の桜守』北海道の中を行ったり来たりしているが、この時代の北海道の町の間の距離感を全然考えていない。舞台を組み込んだ演出も違和感を感じて仕方がない。それにしても、70歳を超えて、小学生の親の役ができる吉永小百合に驚き。
    いいね

    普通
  • masala0517
    『北の桜守』二つの時代を使った「小百合映画」として変化球的な作品だ。甘々の吉永小百合に対して、エッジの効いたキレッキレの演技でドラマを引き締めた堺雅人の功績は大きい。ところで東映は未だ吉永小百合を40代位に設定しているようで怖い。
    いいね

    良い
  • okayadomidorin
    『北の桜守』①堺さんファンなので観ましたが、これは小百合様の白い喪服姿が美しい。といった見方をすればいいのでしょうか…舞台劇を挟む演出も効果的とは思えない。トラウマになった記憶が実写と舞台劇を行き来して、悲惨さが伝わらない。
    いいね

    残念
  • kerakuten
    『北の桜守』 ひたすら「忖度」ということばが、ずっと頭の中をかけめぐっていました。https://ameblo.jp/kak-dela/entry-12362831836.html
    いいね

    残念
  • TaulNcCar
    『北の桜守』付き添いで鑑賞。時空も歪むブラックホール吉永小百合を愛でる映画。ボケも魅力で描かれホラー感も。戦争、貧困、哀悼といった素材は定番でいいが、感動の寄せ集めみたいで話の芯がハッキリしない。コントっぽさも目に付く。彼女中心の企画でもいいが年令や芸相当の役柄の方がいいのでは。
    いいね

    残念
  • 921papas
    多くの人金が犠牲に。舞台?監督「実写なら悲惨しか。抽象化で心象風景わかりやすく」ギャップ観客舞台鑑賞する機会ない。抽象化・魅力?ギャップが吉永にも。大スターも今の彼女しか知らない観客には?演技うまく美しい✖国民昭和という時代の犠牲?
    いいね

    残念
  • 921papas
    昭和をひきずるのは流れの速い映画界では無理。北の三部作全てダメ。脚本が。吉永全ての作品お涙頂戴的。昭和そのもので文科省推薦作ばかり。キレイキレイなアイドルが有名監督食い散らしらしさ奪う。ガラガラ。静かに余生を送り死後国民栄誉賞で?
    いいね

    残念
  • tamagawajyousui
    『北の桜守』日本映画界を代表する女優・吉永小百合の映画出演120作品目にあたる本作は、15年振りに再会した母と息子の二人旅を通して艱難辛苦の戦後から今日迄の日本人の歩みを斬新な演出の舞台劇を交え、家族の強い絆と共に浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • hiroopen
    『北の桜守』@柳ケ瀬。久しぶりにスケールの大きい邦画を堪能できた。吉永小百合さんの可憐な表情に釘付け。歴史的な説明を舞台で行う大胆な演出はとても良い。小椋桂の曲が力強く感動のウネリに一役買っていた。アニメに近い色彩調整も上手い。傑作
    いいね

    良い
  • Au0223
    『北の桜守』衝撃の結末は、フェアリー化された小百合様が普通に生きてたってことかな(たぶん違う) 劇中劇って形で舞台演出がちょいちょい出てくるんだけどあまり上手く機能してなかったような
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『北の桜守』少しボケの入った吉永小百合というのも考えさせられてしまうが苦しい時代を生き抜いて今日まで来たことが、桜に繋がっていくうえでのめぐり合いの大切さ。堺雅人のお店がいかにもセットなんだけど当時のコンビニという演出なのかな
    いいね

    普通
  • sato_henri
    『北の桜守』悪くはないけど、各エピソードの途中過程が飛ばされ気味でストーリーと言うよりあらすじを追っている様。舞台パートを入れる演出はジョー・ライトの『アンナ・カレーニナ』を思い出したけど、それと比べるとあまり効果的に組み込まれてるようには感じなかった。意味はまぁ分かるけども。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【北の桜守】台詞過多な印象。戦後と現在…この過酷な状況なら、てつと修二郎の間に横たわる母息子の関係と心情をもっと深く描いて欲しいと思った。舞台パートそのものは面白く見たが、これを挿入する演出の意図はよく分からなかった。 #映画
    いいね

    普通
  • trustpine
    北の桜守、観ました。北海道を舞台に、戦中から戦後の激動の時代を生き抜いた親子の姿を描くヒューマン・ドラマです。北の三部作の最終章と言われるこの作品は、3作のなかで一番吉永小百合らしいと感じました。特にラストがいいですね。ただ残念なのは桜守の仕事をもっと描いて欲しかったです。
    いいね

    普通
  • uwfcaptured
    『北の桜守』TOHO日本橋。想定ハードルが低い分面白かった。序盤はいつもの吉永小百合アイドル映画なのに老いよりも先にボケを受け入れたのでファンタジーからホラーへと作品に広がりが出てきた。ある年齢以上の人達にはリアルな現実を感じられる1本。
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『北の桜守』風景はきれいでしたね。 2年間どうやって生活してたんだろう・・・・ 舞台の意味が理解できなかった。
    いいね

    普通
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「北の桜守」いつもの通りの吉永さんで、内容も変わらずです。でも同じ事が安心するんでしょうね。』 https://twitter.com/yukigame/status/973991390051934208
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...