TOP >作品データベース >50年後のボクたちは

50年後のボクたちは

みんなの感想/評価
「50年後のボクたちは」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    34
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
888
ポジティブ指数92
公開日
2017/9/16
原題
Tschick
配給
ビターズ・エンド
上映時間
93分
解説/あらすじ
14歳のマイク(トリスタン・ゲーベル)はクラスでも目立たない存在で、両親の仲もうまくいっていない。ある日、チック(アナンド・バトビレグ)というちょっと風変わりな転校生がやって来る。夏休み、オンボロ車を無断で借用して、マイクとチックは地図にない場所「ワラキア」を目指し南へと走り出す。ふたりにとって一生忘れることのできない旅がはじまる――。
© 2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • A22_24
    『50年後のボクたちは』★★★☆☆ 冷凍ピザとテイクアウトのピザはいい演出。
    いいね

    良い
  • yukitsui
    『50年後のボクたちは』やってることが犯罪だらけのロードムービーだけど、爽やかで、楽しいって思える内容で面白かった。盗んだオンボロ車で「後戻りは嫌だ!」と真っ直ぐ前へ進むシーン、好きだなぁ。50年後に会う約束をするシーンが印象的。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『50年後のボクたちは』リチャード・クレイダーマンを聴きながらぶっ飛んだ夏を過ごす。僕らはなれる。きっと自分の望む大人になれる。ファティ・アキンの心は14歳のままなんだろな。チックとマイクと綺麗な目の女の子。人生は自分だけのもの。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『50年後のボクたちは』学校で相手にされない者同士のひと夏の珍道中ですね。家でTVゲームするよりは、スリリングで冒険的な旅を経験することによって、主人公の少年が一皮むけて、変わっていくまとめ方がうまく、楽しい作品でした
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『50年後のボクたちは』アオハル度:★★★ 未来の約束するのって結構好き。適度な現実性がちと物足りない。
    いいね

    普通
  • maytofive
    『50年後のボクたちは』夏の景色がキラキラ眩しいドイツ製青春ロードムービー。見るからにヤバそうなアジア系ロシア人チックがとにかく面白い。そしていいヤツ!脱輪しようが行き止まりだろうが「後戻りはいやだ」と先へ突き進む生き様に惚れた
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <50年後のボクたちは>『ひと夏の冒険』の描き方として、いい感じだったんだなぁ。 ⇒ http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=85468435&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『50年後のボクたちは』決してめぐり合わないような彼らなのだが、いつしかお互いの心を寄せあいともに生きた証をのこしているよな。50年後にその場所に刻んだしるしを本当に再開して仲間でみつけることができたら当時が駆け巡ってくるだろう
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『50年後のボクたちは』@京都シネマ|「チック」に出会わなかったら、つまらない大人で終わっていただろうな〜どう生きるべきかを考えるきっかけになった14歳の夏休み。子供でもなく大人でもないマイクが世の中を受け入れる変化が、クール!
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『50年後のボクたちは』それまでの生活も違えば64歳で再会しても、話が盛り上がるのは難しいかと。50年後に、と言えるのも14歳だから。でも数日でも濃い日を共にしたのだから是非会って。思い切り何かをすることを忘れた大人には眩しすぎる。
    いいね

    良い
  • snow200
    『50年後のボクたちは』レイトショーでやっと鑑賞。 移民大国ドイツでもトルコ系やアジア系は他所者扱い。クラスカーストでは最下位の14才2人にとってかけがえのない最高な夏休み。 超面白かった!ありがとうファティ・アキン監督!
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『50年後のボクたちは』モンゴル系ぽく見える不思議ワル少年と線の細い主人公が盗んだ車で走り出す。居心地が悪ければその外へ飛び出していけばいいんだ。少年たちの友情は暑苦しくなく、爽快。また素晴らしい映画が観れて最高。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『50年後のボクたちは』やっぱこういうドライブ映画は音楽の良さで引っ張っていく。それもリチャード・クレーダーマンが効果的にカセットテープが伸びた演奏でポンコツ車の揺れ具合と合っていたり。ドイツの景色もいいよね。風力発電とか。50年後にまたこの場所で会おうというメッセージもいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『50年後のボクたちは』途中で浮浪者の女の子が加わってのロードムービー。転校生がユダヤ人のロマとか自称するけどモンゴル系ロシア人みたいな外見でドイツ人の中では特異なタイプ。旅をする中でゲイとかいろいろ明らかにされるのだが、コメディタッチのドライブ映画だった。『下妻物語』的な所も。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『50年後のボクたちは』こちらはドイツの14歳(日本の中学生とぜんぜん違う)の友情物語。親がある中だったり、夏休み中の転校生との冒険だったり『わたしたち』と共通点があるが決定的に違うのは転校生がワルだった。ワイルドって言う感じの悪で陰湿なイジメとかはない。14歳の『冒険者たち』。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『50年後のボクたちは』『グッバイ・サマー』ちょこっと『天国の口、終わりの楽園』爽やかなとも違うし、だって違法?でも妙に清々しいhttps://ameblo.jp/bird210bird/entry-12319277602.html
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『50年後のボクたちは』笑えない所が多々あったけど、総じて面白かった!でも、中二病卒業出来るって触れ込みだけど、発症する映画の間違えだと思うw曲リストにロイヤルブラッドがあったけど気が付かなかった(^_^;)
    いいね

    良い
  • haripote40
    『50年後のボクたちは』はみ出す理由があり、それが自分の本質的な部分に関わるのなら、同じ感覚を持つ人にしか分からない。飛び出した先での数日の出来事が彼らの宝になり、50年後きっとあの場所で再会するはず。これはファンタジー。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『50年後のボクたちは』なんとも清々しく後味スッキリなひと夏の冒険物語。映画だからね、これは(笑)はみ出し者たちの反乱なんだけど、犯罪だからね。ちゃんと処罰も受ける。そんなところまで描かれてるから納得できる。 #映画
    いいね

    良い
  • no_emedia
    クラスで疎まれているマイク 謎の転校生チックに連れ回され 盗んだ車で大きな一歩を踏み出した 人生の数日間が互いの心に刻むのは きっと50年経っても忘れないであろう 悪がき逹が刻んだ約束・・ 『50年後のボクたちは』
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...