TOP >作品データベース >アバウト・レイ 16歳の決断

アバウト・レイ 16歳の決断

みんなの感想/評価
「アバウト・レイ 16歳の決断」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
76%
  • 良い
    39
  • 普通
    11
  • 残念
    1
総ツイート数
2,187
ポジティブ指数84
公開日
2018/2/3
原題
3 Generations
配給
ファントム・フィルム
解説/あらすじ
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」。16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギーは、「突然、息子を育てることになるなんて…」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリーもレイのカミングアウトをいまいち理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる――。
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『アバウト・レイ 16歳の決断』レイは幼い頃から自覚しており、16歳でホルモン治療を開始すると決断。レズビアンである祖母ドリーの心配事は、自立できずにいるレイの母親、マギーのこと。レイがマギーを救うお話かも。エル・ファニングお見事。
    いいね

    良い
  • yashikoba1830
    『アバウト・レイ 16歳の決断』多様な生き方を認めることの大切さを学んだ気がする。自分の視野がいかに狭いかを痛感させられる。#eiga
    いいね

    良い
  • damb_hy8
    『アバウト・レイ 16歳の決断』だいぶ唐突に訪れるハッピーエンドといい物語は若干薄めな印象ですが、そこをカバーしている女優陣がみんな良かった。特にエル・ファニングはホントに良かったと思います。
    いいね

    良い
  • ponchansss
    『アバウト・レイ 16歳の決断』自宅鑑賞。タイトルから性同一性障害のレイの話かと思っていたが、実は彼の母親の話で「3 Generations」という原題で納得。女優陣の素晴らしさ、E.ファニングが特には感動する。ラストはアメリカ的。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『アバウト・レイ 16歳の決断』これ、レイの葛藤を描くLGBT映画かのように思うけど、むしろ母マギーがレイのために過去の因縁にケリを付けるっていう話。マギーの葛藤はわからんではないが、ちょっと期待ハズレではあるかな。
    いいね

    普通
  • maytofive
    『アバウト・レイ 16歳の決断』三世代を演じる女優が皆魅力的!重大な決断したレイ自身より周囲の揺れ具合や変化が丁寧に描かれたドラマだった。同性パートナーと長年暮らす祖母すらLGBTの認識はちょっとズレてたりと世代間ギャップも興味深い
    いいね

    良い
  • atsucurry
    レイがまっすぐだから、レイに関わる大人たちの揺れる気持ちがもどかしい。子や親やパートナーを1人の人格として、甘えずに見ることの難しさ、のような。『アバウト・レイ 16歳の決断』
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『アバウト・レイ 16歳の決断』性同一性障害の役どころのエル・ファニングが超魅力的だった。意志の強いキュートな少年になっていた。ストーリーは要素盛りだくさんでもう一回観たいくらい。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【アバウト・レイ 16歳の決断】3世代の人生が集まることで、家族という目に見えない何かが浮かび上がってくるというような話。女優陣の見事な演技がキャラに奥行きを感じさせ、パンチに欠ける物語ではあっても登場人物たちが好きになりました。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『アバウト・レイ 16歳の決断』みんなのアイドル、エル・ファニングが演じるトランスジェンダーの主人公の葛藤をもとに、その主人公を巡る親子の3世代のそれぞれの想いが交錯して最後は本当の意味で家族になるっている映画。故にこの邦題はクソ。
    いいね

    普通
  • kc_katsuyuki
    『アバウト・レイ 16歳の決断』3世代それぞれの生き方がそれぞれの時代を反映してて興味深い。レズの祖母が、「他の女性を好きになるのに男になる必要はない。女性のままで好きになればいいのに」とレイの決断を理解できないところが面白い。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『アバウト・レイ 16歳の決断』レイよりも母親マギーが主役よね?と思ったら、演じるナオミ・ワッツは制作側にも名前が(笑)。顔はかわいいけど、仕草が少年になってるエル・ファニングが素晴らしい。色合いが柔らかくて優しい映像。 #映画
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『アバウト・レイ 16歳の決断』レイはとっくに決断していて、そんな彼?を受け入れられるか否かであたふたし、悩むお母さんが主役かな。ナオミはその姿を上手に演じていました。色々面倒なことがある家族だけど、こんな家族があってもいいですね。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『アバウト・レイ 16歳の決断』 ★★★☆ 人は誰もが自分らしく生きる権利があるし、その姿を認めてほしいもの。できれば身内に、家族に。腹違いの弟妹たちから「お兄ちゃん」と呼ばれたときのエル・ファニングの喜んでる表情が最高!
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『アバウト・レイ 16歳の決断』同性愛とトランスジェンダーの決定的な違いが解ると言う意味で、なるべく沢山の人に観て欲しい作品。ただ、作品の主題は決してそこではない気がする。レズの祖母カップルのエピソードが割愛されていたのが残念。
    いいね

    普通
  • pipox2
    『アバウト・レイ 16歳の決断』エル•ファニングがイケメン☆同性のパートナーと同居の祖母、シングルマザーの母、トランスジェンダーの娘が息子になる決意をしたことからはじまる家族の話。実の父の秘密で露見する母親の脆さ。祖母と母の口喧嘩が、まんま母と息子の口喧嘩なのが面白い♪
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『アバウト・レイ 16歳の決断』@新宿ピカデリー♪レイというより母親の物語のように感じた。
    いいね

    普通
  • kmrks
    『アバウト・レイ 16歳の決断』(3 Generations)鑑賞。015 女性が主役だと高いメッセージ性が要求される。男性はそれがなくても映画が成り立つ。男性映画は映像、女性映画は物語。エルの役割は狂言回し #eiga
    いいね

    普通
  • kmrks
    『アバウト・レイ 16歳の決断』(3 Generations)鑑賞。015 原題の通り3世代の話。スーザン・サランドンがいるだけで全てのキャストが霞む。世代間闘争ならナオミに加勢したいけれど明らかな開き。 #eiga
    いいね

    普通
  • masaji0101
    『アバウト・レイ 16歳の決断』新宿ピカデリー。主役は母親のマギーだよな。LGBTがテーマの中心ではなく、家族の在り方を描いてる映画かと思いました。邦題はミスリードじゃないかな。様々な問題を乗り越えて家族皆が成長して行く物語。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...