TOP >作品データベース >しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

みんなの感想/評価
「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    96
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
3,662
ポジティブ指数96
公開日
2018/3/3
原題
Maudie
配給
松竹
上映時間
116分
解説/あらすじ
カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。カナダ東部の小さな町で叔...
(C)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frodopyon
    <しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス>つっけんどんなエベレットと意外と自己主張が巧いモードの距離が縮まっていく流れが自然で優しくて好き。最初は、彼の後を歩いていたモードが、ちょこんと台車に乗せてもらうようになるとか、ね。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』E.ホーク目当てで鑑賞。彼は勿論素晴らしい。もう一人の主人公S.ホーキンスとの関係性の変化が絶妙でリアル!感動を煽り過ぎない演出と風景が刺さりました。逸れ者同士の愛って本当に泣ける・・
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    不自由な体にも関わらず画家として成功したモード・ルイスと、その夫エヴェレットの不器用な夫婦生活を描いた『しあわせの絵の具』は、彼らが時間とともに互いのかけがえのない存在になっていく過程が丁寧に描かれた感動作。質素だが価値ある出来。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』幼い頃リウマチを患い手足が不自由な孤独なモード。愛を知らない武骨な夫エヴェレットと「夫婦になっていく」姿にすっかり心を持って行かれた。心の自由は誰にも奪えない。サリーとイーサン素敵!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』サリー・ホーキンスの演技とイーサン・ホークの演技のバランスがいいのかな。ほのぼのとした映画に仕立てている。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』それほど期待してなかったけど面白かった。障害を持ったモード・ルイスが家政婦を探している魚商の男の家に転がり込む。最初は役立たずだったモードだが絵の才能を見出され、やがて絵を売るまでになっていく。外れ者同士のラブストーリーは絵の中に。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(Maudie)鑑賞。042 サリーとイーサンの不器用な感じに引きこまれる。期待より無骨でよかった。 #eiga
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』不器用な夫婦のドラマ化。荒くれ者の旦那に病気持ちの嫁。話が進んでいくうちに夫婦の愛情がほのかに見えて、出てくる人たちの印象も変わってゆき、主役二人が実際の夫婦にしか見えない。
    いいね

    良い
  • rana_1230
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』大切な人に「いつも貴方のことを想っているよ、大好きだよ」と伝えたくなる…こんなふうに愛されたい。お互いがお互いを必要とし、絵の中にたくさんの愛が詰まっていて、とても良かった。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』モードの夫の「昭和の頑固おやじ」的な男尊女卑な態度に耐えられず、とはいえそんな夫と共に貧しい生活をしていたからこそ、その現実逃避先としてモードの世界はあるのかと思うとやるせなかった
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』一番印象的なのは、まるで子供が描いたようなカラフルで生命力に溢れた彼女の絵。当時は夫が妻に手を上げるのは普通だったのかもしれないが、絵の幸福感と映画の中の彼女の人生にギャップを感じた。
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』鑑賞。きっかけはどうあれ夫婦として信頼し支え合って行く。現代的視点で考えると色々とソレ駄目でしょな部分もあるし、何となく打算が透けて見える部分もあるけど、夫婦ってそんな感じなのかね?
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』裕福な暮らしとは言えなかったかもしれないが、彼女と彼にとってそれはしあわせな時間であったことが、彼女の絵の中にあらわれている。半魚人とより無骨ながらも彼女を愛す彼との恋のほうがいいね
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』シネマイクスピアリにて鑑賞。夫婦の愛の物語。年老いても可愛く少女のようなS・ホーキンス。無骨な中にも奥底には妻への深い愛情がある夫、妻もまた夫への愛とひた向きさがある。良い映画でした。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』とっても不器用な2人が、少しずつ惹かれ合い、それをうまく表現できないけど、お互いが必要な人となっていく。2人とも芸達者!#映画
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』絵を描くサリー・ホーキンスと絵にかいたようなツンデレのイーサン・ホーク。ひとりで、そしてふたりで夏も冬も何度も行き来する町への長い道。付抜けた邦題にめげずにみると吉。地味に傑作。
    いいね

    良い
  • adabana_x_x
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』@新宿ピカデリー 不器用な二人が徐々に打ち解けていく様が鮮やかに彩られていく小屋とシンクロするように丁寧に描かれていてとても良かった。切ないラストシーンからのエンドロールがとても印象的だった。
    いいね

    良い
  • nagao_max
    『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』二人の演技が最高でした。メイクだけでなく、仕草喋り方そのものから年老いたことを感じさせる二人は素晴らしい。自宅へ戻ったルイスが看板を家の中にかたづけるラストシーンが、とても印象的です。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス>作品で描かれたモードの半生は、エヴェレットの住み込み家政婦になるところから最期まで。I see you. と向かい合ってと隣り合って。モードからとエヴェレットから。どちらの場面も好き。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...