TOP >作品データベース >去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

みんなの感想/評価
「去年の冬、きみと別れ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    49
  • 普通
    13
  • 残念
    2
総ツイート数
5,089
ポジティブ指数93
公開日
2018/3/10
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
118分
解説/あらすじ
芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーで、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などで俳優としても人気の岩田剛典主演で実写映画...
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trans_american
    『去年の冬、きみと別れ』すっかりダマされたべ。計画通り行くかあやしいけど、どのキャストも演技力あって、脚本も悪くない。観てソンじゃない邦画だと思える。もうちょっとヒロイン?の山本美月の出番がほしかったかな
    いいね

    良い
  • Rstyq
    『去年の冬、きみと別れ』よく出来てる。原作読了してたんですが、内容もう忘れてたので原作がもう一度読みたくなるような内容。原作抜きにしてもこれは皆騙される内容なんじゃないでしょうか。22年目の告白みたいなある種の爽快感がたまらない。
    いいね

    良い
  • 753san_
    『去年の冬、きみと別れ』 ミステリー好きとして見に行った作品。見てく内に騙されていた自分に気づく。何が真実か、嘘か、見てる側も分からずハラハラ。最初の見る映画間違えたか?感は異常だが、それも含め騙された。謎が解けた時、爽快
    いいね

    良い
  • mooovie
    『去年の冬、きみと別れ』を鑑賞。ごくありふれたミステリーかと思いきや、気づかない仕掛けに騙されてしまった。思い込み、先入観はよくないなぁ。あるライターがとある事件を調べていくのだが・・・。ラストも何とも言えない余韻が残る感じだった。あんまり明るい未来は見えない気がしたけど。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『去年の冬、きみと別れ』まぁ、どうなのかな?と思ってましたが、色々と評判良かったので観てみたら、結構本格的なミステリーで、結末もかなり意外でした。撮影事故によりモデルを死亡させた写真家に密着するという導入。最後まで気が抜けず良し
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『去年の冬、きみと別れ』原作未読。「絶対騙される!」とか言われると、絶対騙されんぞと意気込んで観てしまうので、8割くらいは予想つきました。けど、構成良かったと思う。工と北村さん、さすが。後、朱里の子どもの頃の役の子、うまかった!
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『去年の冬、きみと別れ』巧みに思い込ませ華麗に覆す。それを鮮やかにやられると堪らない快感を覚える。ストーリーにしろ登場人物にしろ無駄が無い。各々が重要な役割を担っており、巧みに絡み合うから面白い。やはり物語自体に力がある作品は強い。
    いいね

    良い
  • saramaro5682
    『去年の冬、きみと別れ』斉藤工さんのなにやら不思議な青年が犯人と思わせる狂気の目は観ている者もきっとそうと思わせていく演技に脱帽。岩田さんの押さえた演技にも惹かれますね、そしてふと見せる笑顔との対比が凄い
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    確かに騙された映画=『#去年の冬、きみと別れ』 物語もだけど、岩田くんの演技があんなに良いなんて…騙された。今時の中身が薄い系若者演じさせたらピカイチかもしれない
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】去年の冬、きみと別れ 見ていた。◎。構成を含めて悪くはなかったと思う。三人の男、岩田斎藤北村は、皆おかしく、だんだん同じ顔に見えてきたのも良かった。ただねぇ、冗長。あと、今の若い人は壁一面に、するのかね、とは思っていた。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『去年の冬、きみと別れ』騙されるという謳い文句が焼き付いていたので要所で騙されないぞと疑いながら観てしまったが、原作がいいのか脚本がいいのかよくできていて最後まで見逃せない展開でなるほどなあっと。彼のしてやったりかな #冬きみの秘密
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『去年の冬、きみと別れ』「咲ーsaki」の天江衣役、「橋ものがたり」の広次の幼馴染役で印象に残っていた子役が本作では「朱里」の少女役として登場。大人たちも陵駕するほどの演技を見せてくれたのは #菊池麻衣 さん。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『去年の冬、きみと別れ』邦画には珍しくド級の心理サスペンス。序盤から中盤後半と次々に主人公が変化、意外な展開からリセット、また新たな真実が見える。モンスターになる両主演俳優が熱演。何故か後半2人が重なる意外性。秀作 #映画
    いいね

    良い
  • nieve822
    【去年の冬、きみと別れ】サスペンス小説の映画化。ガラリと変わる中盤からきっちり伏線を回収して、鑑賞後はおぉそういうことか…と。2時間あっという間で面白かった。北村一輝が圧倒的に上手いなぁ。原作を読んでみたい。
    いいね

    良い
  • tobi25252
    『去年の冬、きみと別れ』面白かった!確かに騙されるところもあるけど、展開が読めるところもあって、騙され度は50%くらい。終盤登場人物達がタネをただただしゃべっているだけなのは少しマイナス。ある登場人物の豹変っぷりが素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • ta2mix910remix
    『去年の冬、きみと別れ』my映画館2018#25>恋愛作品みたいなタイトルからミスリードな訳で。 第二章から始まる仕掛けも、主人公の狙いは薄々感じれるが、終盤のえげつなさにはニヤリ。 でも、ズシリと来ないのが韓国作品との違い。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『去年の冬、きみと別れ』数えたカットは1002。ちょっと書き割り感のあるカットや設定もあり、特に前半は期待外れかな、と思ったしやや都合のいい展開もあり。ただ、クライマックスはカットに緊張感があり、満足して映画館を出ることができた。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『去年の冬、きみと別れ』鑑賞。ミステリとして観ていた向きもあるので、途中で起こる事件はミステリの法則でいけばこうだよね、というところまでは当たっていた。しかしその先の物語が予想を超えていてちゃんと騙してくれた。斎藤工以下役者陣のよさも映画の物語性を支えていた。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『去年の冬、きみと別れ』鑑賞。原作未読。語り方が巧妙でとても面白い物語。岩田剛典始めメインのキャスティングも納得だ。2時間没頭できたが映画としてはパンチに欠ける感じも。12Rボディブローばかりで山がなく、話のための人物描写なので感情は動きにくい。最後はきっちりガラパゴス邦画に。
    いいね

    良い
  • DoughnutsCinema
    『去年の冬、きみと別れ』はい傑作🎞時系列の見せ方がアカデミー編集賞すぎて誰もが騙されるサイコスリラー・ミステリー!キャストの怪演が凄すぎるし、それを浮き彫りにする逆光の演出を多用した印象的な映像もお見事です🙌✨オススメ度5/5
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...