TOP >作品データベース >希望のかなた

希望のかなた

みんなの感想/評価
「希望のかなた」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    33
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
3,144
ポジティブ指数96
公開日
2017/12/2
原題
Toivon tuolla puolen
配給
ユーロスペース
上映時間
98分
解説/あらすじ
フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続いて難民問題をテーマに描き、2017年・第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマ。シリア人...
(C)SPUTNIC OY, 2017
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 370sana
    映画『希望のかなた』。シリアからヘルシンキへ逃れて来たカーリドが出会う優しい人々。ドラマティックな演出はなく、淡々と物語が進む。ヘルシンキの人たちの優しさも、情熱的なところは見えず淡々と描かれる。退屈するかと思いきや、そんなこともなく鑑賞。
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『希望のかなた』@角川シネマ有楽町♪クールな表情やリアクションとは裏腹にじわりじわりとくる温もりはやっぱ独特で、考えさせられつつも面白さがある。中でも日本ネタは強烈で楽しかったんだけど、これ海外の人にはどう伝わるんだろ…(^-^;)
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『希望のかなた』いつものカウリスマキ節が冴える。違うのはもっと直接的な印象が強いこと。社会派でありながら娯楽映画としてバランスを取って魅せる技量は脱帽モノ。結論を押し付けない姿勢が兄妹の組み合わせに表れていると思った。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『希望のかなた』劇場で鑑賞。カウリスマキ監督独特のユーモアと淡々とした間合いは健在ながら、本作には昨今の難民を取り巻く情勢に対する明確な怒りも感じられる。現実で救えないならばせめて映画の中で、という監督の優しい視線が沁みる。秀作です
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『希望のかなた』相変わらず独特な間がおかしみを誘うアキ・カウリスマキ監督の難民をテーマとした映画。難民を巡るいい人も悪い人も。異邦人交流というドラマだけどラストは悲劇なのかな。でも妹は救えたから兄の思いは叶った映画。音楽がやっぱいい。微妙に日本びいき?わさび効きすぎだけど。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『希望のかなた』無表情な人物に最小限の台詞、唐突な展開の連続。なんてぶっきらぼうなんだ。なのに作品からは慈愛が伝わる。ダークで寒々しい画面に光が射すように闇が覆うこの世界も優しさに包まれていた。構図も音楽もユーモアも質感も好き。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『希望のかなた』@ユーロスペース|35mmフィルムのざらざらした質感が、なんとも言えない叙情感。懐かしさを感じるのは古き良き日本の人情話に通じるからか、法では守られない人を助ける人々のさりげなさに痛み入ります。あ〜いい映画だった。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。『「希望のかなた」寿司ネタに塩漬けニシンはダメでしょ。それ、美味しくないからぁ~!』 https://twitter.com/yukigame/status/940269533197037568
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『希望のかなた』フィンランドの難民問題。シリアから流れ着いた難民の青年が入国拒否をされ絶望するが、捨てる神あれば拾う神あり。国に捨てられても、市民の優しさが希望となる。とても心地の良い優しさに包まれて、じわじわと温かさがしみる作品
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿ピカデリーでアキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』を鑑賞。移民の話。なんだかんだでみんなやさしいのよね。ぶっきらぼうな感じだったりするけど。なんか皆、めげてないところもいいなー。やさしい気持ちになるね。
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『希望のかなた』 いやまあ唐突な描写ってこの人の作品にはよくある事なので違和感ありまくりって程でも無いんだけど。 ところでカジノシーンは何だったんだっけ?
    いいね

    良い
  • hanuman84
    『希望のかなた』 お人好し率高めなところカウリマスキらしくて安心!…とはいかないところもあったけど暴力的な描写はあんま得意じゃ無かったんだろうなあ、坊主の人達の出番が結構とってつけたようで。
    いいね

    良い
  • akato2023
    希望のかなた カウリスマキ監督の特有の表現方法にかつてない鋭さがある演出と脚本が良い。 悲哀と失望で満ちた社会的風潮を共感によって感化させようとする力が込められている。
    いいね

    良い
  • marco_22nd
    この監督らしい色彩と画面構成と音楽とユーモアで、難民、人種差別などの問題を映画でしかできない方法で見せてくれた。今年もたくさん楽しい映画、良い映画を見たが、この年末にベストな1本がきた。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『希望のかなた』(Toivon tuolla puolen)鑑賞。157 原題そのままの良い邦題。クスクスと笑いもあり厳しい現実と薄明かりの希望。あの高緯度の陽射しと似た希望。 #eiga
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【希望のかなた】国は無慈悲だが人は助けてくれる。大統領が難民排他に躍起になる某国の人々に監督が送った応援メッセージの様に思えてならない。抑制されたユーモラスな動きと美しいカウリスマキ・ブルー健在…優しいフィルム質感も嬉しい。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「希望のかなた」観了。シリア難民を題材にカウリスマキ節が炸裂。世知辛い現実の中で与えられる、僅かばかりの精一杯。そんな人々の不器用な優しさが、可笑しみを纏って連なって、愛おしくてしょうがない。その先にあるのは喜びか、悲しみか、明快な答えはないけれど、希望だけは誰にも消せない。
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「希望のかなた」ショートレビューUP!あの「ル・アーヴルの靴みがき」から6年。カウリスマキが描く、故郷フィンランドと難民。はたしてそこは本当に”希望の国”なのか。優しく切なく美しいが、その裏に沸々とした怒りが沸き上がる。… https://t.co/6flVU4ZKGp
    いいね

    良い
  • noraneko285
    ショートレビュー「希望のかなた・・・・・評価額1750円」 https://t.co/gGNMDdva8V
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「希望のかなた」カーリドは北欧にあっては小柄だ。劇中に、カーリドのことを執拗に排撃しようとする巨漢ネオナチが出てくるが、彼らは難民の背景にあるものなど全く関心が無いのだ。フィンランドは戦争がないだけで、難民の希望の国。しかしたどり… https://t.co/JGo9yjR9hQ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...