TOP >作品データベース >リズと青い鳥

リズと青い鳥

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    51
  • 普通
    4
  • 残念
    3
総ツイート数
109,072
ポジティブ指数89
公開日
2018/4/21
配給
松竹
解説/あらすじ
高校生の青春を描いた武田綾乃の小説を『聲の形』の京都アニメーションが映画化。あの子は青い鳥。広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。高校三年生、2人の最後のコンクール。その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。「なんだかこの曲、わたしたちみたい」屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。「親友」のはずの2人。しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。
(C)© 武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『リズと青い鳥』@ 塚口サンサン劇場、特音静寂上映弐回目観!迷ったが逝って良かった!自身が全然この物語の展開を把握出来てない事に気付かされた!のぞみの痛みがよく解る。あの振り返った顔は吹っ切れた笑顔に違いない!鎧を斬り突く剣。翳す傘。ナツキとユウコ。好きハグの意味。染みた!
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『リズと青い鳥』鑑賞。互いの大好きなところを言ってハグするのは違和感を覚えたのだが、思春期の女の子だとありかとも感じた。そして、たった一人の親友を一図に思う主人公の姿は友情なのは恋愛なのは区別がつかないが、大切なのは感情でありそこに名前をつけることではないと思わされた。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『リズと青い鳥』少なからず誰しもの琴線に触れる二人の少女の友情と自立を描く本作。そのみずみずしくも不安定な思春期の雰囲気を、最小限の説明と圧倒的な表現力の情景とエピソードの積み重ねで描写。シンプルだけど新たな青春映画の傑作。
    いいね

    良い
  • rocky_monkey
    『リズと青い鳥』ただのレズっ気満載のアニメかと思ってましたけど。あー…うんうん、いるよね、こういう子。と、自分達はどっちがどっちだろうかと考えて観てました。 見せ場の曲は最高に素敵でした。
    いいね

    良い
  • mytako21
    『リズと青い鳥』★★★☆☆
    いいね

    普通
  • HayashiNoOto
    『リズと青い鳥』現実から綺麗なものだけ掬いあげたら、こんな世界が生まれるのかな。 鳥かごのような閉じた世界の中で、深く深く心の奥へと2つの旋律に導かれていく。 たどり着いた場所で出会えた、あなたの姿はリズですか?青い鳥ですか?
    いいね

    良い
  • shi_i18
    『リズと青い鳥』幕張ULTIRA。夢みたいに綺麗な画面で、音楽も美しくて、別世界に行ってた。オーボエのソロが本当に素晴らしくて、気づいたら一緒に泣いてた。そしてハグの力ってすごい。本編を知ったらさらに深まるのかなー。
    いいね

    良い
  • tomoz119
    『リズと青い鳥』ひりひりする。やばい
    いいね

    良い
  • draemori
    『リズと青い鳥』タイトルに例えるとこう?と思わせて、の裏切りがあざとくない。LGBT理解が進む中、それでもこれをそのまま男同士ではできねえべなと思ったり。パンフ売り切れてたのが残念。どっかに残ってねえかな。
    いいね

    良い
  • draemori
    『リズと青い鳥』響けの関連作だったのね。大元のほう全く知らんかったけど単体で楽しめた。こういう系のアニメには同世代の男が登場しない不自然なファンタジー設定があるけど、会話の中にだけ出てきてて、何とかしようとしたのかな。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『リズと青い鳥』響け!ユーフォニアムの続編というわけでもないのかもしれないが、その色が濃いのかな。なかなか思いが伝わらない2人だが、その揺れる青春のなかで彼女たちが導き出した答えにじんわりと感動を呼ぶ。でもちょっとおとなしいけどね
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『リズと青い鳥』テレビアニメを観ていないし、このシリーズについて、全く白紙の状態で鑑賞。ガチャガチャとうるさいアニメが多い中、少女たちの微妙な心のうちを丁寧に表現している。気持ちのすれ違いはあっても、悪い人間が出てこないのがいい。
    いいね

    良い
  • kusapokemattari
    『リズと青い鳥』 女子高生の友情、その内面の描写をこれでもかと2時間した作品。 きれいでそれでいてドロドロしている、山田尚子の神髄といった感じ。 非常に好きです。
    いいね

    良い
  • anime_manbou
    『リズと青い鳥』 控えめにいって傑作だった!
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    『リズと青い鳥』見事ね。流石ガルパンの脚本家さん!(コラコラ)オープニングとタイトルバックが秀逸。こう思わせといて、物語が進むに連れて裏切ってゆく手法大好き。なんかスピンオフみたいなんだけど、完全単品にしか観れんかったよ。
    いいね

    良い
  • ShionSolt
    『リズと青い鳥』、ちょっとした一言が相手に与える波紋とモラトリアムの青春映画。ラストのヘテロフォニー→トニックの保続音→ポリフォニーは、状況をより繊細に補足している。 #映画
    いいね

    良い
  • AzybUXeskeamAFF
    『リズと青い鳥』何度観ても観たりない、こんな作品は初めてです。7回程鑑賞しましたが、観るほどに余韻が強く残ってまた観たい気持ちが込み上げてくる、本当に愛おしい作品です。京都アニメーション、そして山田監督に最高の賛辞を送ります。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『リズと青い鳥』 ★★★☆ 「自分の見てほしいところはそこじゃない」という、好きの種類の違いやもどかしさがとても細やかに表現されていて心に痛く、苦しく、そして美しい。好意を見せては、はぐらかす東山さんの演技も素晴らしい。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『リズと青い鳥』シリーズ未見。希美とみぞれ、岐路に立たされる2人の少女の関係と童話とをリンクさせる展開に、こちらの先入観を逆手に取る巧みさが光る。さりげない演出で人物の性格を表す手法が台詞過多にならず、楽曲や映像表現を際立たせる。
    いいね

    良い
  • boundey_gx
    映像の背景に刻まれる「リズム」に合わせSEと演技を付けているのが凝っている(ここは好みが分かれるだろう)。同じ原作でありながらTVアニメ「響けユーフォニアム」と全く違う雰囲気に仕上がっているのが面白い
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...