TOP >作品データベース >ザ・シークレットマン

ザ・シークレットマン

みんなの感想/評価
「ザ・シークレットマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
70%
  • 良い
    37
  • 普通
    12
  • 残念
    1
総ツイート数
1,112
ポジティブ指数92
公開日
2018/2/24
原題
MARK FELT:THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE
配給
クロックワークス
上映時間
103分
解説/あらすじ
1972年6月17日深夜、5人の男がワシントンD.C.の民主党本部に侵入し、盗聴装置を仕掛けようとしたところを逮捕される。後に「ウォーターゲート事件」と呼ばれる、アメリカ合衆国史上類をみない政治スキャンダルの発端である。捜査を指揮するのはFBI副長官マーク・フェルト。遅々として進まない捜査に苛立つフェルトは、やがてホワイトハウスがCIAを通じ捜査を妨害していることを察知する。事件そのものがホワイトハウスの陰謀によるものだと悟ったフェルトだが、フーバー亡き後FBI長官に就任したグレイはニクソン大統領の忠臣であり、協力は望めない。フェルトは事件の真相を白日の下に晒すため、ある決断をする――。
© 2017 Felt Film Holdings.LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hrhtito
    『ザ・シークレットマン』信念を持って組織に殉じ、家族を大切に思いながらも負担を強いてきたフェルト像は、多分に日本人的。ただ、描写がフェルト周辺とFBI内部に限られるため、事件の詳細を知らないと何が起こっているのかがわかりにくい。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ザ・シークレットマン』どの時代も起こりうる話だが題材はウォーターゲート事件。ディープ・スロートの正体とその理由が明かされる。リーアムがかなりスリムになってFBI副長官を演じる。ダイアン・レインは嬉しいが家族の話はなくてもいいかな…
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『ザ・シークレットマン』#eiga #movie 地味っちゃ地味だけれど、これぞ歴史の裏側のリアル。うん、面白かった。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『ザ・シークレットマン』#eiga #movie ひりひりするような心理戦。やばいよやばいよ、だけどいくのね??いっちゃうのね??ってシルバーヘアのリーアムを見つめる。いやあ、昭和の子には面白かったぞ。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『ザ・シークレットマン』 ▼4/19/19鑑賞 【Prime Video、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • Inji
    『ザ・シークレットマン』観た。見てて息苦しいほどヤバい事態の上、さらに危ない橋を渡る。息苦しい! 地味な映画ではあるけど遊びなく執拗に事件を追う監督の性質が活きた迫真感・緊迫感。終わり方も映画としてめちゃくちゃカッコ良い。
    いいね

    良い
  • tatsumune
    『ザ・シークレットマン』この事件の裏には、多くの人の葛藤があったのだなと、今更ながら思い知らされる。
    いいね

    普通
  • ohtk4i
    『ザ・シークレットマン』/ウォーターゲート事件のことは聞いたことがある程度で中身はよく知らなかったけど、スッキリとした構成だったので見易い。少し地味だという思いはあるけど、勉強になった気分を味わえたので良し。リーアムの表情が渋い。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ザ・シークレットマン ♦単純に正しい方が勝つとは限らない。 ⇒ https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=87305401
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ザ・シークレットマン(2)>『巨悪に立ち向かうには正攻法では太刀打ちできないし、多大な犠牲を強いられる』というのはどの時代も同じだなぁ。ブルース・グリーンウッドってこの作品にも「ペンタゴン・ペーパーズ」にも出てるのね。#movie
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ザ・シークレットマン』FBIの変遷とかウォーターゲート事件とか、アメリカではどんな位置を占めるのだろう。民主主義やジャーナリズムや国家というものをどう捉えているのだろう。緊張の日々の中、気のおけないジャーナリストとの会話がしみた。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『ザ・シークレットマン』FBI副長官自らマスコミに内部告白。ウォーターゲート事件ってちゃんと知らなかったけど、こういう話だったのか。。家庭に問題を抱えながら正義と信念に基づくマーク・フェルトの行動に敬服。「大統領の陰謀」も観なきゃ。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ザ・シークレットマン』@ 塚口サンサン劇場観。燻し銀の銀髪リーアム!話の進展は地味でエンタメ的に…だが人知れず暗躍する諜報機関の情報漏洩捜査の緊迫感は上々。ただ筋は知らなくても展開で結末が予想つく分持続するのには派手不足。D・レインやE・マーサン演てるの知らなくて得した気分w
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【ザ・シークレットマン】シブい演技合戦が見ものの作品ではありますが、とは言ってもやはり全体的に地味な印象…。ただ、『大統領の陰謀』『ペンタゴン・ペーパーズ』と合わせて観ることで一気に魅力が倍増する作品でもあります。合わせ技で一本!
    いいね

    良い
  • shikimorinosuke
    『ザ・シークレットマン』原題マークフェルト。あくまで局内の権益と独立を守ろうとしただけだが、回り回って民主主義の利益になるというところにアメリカのストラクチャーの緻密さ、強さを感じる。日本の政治の脆弱さを逆に感じる。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ザ・シークレットマン』ニクソンが送ってきたFBI長官代理との駆け引きや緊張感ある展開(マスコミリークとか)。その中でやっぱ家族の物語もでてくるんだけど、結末も重い。密告者を「ディープ・スロート」というあだ名で呼ぶのだがそこだけは笑ってしまった。誰も笑ってなかったけど。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ザ・シークレットマン』これは傑作。『ペンタゴン・ペーパーズ』のように甘くないし、フーバー亡き後のFBI副長官が「大統領の陰謀」と闘うという映画。ウォーターゲート事件の内幕ものだけれども今現実にトランプ政権がFBIがとの駆け引きとかあるわけだから過去の物語でもないんだよな。
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『ザ・シークレットマン』鑑賞中に昔観た「大統領の陰謀」が記憶に蘇った。この人が「ディープスロート」だったのか。告発者がこんな大物だとは思わなかった。報道機関同様、捜査機関も統治者のために働いているわけではない。今の日本には痛い映画。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ザ・シークレットマン』ウォーターゲート事件を知ってはいるけれど、もう少し勉強しておけばもっと面白かったのかな。正義のために内部告発をして大統領に制裁を、こんな大事なのに地味な作りが少し残念かも。そして、その後の人生も辛そうで・・
    いいね

    普通
  • ssataka
    『ザ・シークレットマン』今回はアクション無し。ウォーターゲート事件の告発者ディープスロートを主人公にニクソン大統領を辞任に追い込むまでを描く。今作の苦悩する副長官役は適任。歴史的事件の概要を知るためには最高機密文書と一緒がオススメ!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...