TOP >作品データベース >ナチュラルウーマン

ナチュラルウーマン

みんなの感想/評価
「ナチュラルウーマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    35
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
1,235
ポジティブ指数96
公開日
2018/2/24
原題
Una Mujer Fantástica
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
104分
解説/あらすじ
物語の舞台はチリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーの女性マリーナは、年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドが亡くなったことで、彼女は思いもかけないトラブルに巻き込まれることに。最愛の人を失った悲しみの最中に浴びせられる、不躾で容赦のない差別や偏見。それでもマリーナは、愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向いて歩き始める――。
© 2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xxtonchiki
    『ナチュラルウーマン』#eiga #movie 自由の時代っていうけれど、アイデンティクライシスの問題はなくならない。ずっと「プリシラ」の「都会が私たちを守ってくれる」という言葉を思い出していた。今もそう?そうなんだろうかって。
    いいね

    普通
  • xxtonchiki
    『ナチュラルウーマン』#eiga #movie あのサウナのロッカーの中にあったものは何だったのか。それが主題に繋がることはもちろんだけれど。恋人は自分の前の人だけでなく、「普通」の結婚と家族を持っていたという事実が主人公を揺るがす
    いいね

    普通
  • renn6161
    『ナチュラルウーマン』アレサ・フランクリンの「ナチュラルウーマン」が流れるシーンが好き。自分たちだけが正統派で他は非難していいという考え方の浅ましさ。どんな風にも正面から立ち向かってゆく彼女の描き方も好き。ダニエル・ベガの歌声も最高
    いいね

    良い
  • pipox2
    『ナチュラルウーマン』トランスジェンダーの女性歌手が、年の離れた恋人が自宅のベッドで亡くなったことで…最愛の人を失った悲しみ、不躾で容赦のない差別や偏見が切ない~。それでも愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向くヒロインが素敵☆
    いいね

    普通
  • yes_exclamation
    トランスジェンダーへの偏見と差別が直喩そのままの“逆風”で描写される。裸体を撮影された恥辱後の「困難は人を強くする」が鍵となり、男性用サウナへの潜入でカタルシス。ロッカーの中身を得て、彼女は“怒り”を手にする。『ナチュラルウーマン』
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ナチュラルウーマン ♡他人は自分を何らかの枠に嵌めて見ることしかできない。だから、 ⇒ https://mixi.jp/view_bbs.pl?id=87358525&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • maytofive
    『ナチュラルウーマン』アラン・パーソンズ・プロジェクトのTimeがすっごくいい。最初は官能的に、二度目はゆったり穏やかに響く。自分が理解できないものへの怖れや嫌悪感は凄まじいな。総て乗り越えたヒロインの自信に満ちた歌声が美しかった!
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ナチュラルウーマン』#movie 途中の定番 #NaturalWoman と最後の #アランパーソンズプロジェクト #Time が印象に残りました(^_-)-☆
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ナチュラルウーマン』MTFの主人公が急病でパートナーを亡くすのだがその死因に警察や親族から疑惑の目を向けられというお話。考え方の違いが如実に表現されているところが秀逸でした。人間の愛と繋がりに注目したストーリーが素晴らしい。良作!
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ナチュラルウーマン】皆と違うからという理屈で批判される理不尽さ。同性愛に比べて、トランスジェンダーに関してはまだまだ理解が進んでない(自戒を含め)ように感じますが、本作は何のどういう部分に息苦しさを感じるのか丁寧に描いていました。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ナチュラルウーマン』この世界の大部分は不寛容でできていて、人生はそんなに都合よくも運ばない。マリーナの歌う「オンブラ・マイ・フ」が切なく優しく胸に響く。オルランドをぜひジェレミー・アイアンズで、UK版やりませんか。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『ナチュラルウーマン』恋人の死をきっかけに様々な逆風に見舞われて自分を見失いそうになったり心が折れそうになりながらも力強く生きるトランスジェンダーのヒロイン。自身もトランスジェンダーである歌手が演じている説得力とヒロインの心を映し出す鏡の表現が味わい深い余韻を残す。良かった。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ナチュラルウーマン』マリーナは品がいい。女であることを謳歌している。謂れなき誹謗中傷に耐えていられたのは、葛藤の末に手に入れた〝ナチュラル〟な自分だからかな。翻弄される人生が常の世で、彼女の凛とした姿に心慄わす。
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『ナチュラルウーマン』あなたのような女性のことは全部分かってるからと言う人物いる。罵るのは簡単だが見終わってみると自分の方こそ何も分かってなかったと気づく。冒頭のオーバーラップと変色、強風シーン等に見られる横移動の反復と差異。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ナチュラルウーマン』邦題に違和感があったけれど、そういうことだったのね。自分をありのまま受け入れ、愛してくれた人を失う辛さ。差別という名の容赦ない攻撃。それを乗り越え、前に進もうとする主人公。彼女が歌うオンブラ・マイ・フに思わず涙
    いいね

    良い
  • nodatetu
    『ナチュラルウーマン』シネスイッチ銀座。第90回アカデミー賞外国語映画賞受賞。主演のダニエラ・ベガの起用が作品に説得力を与えている。パートナーの急死後に浴びせられる偏見や侮蔑に憤りを感じる。警察での撮影シーンは酷い屈辱だが象徴的。彼女の姿を映す様々な鏡が心に残る。観客少なかった…
    いいね

    良い
  • garancear
    『ナチュラルウーマン』終始毅然としたマリーナ、演じるダニエラ・ベガがすばらしい。カウンターテナーの美声も聞かせる。観客として彼女の側に立つので浴びせられる憎悪や偏見に憤るが、夫や父が50才過ぎてトランスジェンダーの若者の元に去るのは辛い状況だとも思う。 #映画
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ナチュラルウーマン』父みたいな人とどういう経緯でそういう関係になったのかはわからないが、彼の死によって家族からひどい仕打ちをされながらもそれに立ち向かう彼女の気持ちにこころが揺さぶられ、思わずがんばれと。チリの火葬てモロやね
    いいね

    良い
  • 624ken
    YEBISU GARDEN CINEMAで『ナチュラルウーマン』を鑑賞。愛する人を失ったトランスジェンダーの女性の話。最愛の人との仲良しな二人を見ているから、家族からはじき出される現状は切ないですね。ダニエルベカさん、よかったです
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『ナチュラルウーマン』妻や子もいるけど相応のシニアになってからの恋愛って結構やっかい。自分を若かりし頃に引き戻してくれるという抗うことができないものなのですね。余談ですが、ダニエラ・ベガがDAIGOさんと重なってちょっと困りました。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...