TOP >作品データベース >君の名前で僕を呼んで

君の名前で僕を呼んで

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    117
  • 普通
    13
  • 残念
    3
総ツイート数
28,438
ポジティブ指数94
公開日
2018/4/27
原題
Call Me By Your Name
配給
ファントム・フィルム
上映時間
132分
解説/あらすじ
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる――。
© Frenesy, La Cinefacture
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yukitsui
    『君の名前で僕を呼んで』一夏の、人に恋する嬉しさや切なさ、苦しさ...全てを味わえる恋愛作品だけど、家族のお話でもある。父親から息子にかけた言葉が素晴らしすぎて胸に響きました。イタリアの夏の空気や自然を感じられる素敵な作品。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『君の名前で僕を呼んで』17歳の気持ちが揺れて震えておずおずと咲いてゆく…なんて瑞々しい夏の物語なのだろう。古代ギリシャでの「Greek love」とはまさにエリオとオリヴァーに他ならない。ユダヤに注目してその意味を考えるのもいい。
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『君の名前で僕を呼んで』/気持ちを少し伝えては試し、そのたびに不安になり、近づいては離れるふたりの恋が甘く切ない。自然豊かな風景はどのシーンも絵画のよう。心の移り変わりを表情のみで見せたラストの長回しは圧巻。父親の言葉も胸に沁みた。
    いいね

    良い
  • ariy_opp1955
    『君の名前で僕を呼んで』ひと夏の物語。同性同士の恋愛と友情の中間。アンニュイな時間からの甘酸っぱさへの転換が見事。美しければ美しいほどに繊細で儚く。ラストの見つめるあのシーンにこみ上げる喪失感は誰もが抱く普遍性の獲得になる。
    いいね

    良い
  • nabecomic
    『君の名前で僕を呼んで』美しいものを美しい時に美しいまま閉じ込めた映画。両親も含め、ダビデな2人も、永遠の友情で花を添える乙女も、関係性も風景も環境も季節も知識もなにもかも稀少なものを抽出して標本にして、遠い遠い世界、本の様な世界。
    いいね

    普通
  • yes_exclamation
    英語圏のイギリスではアプリコットは初めPraccox(早熟の果物)と呼ばれていた。エリオの母親が育てオリヴァーに勧めたものが、早熟な息子と重なり、結ばれた昨晩での彼の行為が“アプリコットの代用”で比喩となる。『君の名前で僕を呼んで』
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #君の名前で僕を呼んで ♡エリオの父親は、とても心と視野の広い人だけど、母親の優しさも好きだなぁ。 ⇒ https://mixi.jp/view_bbs.pl?id=88096651&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #君の名前で僕を呼んで(6)  ♪この作品の音楽の良さに惚れたので爆音(←音量はほぼ普通)上映鑑賞。音が立体的で、強弱もくっきり。どの曲もエリオの心の揺らぎに寄りそうように奏でられていて、映像より彼の想いを鮮やかに浮き上がらせる。
    いいね

    良い
  • mahimahi57
    『君の名前で僕を呼んで』鑑賞。今年ベスト級のラスト数分間。
    いいね

    良い
  • sasorikantoku
    『君の名前で僕を呼んで』ほぼ女子ばかりの場内は物音一つしない静寂の世界だった。男子は外国人客がちらほら。貴重な体験。
    いいね

    普通
  • tatsumune
    『君の名前で僕を呼んで』観客の女子率高目はBLだから?やたら長い映画、ラスト近くの父の講評が聞かせる内容だった。英語、伊語、仏語のめまぐるしい切替が頭の体操に良。
    いいね

    残念
  • j_saka_j
    17歳と24歳の青年のひと夏の恋がなんとも美しく描かれた作品。ラストシーンが苦しくて苦しくて。終盤の主人公の父親の言葉がいい。男の人が涙するシーンにとにかく弱い…ということを再確認。 『君の名前で僕を呼んで』#eiga
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <君の名前で僕を呼んで(5)>英仏独伊etc.相手によって使う言語がだいたい決まっていて、エリオとマルシアは仏語。だけど。マルシアの問いかけをはぐらかすように英語で答えるエリオ。再会した時に英語で話しかけるマルシアの気持ちも切ない。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <君の名前で僕を呼んで(4)>明るい北イタリアの風景に流れるピアノの旋律は、空間を吹き抜けていく風のように、人物の心情にリンクしていく。ざわざわ、ドキドキ、イライラ・・・。そして重なる自然の音。鳥のさえずりや、虫の鳴き声、滝の水音。
    いいね

    良い
  • kazu_play2
    『君の名前で僕を呼んで』「青春とは切なく儚いからこそ稀少的価値がある」というのはわかるし、ラスト手前の父親のシーンはとてもとてもグッと来たしそこだけでも価値があると思うけど、全体的には凡庸だった。 
    いいね

    普通
  • WildChalice
    『君の名前で僕を呼んで』映像もバカンスでゆったりと流れ行く時間も二人の姿も正しく一夏の、って感じがとても美しい映画でした。赤裸々な映像も多く思ったよりただの恋愛ものだったけど終盤の父親の言葉が全てだと感じた。あの一連のセリフ全てかなりの名言だと思う。苦い幕切れも演出が良かった。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『君の名前で僕を呼んで』 ▼7/15/18鑑賞 【セレクト作品上映(2018シネアーツ)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • repee12
    『君の名前で僕を呼んで』エリオとオリバーのひと夏の恋。切なかった。イタリアの田舎風景、自然や町並みがとてもきれいでエリオの弾くピアノもマッチしていて美しく心地よく見られた。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『君の名前で僕を呼んで』青年と少年の一夏の恋を描いた作品。A.ハマーは「J.エドガー」でも同性愛者を演じてて全然違和感がない。T.シャラメはただただ美しい・・!父親の告解?とラストの少年の涙が胸に刺さりました。森も湖も本当にきれい!
    いいね

    良い
  • Raggedtiger_Mmy
    「君の名前で僕を呼んで』ある意味王道な青春譚を風景と共に愛でるのが基本なんだけど、懐が深いようで17歳の息子の繊細な心を弄んでいるようにも思える2人を結びつけるきっかけを作った教授夫妻の真意が気になってしまう。小学生のころ泳ぎに行ったガルダ湖がはからずも舞台で物語と別の所でも感動
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...