TOP >作品データベース >ハッピーエンド

ハッピーエンド

みんなの感想/評価
「ハッピーエンド」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    30
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
102
ポジティブ指数97
公開日
2018/3/3
原題
Happy End
配給
ロングライド
上映時間
107分
解説/あらすじ
「白いリボン」「愛、アムール」の2作連続でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した名匠ミヒャエル・ハネケが、難民が多く暮らすフランス北部の町カレーを舞台に、不倫や裏切りなどそれぞれに秘密を抱えた3...
(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK - ARTE - ORF Tous droits reserves
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hinamyon
    『ハッピーエンド』ハネケでこのタイトルは不穏でしかない。犯罪をSNSで配信するのは注目を浴びたい他に罰してほしいという懺悔の意味もあると監督が語っていたけど、主人公の少女は画面を通すことでフィクションとして捉えているようにも見えた。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ハッピーエンド】移民問題やSNS社会を背景に、他者への無関心を描く割とストレートな作品。ハネケ作品にしては分かりやすいがゆえに説教臭く見えなくもないですが、ウエットになることや答えを提示することはしない姿勢が見応えを感じさせます。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ハッピーエンド』@ 塚口サンサン劇場観。 https://twitter.com/akafundosi/status/970953654483087361 の痢便痔成!なる程壱見意味の無い画が後々に繋がる巧みな構成。幸せな幕が必ずしもそうとは限らない暗喩。だがこの家族の行く末…
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ハッピーエンドみてた。◎。85歳と13歳とその間の家族の物語。固定したカメラと家族の崩壊も良いのだが、リアルで今風な、厨二でネットな話だなと思ったり。HarduinのT-shitのI☆JAPANってそういうことだよね。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    32本目『ハッピーエンド』(@tenpara_tw)。初めてのハネケ作品。スマホ画面の向こうから覗く少女エヴ。不機嫌そうな娘は魅力的であるが、その醒めた視線を想うと怖ろしくもある。皮肉なタイトルと意地の悪い視点が観る者を選ぶ。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ハッピーエンド』母が鬱病で元夫の父の大邸宅に居候してくる少女の目を透して見えてくるフランス・ブルジョワジーの破綻。イザベル・ユペールの遣手のおばさんもいい。息子がどう仕様もないボンボンで。ラストの入水自殺のシーンは一つの時代の終わりの象徴か。日本でもありそうな映画でした。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ハッピーエンド』ブルジョワジーの大家族の崩壊を描いていながらブラックジョーク(フランスだからエスプリかな。監督のミヒャエル・ハネケはドイツだっけ)とも受け取れるような笑うに笑えないストーリーか。85歳のボケ老人を演じたのがジャン=ルイ・トランティニャン。渋い。1
    いいね

    良い
  • 96mazyo3
    『ハッピーエンド』ハネケ初見の私は冒頭から唖然としましたが、SNSによって心が麻痺した少女を演じたファンティーヌ・アルドゥアンちゃんが最高にキュート。登場人物を旧来的な三世帯家族にする事は難民増加が問題になっているフランスの暗喩か?
    いいね

    良い
  • no_emedia
    老いに暮れるジョルジュと 「愛」を確かめたいエヴ 誰かに秘密を打ち明けるのは 自分を慰めるため 果ては自分だけを信じて 自分の思うように 人間は自我が服を着て歩いている 厄介な生き物です 『ハッピーエンド』
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『ハッピーエンド』を鑑賞。いびつな家族の話。登場人物それぞれが何か抱えてますね。はじけてしまいそうな緊張感がありますね。人間、何考えているかわからないものよね。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『ハッピーエンド』様々な問題を抱えた登場人物が織りなす人間模様を描いた作品で題名であるハッピーエンドについて問いかけてくる内容だったのか?なかなか難しかった。観る人に解釈判断を投げつけてくる作風は流石ハネケ監督といった作品でした
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ハッピーエンド』@京都シネマ|裕福な家族の危機が重なり、また、少女が加わったことで、ハッピーエンドどころか、崩壊は加速していく。人間の品性に気付かない金持ちを、ハネケは鋭く風刺していて面白い。不快指数、高め。あの動画が、怖い怖い。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ハッピーエンド』みんながみんな自分勝手なところが面白かった。ネットやスマホにより感情が希薄になっていく人たち。世代間ギャップを埋めるのは、もはや不可能であり、それぞれが違うハッピーエンドを思い描くなら一緒に暮らす意味はあるのか。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ハッピーエンド』一見幸せそうに見えて、修正不可能なほど歪んだ家族。徹底的に「綺麗事」を暴く点では潔さすら感じる。一番信頼できないのは実は家族なのか。ハッピーとはかけ離れたエンディング。これが現実世界だと言われたら、ぐうの音も出ない
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ハッピーエンド』本当に嫌味なタイトル。見方によってはハッピー?・・・とも思えません。理解不能な他人の考えを見た感じだけど、不穏な空気感から目が離せなかった。善悪も理解しているのに、平然と事を行う少女が恐ろしい。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ハッピーエンド』パーティに招待されている客などからみると、何不自由ない裕福な家族に見えるのだろうが、家族がその内面に抱えるものが観る者の心を掻き乱す。一筋縄ではいかないハネケ作品。ハッピーエンドとは、何と皮肉なタイトルなのだろう。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ハッピーエンド』ハネケがハッピーな映画を撮るとは誰も思わない。ポスターの場面の皮肉が効く。本当にラストにはインパクトがあった。歳とって丸くなるどころかSNSやスマホ動画を使い意地悪さ全開の監督、やるなあ。 #映画
    いいね

    良い
  • snake954
    『ハッピーエンド』みる。
    いいね

    残念
  • maccha6madame
    『ハッピーエンド』内容まったく知らずに、題名だけで選んだ。何を持ってハッピーなのか、 そして、エンドなのか
    いいね

    普通
  • maccha6madame
    『ハッピーエンド』難解。なんとなく、本音の部分はわかる。それが怖い。わからなくて、評価出来ない。でも、これだけ見終わって気になるのなら 普通にしておく
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...