TOP >作品データベース >ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金

みんなの感想/評価
「ゲティ家の身代金」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    66
  • 普通
    13
  • 残念
    1
総ツイート数
3,640
ポジティブ指数87
公開日
2018/5/25
原題
All the Money in the World
配給
KADOKAWA
上映時間
133分
解説/あらすじ
1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化した...
(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • gk21nika
    18220『ゲティ家の身代金』まあな、救いようのないはなしよね。まー、ここまで徹底してるとね、誘拐した方が人質に同情さえするよなあ。後味悪いねー、どうにもねーσ(^_^;)
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『ゲティ家の身代金』大富豪ジジイのドケチぶりに腸煮えくり返って血圧上がったよ。ゲティはクリストファープラマーで納得だな。
    いいね

    普通
  • ONOUEX
    『ゲティ家の身代金』 人質が解放されたときに行く当てがなくても、とりあえずはダッシュするんだなと。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ゲティ家の身代金』家族や自分の命よりお金が大事なゲティ翁。お金への執着心はパタリロ並です。本当に金持ちになるにはこれくらいじゃないとダメなんだねきっと。スペ子降板スキャンダルも乗り越えて結果オーライな仕上がり!見応えありました!
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『ゲティ家の身代金』大富豪ゲティのどうかしてる強欲ぶりがすごい。あれだけ財産を貯めてもあの世には持っていけない。他の富豪みたいに図書館だの講堂だのを建てたり、慈善団体を設立すれば後世まで名が残ったろうに。今では会社自体誰も知らない。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ゲティ家の身代金』誘拐してあっさり大金をせしめることが出来てしまうなら、もはやその犯罪はなくならないであろうから、爺さんの言い分も一理あるが、大富豪の爺さんにとって金とは何なのだろう。でも少年もそんなところをうろつく自体おかしいが
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ゲティ家の身代金】ゲティの人間性を、他人の痛みが分からない単なる金の亡者という説明で終わらせなかったことに本作の魅力があると思います。彼が心の奥底で追い求めていた"バラの蕾"が何か示される場面に滲む孤独と空虚さは言葉になりません。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ゲティ家の身代金』身勝手な大富豪を演じたクリストファー・プラマー、急場をしのぐ以上の仕事をしてさすが。スコ爺はいつも強い女性を描いてきたけれどミシェル演じる母親像に彼の愛の奥深さを観た気がする。彼女の表情、佇まいの素晴らしさ。
    いいね

    良い
  • snake954
    『ゲティ家の身代金』みる。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ゲティ家の身代金』俳優陣は皆見応えあるが、急遽代打登場のC・プラマーの守銭奴ジジィぶりは圧倒的存在感。イヤな人物に魅力的な血を通わせ、富裕層の孤独と人間不信を見事に感じさせる。編集や撮影の巧みさもリドリー組の優秀さを感じさせる。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    45本目『ゲティ家の身代金』@ TOHOシネマズ与次郎。誘拐された息子を救うため奔走する母親と大富豪の祖父(C・プラマー)の攻防。桁外れの金持ちであるが故の尋常ならざる実話。母親役M・ウィリアムズの強かさと美しさが際立っていた。
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『ゲティ家の身代金』@ tohoシネマズ日比谷♪イタリアンマフィアって容赦ない印象だけど、感情に左右されることの無いある意味誘拐犯より手強いジャン・ポール・ゲティがそこにはいた。すんごい爺さんだったけど、自分の身内だったら嫌だな…。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ゲティ家の身代金』誘拐された孫、救出する母、大富豪の祖父の3つの視点から実話をなぞりつつ、毒の強いスリラーに仕立てたのはリドリー・スコット監督の手腕。身代金交渉拒否は驚くが言いなりになっては他の家族も危険という石油王の言葉は重い。
    いいね

    良い
  • OHpeugeot306
    『ゲティ家の身代金』 寄り気味のカメラで俳優をたっぷり鑑賞できる映画。 はじめて観たミシェルも意思が強そうでよかった。 クリストファーは安定感抜群。 新しいものを期待しないで行くべし。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ゲティ家の身代金みてた。◎。事実にインスパイアされた物語。作りは手堅い。誘拐に関する事象の展開もだが、キャラクタの変わり方がリアルだった。こうしてみると他のことはだめなオカンが爺さんには的確な攻撃をしているのが笑っていいのか。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ゲティ家の身代金」@TOHO日比谷。主演C.プラマー演じる守銭奴大富豪の描写やイタリア警察の無能さ描写に拘り過ぎ。爺様の演技がハマってただけに冗長な展開が続くのが残念。耳切断後の風に舞う新聞のシーンは映画的で大好物。テンポの悪さがM.ウィリアムズの熱演をかき消してしまっている。
    いいね

    普通
  • SARUCO1013
    『ゲティ家の身代金』タチの悪い冗談かと思った〝耳〟は、ご愛嬌。ゲティの愛したものは、求めたものは何だったのか。金もポールも放棄した時、彼の心によぎったのは何だったのか。イタリアンマフィア、怖い怖い。誘拐犯の車は可愛いのにな。
    いいね

    良い
  • movielong
    『ゲティ家の身代金』を観てきました。ネタバレ少なめ。 https://ameblo.jp/movielong/entry-12382241044.html http://getty-ransom.jp/
    いいね

    良い
  • 2440560316
    『ゲティ家の身代金』 人権侵害暴力拝金主義、そういう男性性を幼稚と判断し、受け付けられなくなった。「なんだ、クソ野郎がどうせ死ぬなら1カ月前に死んでくれてりゃ良かったのに」とアビゲイルと私が気付いてなかったのが、どんでん返しだった。
    いいね

    良い
  • kryptonite_jpc
    実に手堅い作りで、それ故全体的に緩慢。もう少しテンポが良ければ怠い中盤までの緊張感も増したのではないか。実話に忠実だとしたら仕方ないが…。全編に渡る映像美、ミシェル・ウィリアムズ、急遽代役のクリストファー・プラマーの演技は見応えあり
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...