TOP >作品データベース >響 -HIBIKI-

響 -HIBIKI-

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    69
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
4,649
ポジティブ指数90
公開日
2018/9/14
配給
東宝(株)
解説/あらすじ
物語の舞台はスマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は「響」。15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく――。
Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ma_MJ
    『響 -HIBIKI-』クセのある俳優陣にアイドルとモデルをぶっこんだら、良いケミカル反応で良作が出来上がった感じ。一番、某演技を際立たせてしまったのが北川景子だった(^_^;)
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『響 -HIBIKI-』#eiga #movie ほんと色々突っ込みどころはあるけれど、なかなかのものだった。「アイドル映画」と敬遠するのは勿体ない。ラストもにやりだったしねw。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『響 -HIBIKI-』#eiga #movie ヒロインの棒読み的セリフ回しもキャラに合っているし、「名前」を売るのに「話題性」ないとというリアルさもヒリヒリ。いいものを書いても報われぬ作家が迎える芥川賞、直木賞発表の日。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『響 -HIBIKI-』#eiga #movie あーアイドル映画ね~とか思いながら観だしたんだけど、あれ?これ面白いじゃん!と引き込まれる。「書く」ことに天才な15歳。世の中に出ることを夢見る他の少女や作家の葛藤など。見ごたえあり
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『響 -HIBIKI-』主人公響のエキセントリックな行動は決して正解とは言いがたいけど、人におもねることなく信念を貫く行動は爽快感がある。そして、響にあまりに真っ当なことを言われてオタオタする大人たちに、自分を重ねてドキドキ😅
    いいね

    良い
  • ONOUEX
    『響 -HIBIKI-』マジで天才
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『響 HIBIKI』 天才小説家が誕生!なぜ、彼女は天才なのか。世間の評価ばかりを気にするアーティストに女子高生が物申す! http://eiga-suki.blog.jp/archives/hibiki.html
    いいね

    良い
  • Ripley2001
    『響 HIBIKI』を観た。 本音はなるべく隠し、耳あたりの良い言葉と一歩引いた行動を取らねば世間様の中では生きて行くのが難しいというのに、この天才少女は全て型破り! 感情移入はできないものの、羨ましさを覚える。 名台詞多し!
    いいね

    良い
  • 32one
    『響 HIBIKI』1017[C]★★★★☆ #movie 漫画の実写化。主人公がアイドルなので如何なものかと思っていたが、漫画の世界観を見事に表現していて、響の生き方は不器用だけど芯が通っているところが伝わるのでとても楽しめた。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『響 HIBIKI』大人社会へ物言いする欅坂の平手友梨奈が、その世界観をそのままに「響」を演じて共鳴できた。ゲス週刊誌記者が正論ぶちかます場面、「響」の正義や持論が社会に受け入れられるのか面白い対決。エンドロール、平手の歌にヒビイタ
    いいね

    良い
  • MondMasa
    響が最後まで素性も小説の内容も全く描かないのは、そもそも天才なんてこのご時世には出現しないから。不明箇所を駆使して天才を描くことしからできない。本作に唯一の欠点があるとすれば、天才の時代は終わったと宣言してしまっているところだ。
    いいね

    良い
  • MondMasa
    #響 HIBIKI 素行に問題ありまくりの天才小説家現る。良き作品を生む作者は良き人でなくてはいけないのか?世論とは?才能とは?この時代にもろフィットした大傑作! 「面白いと思った作品に作者の分際でケチつけないで」など名台詞祭り。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『響 HIBIKI』 ★★★★ 圧巻。「みんなの迷惑をかけてはいけない」という連帯感に束縛されすぎた大人達に痛烈に蹴りかます傑作。いつか人の心を動かす作品を作りたいって思う。自分らしくある事を貫き通せば必ず運命は味方してくれる。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『響』タイトルが兜KABUTOみたいだけど響のプライベートや過去が全く分からない(自室が2回出る、どうやら両親はいる)のでいろいろ想像しながら最後まで見られるのがいい。下谷動物園は都内なのか?12月なのに草木が随分緑だったけど。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『響』漫画は読んだことないけど楽しめた。響の言ってる事は正論もあれば独りよがりな事もあるけどてちの存在感と目力のおかげでなんか納得させられちゃう。原作映画にありがちな原作エピソード全部入れるから消化不良なのは今作も。柳樂と小栗いる?
    いいね

    良い
  • nabe505
    『響 HIBIKI』主演、平手友梨奈が抜群に良かった。ド正論で筋の通りまくった主人公の、いささか直情的に過ぎるモンスターっぷりが小気味好い、というかそれ以上に痛快至極。彼女の対極の存在であるかのような、大人な北川景子もまた良し。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『響 HIBIKI』作品を世に出すという事は世間の批評に容赦無く曝される事だ。その批評に耐え得る事が作品を出す者の条件にも思える。圧倒的な天才である主人公。どこまでも感情移入は出来なくとも自分の心に従う真っ直ぐな生き方には打たれた。
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    ただ映像表現には工夫が感じられない.特に冒頭の「投稿された原稿が…」のシーンはダサダサだし「スゴい」とか「天才だ」との台詞だけではねぇ.難しいのはわかるが「バクマン。」や「ちはやふる」の工夫が少しでもあれば…『響 HIBIKI』
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    「アイドルとは魅力が実力を凌駕している存在」と宇多丸氏が言ったらしいが,この原作(読んでないが)にこの主演を当てた時点で「イケメンと組ませてキャッキャうふふ」な盆百のアイドル映画には勝ったようなものだったかな.『響 HIBIKI』
    いいね

    良い
  • yasuyukikono
    『響 HIBIKI』劇場で予告編観て「目ヂカラある女優さんが出てきたな」と興味を持つもその後AKB案件と知り候補から外しかけたところで伊藤ゴローが劇伴とのことで結局観た.アマデウスものだったのね.アイドル映画としてはかなり良い.
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...