TOP >作品データベース >15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き

みんなの感想/評価
「15時17分、パリ行き」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
73%
  • 良い
    175
  • 普通
    55
  • 残念
    13
総ツイート数
18,628
ポジティブ指数86
公開日
2018/3/1
原題
The 15:17 to Paris
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
94分
解説/あらすじ
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役...
(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • pharmacy_toe
    『15時17分、パリ行き』幼い頃から「人を救う人間になりたい」と神に祈り続けたきたスペンサーが、神に導かれ使命を与えられたのは銃乱射テロ事件の現場。この映画では、彼らが神の使いだからこそ。彼ら本人が演じなければならないと証明していた
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『15時17分、パリ行き』良かった。当事者たちに再現させたのが驚き。自分があの場にいたらどんな行動をとっていたかと考えずにはいられない作品。3人の少年時代からの友情が引っ越しで離れ離れになっても続いているのが素敵で羨ましかった。
    いいね

    良い
  • fuuya
    『15時17分、パリ行き』思ったより電車のシーンが少なくて驚いたけど構成がとてもよかったのでええータイトル詐欺~みたいなのにはならなかったすごい! まあまあドキュメンタリーだったんですけどえんためしてた。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『15時17分、パリ行き』列車の中での犯人との攻防の密室サスペンスと思っていたが、そのシーンはわずかで、彼らの少年時代からそこに至るまでのヒューマンドラマなのね。彼らの少年時代の行動の善し悪しというのは、やっぱり決めつけちゃいかんね
    いいね

    良い
  • hachimusica
    実話が続くイーストウッド監督ですが、本作は映画的なエンタメ要素をあえて除外した作りという印象。3人の青年が事件直前まで本当に普通の若者として描かれているので、事件における彼らの人間性がより際立ちます。身近な英雄は案外いるのかも。
    いいね

    普通
  • snow200
    『15時17分、パリ行き』人生は必然、導かれる、というのはキリスト教的思想?因果応報の思想とは違うような。深い思想の元に作られた再現VTR。『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』と実話ベースが続くイーストウッド監督作品。
    いいね

    普通
  • genzanobuyuki
    『15時17分、パリ行き』 実際のテロ事件を実際に体験した人々で演じるという珍作。 三人の若者を徹底的にヒーローに見えないように撮られている。一般人が、偶然事件に居合わせ、人生の必然として行動し、やはり偶然解決する。一切英雄性が無いことが、じんわりと尊く感じるのだ。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『15時17分、パリ行き』新鮮過ぎる感性の発露未だ止まらず、市井の人間が映画的瞬間を獲得する、現実に限りなく寄ったサラリと凄い再現ドラマ。あくまで虚構である映画の作り方としての怖さ感じつつ監督は一体どこに向かってんだろという気分も。
    いいね

    良い
  • roadstarvsp
    『15時17分、パリ行き』彼らの行いは人生の中で育まれた若しくは生来持っていた気質からののものだというのがよく分かる話でした。本人が演じてるのもスゴいしね。面白い。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『15時17分、パリ行き』観てきた。ここ数年のC・イーストウッドの監督作「アメリカン・スナイパー」や「ハドソン川の奇跡」と比べると見劣る気がするのは、取りあげた題材自体の問題なのか、キャストの問題なのか、監督の問題なのか…
    いいね

    残念
  • ma_MJ
    『15時17分、パリ行き』主人公が某演技なのは仕方ないし逆にリアリティが出ている。ナショジオがドキュメントを作った方が面白いのが作れそうだけど、イーストウッドが監督したことに意味があるんだと思う。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『15時17分、パリ行き』驚くべきは行動の早さだ。躊躇もなくそうする事が当然の如く身体が動いている。もし少しでも行動が遅かったら結果は違っていたかもしれない。行動は一瞬でも背後にはそれまでの生き方が大きく影響しているという事だろう。
    いいね

    良い
  • chikap11
    『15時17分、パリ行き』挫折したり目的と違うことをしても、その積み重ねがある日願いを叶える材料になることもある。その瞬間が突然訪れたとき迷わずつかまえることができたなら。特別な人の人生でなく人生に導かれる誰でも、の物語なのかも。
    いいね

    普通
  • hrsEEE
    『15時17分、パリ行き』今年見た映画で一番感動した。作り物が本物を超えるわけがない⇒なら本物を使ってやれーってことなのか?なんで3人がこの事件に収れんしたのか凄くよく伝わった!
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『15時17分、パリ行き』本人達が演じた人物は下手なんだけど自然体な感じが良い。作品全体としては決して面白みは少ないのだが、奇跡であり必然でもあるテロ未遂事件の顛末は心に滲みる。何とも不思議な映画だった。音楽が相変わらず良い。
    いいね

    良い
  • Take_1974
    『15時17分、パリ行き』事前情報無しだったので、最後のシーンで「⁉︎」ってなり、エンドロールで「‼︎」ってなってしまった😄 ノンフィクションなので話はサラッとしてるけど、「人間の魅力」で流されてしまった😭 祈りの言葉が沁みる
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『15時17分、パリ行き』事件自体があっという間に解決しちゃうので、まぁ昔話を含める展開しかないんだろうけど.. イーストウッドは日本でベタ褒めみたいな記事を読んで、確かにこの作品はそこまでじゃないよなぁと変に納得。
    いいね

    普通
  • trustpine
    15時17分、パリ行き、観ました。2015年に起こったタリス銃乱射事件の犯人を取り押さえたのは、幼い時から親友同士の軍人2人と大学生1人という若者たち。その彼らが事件現場に遭遇する経緯とその半生を描いた作品です。94分の世界一豪華な再現ドラマで、いい意味で期待を裏切られました、
    いいね

    普通
  • 1000ya
    『15時17分、パリ行き』観た。ほんまに本人たちに出演してもらってるんやな英語のせいか演技が下手とか全く思わず観られた。あまりにも呆気なく決着してしまうが故の尺稼ぎが…。子供時代いる??w でも大統領の勲章授与は拍手しそうになった。
    いいね

    良い
  • __Y_Y
    15時17分、パリ行き:当人達の生い立ちの部分の方が多いが、それが最高のエッセンスになってる。事件のシーンは短くてあっさりしてるのだが、生い立ち部分を知っていると、最後に胸にじわりとこみ上げるものがあり、うるっときた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...