TOP >作品データベース >15時17分、パリ行き

15時17分、パリ行き

みんなの感想/評価
「15時17分、パリ行き」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
73%
  • 良い
    173
  • 普通
    54
  • 残念
    13
総ツイート数
18,626
ポジティブ指数86
公開日
2018/3/1
原題
The 15:17 to Paris
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
94分
解説/あらすじ
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役...
(C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 2Cap4
    『15時17分、パリ行き』86点
    いいね

    良い
  • Hewmoon
    『15時17分、パリ行き』全く普通の3人が、アムステルダム発パリ行き高速鉄道タリス車内でテロに遭遇した時、全くの偶然と必然的な運命が交錯した。ドキュメンタリータッチと丁寧な描写はC・イーストウッド監督の新境地か。3人は本人役で主演。
    いいね

    良い
  • masurrey
    『15時17分、パリ行き』見た
    いいね

    良い
  • mahimahi57
    『15時17分、パリ行き』鑑賞。これをやってしまうクリント様はやはりすごかです。。
    いいね

    良い
  • hiro79m2a21sa
    『15時17分、パリ行き』早撮りの名人だけあってチャチャっと撮ったという感じがつよい。 鍛えられた軍人だからできた行動なのかもしれないが、普通の一般人であってもできるのかと問いたくなる。咄嗟の行動に出るという当たり前な話。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【15時17分、パリ行き】15:17の奇跡が日々の偶然の積み重ねで起きたことを描きますが、アンビリバボーと違うのは、そこから"全ての日常は偶然の連続の上に成り立っている"ことを浮かび上がらせる点。そこが何とも感動的。ヘンテコすぎる。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『15時17分、パリ行き』パリ行き特急で起きたテロ未遂事件を丁寧描いた作品。特出すべきは実際の事件にかかわった人物をキャスティングして演技をさせているのですが実にこれが良かった。市居の人々の勇気ある行動を余すことなく伝えた良作です。
    いいね

    良い
  • giftshop_otoya
    『15時17分、パリ行き』新しい映画を観た。こんなに普通の自分達の日常に起こる非日常。映画と現実がシームレスすぎてだんだん怖くなってきた。観ている方も安心できないのがものすごく怖い。 #eiga
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『15時17分、パリ行き』実際に起こったテロ事件を実際にそこに居合わせた人々で再現したこれ以上のリアリティはない布陣で挑んだイーストウッド監督の最新作。もう脱帽です!この監督に掛かれば誰でも俳優としてそこに存在出来ます!本当に凄い!
    いいね

    良い
  • renn6161
    『15時17分、パリ行き』ジャズが流れる淡々としたエンドロールを観ながら「イーストウッド監督って…」と絶句。無差別テロを起こす犯人側ではなく、アメリカから来た幼なじみの3人の少年時代から楽し気な旅行までを描いてこの衝撃だ。凄すぎる!
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『15時17分、パリ行き』クライマックスのvsテロリストなんて拍子抜けする程あっさり済ましちゃって、イーストウッドは感動させたりハラハラさせる気なんて更々ないのね。だから意外に中盤のローマやアムステルダム旅行のシーンが楽しかったり。
    いいね

    良い
  • OnlyTheDesire
    『15時17分、パリ行き』人を救いたかった人が、挫折しながらも道を進み、人を救い、そして英雄になる。とまぁ、ずいぶんストレートに英雄譚を作ってきたな。
    いいね

    良い
  • YUKO_Q
    『15時17分、パリ行き』 問われる人間性。 とっさの時の判断。 cmの印象とかけはなれてただけに、とても良い映画だった。 有名なキャストが出ていなくても、 最後まで惹きつける脚本って大事だなー。
    いいね

    良い
  • nagatsuki_kei
    『15時17分、パリ行き』まさかの本人起用と再現ドラマのような作りで、ある種ノンフィクションの極み。このコンセプトをまったく違和感なく、しっかり映画としても魅せるあたりさすがイーストウッド。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『15時17分、パリ行き』幼い頃から「人を救う人間になりたい」と神に祈り続けたきたスペンサーが、神に導かれ使命を与えられたのは銃乱射テロ事件の現場。この映画では、彼らが神の使いだからこそ。彼ら本人が演じなければならないと証明していた
    いいね

    良い
  • kc_katsuyuki
    『15時17分、パリ行き』良かった。当事者たちに再現させたのが驚き。自分があの場にいたらどんな行動をとっていたかと考えずにはいられない作品。3人の少年時代からの友情が引っ越しで離れ離れになっても続いているのが素敵で羨ましかった。
    いいね

    良い
  • fuuya
    『15時17分、パリ行き』思ったより電車のシーンが少なくて驚いたけど構成がとてもよかったのでええータイトル詐欺~みたいなのにはならなかったすごい! まあまあドキュメンタリーだったんですけどえんためしてた。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『15時17分、パリ行き』列車の中での犯人との攻防の密室サスペンスと思っていたが、そのシーンはわずかで、彼らの少年時代からそこに至るまでのヒューマンドラマなのね。彼らの少年時代の行動の善し悪しというのは、やっぱり決めつけちゃいかんね
    いいね

    良い
  • genzanobuyuki
    『15時17分、パリ行き』 実際のテロ事件を実際に体験した人々で演じるという珍作。 三人の若者を徹底的にヒーローに見えないように撮られている。一般人が、偶然事件に居合わせ、人生の必然として行動し、やはり偶然解決する。一切英雄性が無いことが、じんわりと尊く感じるのだ。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『15時17分、パリ行き』新鮮過ぎる感性の発露未だ止まらず、市井の人間が映画的瞬間を獲得する、現実に限りなく寄ったサラリと凄い再現ドラマ。あくまで虚構である映画の作り方としての怖さ感じつつ監督は一体どこに向かってんだろという気分も。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...