TOP >作品データベース >人魚の眠る家

人魚の眠る家

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    102
  • 普通
    14
  • 残念
    11
総ツイート数
10,264
ポジティブ指数97
公開日
2018/11/16
配給
松竹
上映時間
120分
解説/あらすじ
離婚寸前の仮面夫婦のもとに、ある日突然届いた知らせ。「娘がプールで溺れた」――。愛するわが子は意識不明のまま、回復の見込みはないという。深く眠り続ける娘を前に奇跡を信じる夫婦はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく…。
Ⓒ2018「人魚の眠る家」 製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • saramaro5682
    『人魚の眠る家』母の行動が異様にもみえる、だけど理由があった。預かった祖母、仮面夫婦の主人公、その姉妹、子供、どれもが悲しみを胸に抱えている。母の僅かな望みにかける気持ちに涙なくしては見る事が出来なかったです。
    いいね

    良い
  • rocky_monkey
    『人魚の眠る家』最初から、ハンカチ無しでは観られませんでした。ハンカチ持っていなくて、頗る後悔しました。あらすじすら知らずに観に行ったので、話の内容的に新年早々観るべきじゃなかったかも知れないと思いつつ、反芻できる物語でした。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『人魚の眠る家』東野圭吾X堤幸彦、失敗は許されないメンツ。生命の倫理観をエモーショナルに観る人に訴える。狙ってのことなのか残念なのは、照明やセットが人工的で、命を扱う映画にしては寒々しい。子役三人の熱演も、ここまで重くやらせてツライ
    いいね

    残念
  • writelefthand
    映画『人魚の眠る家』数えたカットは1271。技術の見せ方がちょうとありそうでなさそうなものを巧く見せている。音楽の使い方や人物の影などは奇をてらわず不安や緊張を煽り立てる。娘を守りたいあまりに必死になる篠原涼子がなによりよかったが、他の役者陣もみなばっちり。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『人魚の眠る家』鑑賞。前段もそこそこに事件が起こり、遊びカットがほとんどない状態で最後まで進む。着地こそ、物語を終わらせるために着地させた部分があったが物語のシリアス度とメッセージ性を保った展開が巧かった。原作小説も読んでみたくなる。久々に観た、いい堤幸彦。
    いいね

    良い
  • ryuzimoney
    『人魚の眠る家』子を思う親の気持ち、親族の気持ちが痛いほど伝わってきた。観る前はホラー映画とばかり思っていたけど、真剣に生と死を考えさせる凄い映画でした。泣けました…
    いいね

    良い
  • trustpine
    人魚の眠る家、観ました。東野圭吾がデビュー30周年を記念し執筆した小説が原作。離婚寸前の夫婦のもとに突然の事故の知らせ、眠り続ける娘の奇跡を信じる夫婦の決断が運命を狂わせていくミステリーです。ホラーの要素が入りつつも、塘幸彦作品の中では良いほうだと思います。坂口健太郎がいい。
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『人魚の眠る家』ここまで来るとやっぱり問題あるよなと思う難しい問題だが、家族の立場と他人の立場では、思いもかなり違うけれど、後半は母の異常な猟奇的な行動ととらえられなくもないものであり、やはりそこは、技術的な線引も必要なのかもね
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【人魚の眠る家】技術の目覚ましい発達で、脳死判定をめぐる日本らしい御都合主義的法律の齎す矛盾を晒け出した感は良かった。原作はどうか知らぬが、それをここで?的なEpのちょい出し多く雑多な感触。着地も何だか帳尻合わせの様だ。 #映画
    いいね

    良い
  • sambalsoton
    『人魚の眠る家』 良い
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『人魚の眠る家』人の命の境界線に迫るミステリー。生と死の分岐点を法律面からも不条理さを突きつけるあたりに上手さが光る。いやでもフランケンシュタインやピノキオが想起される。娘を思うあまり暴走してゆく母親を篠原涼子が大熱演。
    いいね

    良い
  • ponchansss
    『人魚の眠る家』全体を通してのテーマは難しく重い。親として、弟として、祖母として、従妹として、それぞれの愛情が切ない。科学の進歩で動く娘の姿はちょっとしたホラーで怖かったけど、脳死や臓器提供について考えてみようと思えたことは良かった
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『人魚の眠る家』堤幸彦にしてはまあいいんじゃないでしょうか。
    いいね

    普通
  • mokomoko37
    『人魚の眠る家』@TC市川。生と死の線引きというデリケートな問題と愛する我が子の為が故の篠原涼子さんの怪演がホラーより怖くて切ない・・・
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『人魚の眠る家』何をもって死とするのか。突き付けられる問いは重い。最後の暴走は曖昧な理屈に対する感情の必死の抵抗だったのではないか。人に出来るのは死を判断する事ではなく死を受け入れる事。納得して受け入れた時が死なのだ。凄まじかった。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『人魚の眠る家』誰も悪くないのにこれは地獄だなあ、刃物振りかざして問う母親役の篠原さんの言葉は重い。ちょっと甘く間延びしがちな中盤はいっそホラーテイスト増し増しで黒川清監督あたりが撮ってたらどうだったろうな。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『人魚の眠る家』原作未読。何というか…ホラーだわ…泣けるというか、子どもたちがそれぞれ辛い…主題とは逸れてるのはわかってるんだけどな、子どもたちが辛いの。主題は本当に難しい問題だと思うけどな。篠原さんの熱演は素晴らしかったと思うし、西島さんと坂口くんはカッコいいんだけどな。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『人魚の眠る家』 ゾンビアイドルが人気なご時世、いつ蘇って暴れ出すか期待しているうちに終わってしまった。子役の泣きの芝居でお涙頂戴に走っていて白けてしまう。ただ周りからはすすり泣きが結構聴こえてきて、むしろそれがホラーだった。
    いいね

    残念
  • Kubric2001
    『人魚の眠る家』生と死の線引きの難しさ。科学と医学がどこまで人の生死に関わっていいものか。折しもゲノム編集双子のニュースがあったばかりで余計考えさせられる。そして病んでいく母親は怖い。最後はもっと簡潔にした方が響いたかと。#eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...