TOP >作品データベース >心と体と

心と体と

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    32
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
151
ポジティブ指数100
2017 (C) INFORG - M&M FILM
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • eri1_10bit
    『心と体と』昨年公開作だけど今年見た映画のベストに入れたいくらい!ちょっと不思議で繊細で、胸が締め付けられる。主題歌がとんでもなくよい。
    いいね

    良い
  • yukitsui
    『心と体と』毎晩見る夢の中で“鹿”となって出会うことで、現実でも距離を縮めていく男女だが、そんな夢と現実の対比表現や、枯れ気味の中年男性と不器用でコミュニケーションが苦手な女性のやりとりが面白い。お家のインテリア、素敵でした。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『心と体と』同じ夢を見るという不器用な男女が、ハンガリーの食肉工場を舞台出会うのですが、微妙な機微を積み重ねていく描写がとても良かったです。坦々と進む物語ではありますが、所々にピリッとした表現が散りばめられた一作、オススメです!
    いいね

    良い
  • renn6161
    『心と体と』去年観てたら確実にベスト3入り。なぜか「鹿」が出て来る映画に心鷲掴みされるような。牛の空を見上げる目、殻を破ろうとする魂、孤独と喜びが重なろうとして揺らぎ、血が流れ、でも眼差しはしっかり前を向く。ローラ・マーリング名曲!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #心と体と  ❤風にさらっとゆれる金髪の美しさとか、そういう何気ない描写が美しかったなぁ。 ⇒  https://mixi.jp/view_bbs.pl?id=87973170&comm_id=2326772
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「心と体と」コミュニケーション障害の女性が夢によって柔らかくなって行く。』 https://twitter.com/yukigame/status/1041766108640948224
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『心と体と』食肉処理場という環境のなかで男女2人が同じ夢をみて互いがその夢に登場するという不思議な体験のなかで、年の差も性格も違う2人が夢を通して互いに惹かれあっていくといっていいのか、そこからどうなっていくのか引っ張られた
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    42本目『心と体と』(@gardens_cinema)。互いに心と体に障害を抱える孤独な男女。夢でもし逢えたら素敵だけど、二人の距離が一気に縮まることはなく、そこがなんともいじらしい。森の中に佇む鹿と食肉処理場の映像の対比も鮮やか。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『心と体と』主だった登場人物は少なく淡々と訥々と進み寓話的。ゆっくり進む内に他者と巧く馴染めない彼女とこちらが解け合う。牛たちと職場。鹿。不思議な実感。彼ひどいなあとも思った、けど道徳の本みたいに生きるわけじゃなし。いい。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『心と体と』良さそうな評判だけを便りに他の情報を入れずに行った。結論は良かった、だけど辛かった。それはもう踏み込んでいけない年齢に達した子を持つ親だから、辛さ痛みに接する時に突き上げてきてしまう。まったく個人的なことです。面白いね
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『心と体と』CDを視聴するのに20枚ぐらい持って一枚づつ聴いたり(閉店ですよ)。食肉工場(牛)が舞台なのでちょっと残虐なシーンもあるので注意が必要かも。それでもメルヘンなラブストーリーだ。エンディングの曲(彼女がCDショップの店員から進められたラブソング)も良かった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『心と体と』「鹿の夢」によって繋がれた恋愛物語か。鹿って狩猟民族にとっては聖獣なのかな。精神分析も絡めてシュールレアリズム的な映画だった。それでいてコミカルなのは、ヒロインの神経症的な(記憶力が良くて潔癖症みたいな)マーリアの行動が常識離れしているからだ。でもそれが魅力だったり。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『心と体と』鑑賞。ずっと前から思い描いていた大人の童話に出会えたような感覚。詩情たっぷりの夢の情景と下世話で職場中心の現実描写。その雰囲気と男女の視点の移ろいが感性を刺激する。小さなポエムになるところを人間模様やエロスや残酷さも描いて味わい深い愛の映画に。ピュアな終盤も好きだ。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『心と体と』残酷な現実の中のファンタジーは睡眠時という内容にすごく共感。独特で少しキュートな物語に一気に魅せられました。ああだこうだ夢の話を真面目な顔でする二人は、ロマンチックで羨ましい。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『心と体と』を鑑賞。鹿の夢が結びつける愛の物語。コミュニケーションが苦手の女性がいいですね。好感持てます。だんだん恋愛する女性として成長していく感じが微笑ましい。一風変わってるけど素敵な話ですね。いいです。
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『心と体と』度を越して几帳面過ぎることで、周囲から疎ましく感じられ、関係がギクシャクするあの感じの描写が細かい。この男女の不器用さは、おおよその人は多かれ少なかれ持っていのではないかな、と感じるのだけど。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『心と体と』聖なるものと穢れたものと。拗れたラブロマンスなんやけど、何だかかわゆいな…オンナなら、マーリアに自分を重ねるんとちゃうかな…ロマンチックやし、彼女は美しいし、臆病やし。でもあたしの行く末は、お掃除おばちゃん?それも良し。
    いいね

    良い
  • yabu7
    『心と体と』#101 同じ夢を見ていることから急接近する二人、幻想的な世界からのラブストーリー!
    いいね

    普通
  • adabana_x_x
    『心と体と』@新宿シネマカリテ 同じ鹿の夢を見る、食肉処理場勤務の不器用な男女のラブストーリー。殺伐とした現実と静かで幻想的な夢のシーンの対比が印象的だった。 現実と夢が溶け合うようなラストシーンはとても良い余韻を残す。
    いいね

    良い
  • no_emedia
    コミュニケーション能力に劣る女 渇れた暮らしの男 ある切っ掛けから 夢で出逢っていると知る 二人は「鹿」 徐々に心の接触が始まる 受けいれられない部分はあっても 心をゆるめる時間は得たのだろうか? 『心と体と』
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...