TOP >作品データベース >ガンジスに還る

ガンジスに還る

みんなの感想/評価
「ガンジスに還る」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    11
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
690
ポジティブ指数100
公開日
2018/10/27
原題
Hotel Salvation
配給
ビターズ・エンド
上映時間
99分
解説/あらすじ
インドの新鋭シュバシシュ・ブティアニ監督が弱冠27歳で手がけ、ベネチア国際映画祭などで賞賛されたヒューマンドラマ。雄大なガンジス河を背景に、誰にでもいつか訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人...
(C)Red Carpet Moving Pictures
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • snow200
    『ガンジスに還る』死期を感じた男が聖地バラナシで解脱の家へ行くことにする。息子は父に付き添うことにするが、その時がいつ来るのか、家族にとって大きな問題。本人も解脱できるのか。インド人の死生観の一端が見え興味深い。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『ガンジスに還る』とても穏やかな気持ちになれる作品。自分の最期をこんな風に悟ってその日に備えて準備するためには、生きている時から誠実さと整理整頓が大事ということね。劇場はシニア層が多くて驚き半分納得半分て感じ。ガンガー見に行きたい!
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『ガンジスに還る』原題は「Hotel Salvation」なので直訳すれば「救済ホテル」。インド映画ながら突然のミュージカルシーンは無いので、インド映画によくあるミュージカルシーンに苦手な方にも安心してオススメできます(笑)
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『ガンジスに還る』観てきた。自らの死期を悟って解脱(死)の家に向かう父と、その覚悟に付き合わさせせられる息子の物語。村上春樹ではないが「死とは生の延長線上にある」ということをユーモラスかつ真摯に描いている。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ガンジスに還る】死期に限らず、引き際を悟って臨む行為…当の本人はとても穏やか気持ちなのだろう。心のままに生きることと通じる人間の尊厳に思いを巡らせた。光と構図・色彩の美しいカットが多く絵画の世界に浸っている様だった。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ガンジスに還る』都会生活に置いていかれたおじいちゃん。だからこそ、最期の時は自分の望むように迎えたい。社会の中心である息子世代にはなかなか理解を得られない。でも、息子は父と共に旅立つ。歩み寄るための静かな時間と河の流れ。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ガンジスに還る』自分の最期は母なる大河の膝元で。自分らしく静かにその時を迎えたい。長い伝統文化の中で培われた風習というのかな。彼らの望む最期を生業として支える街の人々も。静かに時を過ごすための映画。 #映画
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ガンジスに還る』@岩波ホール|押しつけがましくなくていい。「ピンピンコロリ」が理想と言われているけれど、こんなに別れの時間を父と息子だけで寝食をともにして、息子にナデナデ可愛い可愛いしてもらえたら幸福。死んだんじゃない還ったの。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ガンジスに還る』インド人のバラナシとガンジス河への向き合い方、死生観が描かれて興味が尽きない。若い監督だが静かな描写にユーモアを滲ませて見事だ。ガンガーの風景の美しさと変わらなさよ。英題の救済のホテル、「自ら死にに行く場所」があるのがとても羨ましい。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ガンジスに還る』インド独特の生死観をユーモラスに描いたドラマ。神の元へ還る。という心の在り方が漠然としていた死の輪郭を縁取り、生をも謳歌させる。誰にでも訪れるその時を、恐れる事なく笑顔で歩み寄りたい。それは最早、幸せと呼べる最期。
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『ガンジスに還る』 本日は、リアルサウンド映画部(@realsound_m)さんの試写会でした。 近年踊らないインド映画に当たりが多いので気になって作品です。 監督は撮影当時24歳だったそうで!この枯れ具合が凄いですね。(褒めてます)
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ガンジスに還る」人はどんな生き方をしようが、最期は必ず自然に還るのだと思いました。』 #ガンジスに還る #インド映画 https://t.co/aygyAmltkq
    いいね

    良い
  • asapu918
    『ガンジスに還る』試写。インド人の死生観に目からウロコの作品。特にラストの祭りのような葬儀シーン。悲しみにくれる日本の葬式は、遺された者の一方的な感情なのかもしれない。死は神のもとに還ることであり、祝福に値するもの。この映画もユーモアに彩られて明るい。死も、一つの幸福なのだ!
    いいね

    良い
  • yalukko
    ああ。神さま! まさか と思ってiTunes Store調べたら… あった!あったよ!「ガンジスに還る」のテーマ音楽!! 日本のiTunes Storeでも扱いあった!!本当に素敵なんだよー ☺️😌🙃 #MuktiBhawan… https://t.co/M1vs2QLtw8
    いいね
  • yalukko
    あっ。 すぐに謝るのも現代っ子よね〜 ってヴィムラさんも仰ってたっけ。 「ガンジスに還る」本当に しみじみ沁みるよ。
    いいね
  • shokubutsu5
    「ガンジスに還る」はもー、、、素敵、素敵、素敵😍 視線が優しくて時にユーモラスで 画面が美しくて 何度も涙を拭った。ワガママ爺ちゃんも最高。
    いいね
  • mi_amas_myg
    岩波ホールにて、ガンジスに還るを観る 歌も踊りもなく、生きることや家族のことなど…じわっとしみて涙した 色々なことを思い出しつつ、静かに泣ける映画だった #ガンジスに還る #岩波ホール https://t.co/9g6gUBxsEd
    いいね
  • aacha9_9
    『ガンジスに還る』を観てきました! 「解脱の家」で最後を迎えたい父と サポートしたい家族。 家が遠い身内は大変。 「解脱の家」で死にたい人は ほぼ全員、「聖水」ガンジス川の水を飲むのだろう。 最後は涙が出たけど、神に近づきたい行為が 奇妙に思うこともあり、楽しく鑑賞できました。
    いいね
  • yalukko
    もう「ガンジスに還る」、本当に、あの おじいさんと お父さんと。 あの二人のことを思うだけで、なんか なんとも言えず迫ってくるものがあるね。 チラシの色合いや写真の使い方もステキすぎる。 #HotelSalvation https://t.co/hXraPwlHCi
    いいね
  • emmybbc
    映画『ガンジスに還る』観賞。インド・バラナシを舞台に、夢で死期を悟った父の最期に付き添う働き盛りの息子。2人を中心とした家族の姿を描く。昔、バラナシの宿街やガンジス川を訪れた身として、あそこがどんな所なのか視覚的に復習でき、死生観や人生についても考えさせられる作品でした。
    いいね
    もっと見る Loading...