TOP >作品データベース >こどもしょくどう

こどもしょくどう

みんなの感想/評価
「こどもしょくどう」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    7
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
21
ポジティブ指数100
公開日
2019/3/23
配給
パル企画
解説/あらすじ
豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画。小学5年生のユウトは、食堂を営む両親と妹と穏やかな日々を送っていた。一方、ユウトの幼馴染のタカシの家は、育児放棄の母子家庭で、ユウトの両親はそんなタカシを心配し頻繁に夕食を振舞っていた。ある日、父親と車中生活をしている姉妹と出会ったユウトは、両親に、二人にもごはんを作ってあげてと頼んだ。数日後、姉妹の父親が失踪してしまう。ユウトは幼馴染のタカシと共に、姉妹と意外な行動に出始める...。
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『こどもしょくどう』以前観たのは、いわゆるNPO的な「こども食堂」そのものだったが、テーマは同じでもなかなか難しい問題なんだけれど家族と愛情、貧困という視点で、主人公となる少年のやさしい心と行いが感動を呼ぶ物語となっている。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『こどもしょくどう』ニュース等で存在は知っていたが、本作を通して初めてその役割について知った。いつの時代でも社会の皺寄せは高齢者や子供のような弱者に行く。そんな弱者の受け皿、居場所が人々の善意で支えられていることに心打たれます。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『こどもしょくどう』子ども食堂を舞台にしたドラマではなく、それが必要とされる背景を子ども目線で見つめる内容で想像以上に鋭く問いかけてくる。現実的でしっかりと咀嚼させる映画にしているところが好感度が高く、「観て良かった」と同時に「多くの人に観てほしい」と思う良さがありました。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『こどもしょくどう』②母子家庭の少年、穏やかな日常と平行して描かれる彼らの過酷な日々は「何かしてあげられないのか?」と、静かに私に問い掛けてくる。誰かの為に其々が出来る事を忖度無く実行する子供達に涙が溢れた。残酷で無垢な子供の世界。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『こどもしょくどう』①子供の貧困問題を子供の視点から捉えたドラマ。大人と子供、社会と個人という立場と思考の乖離は、どこかで自分自身を安全圏へ避難させ傍観者にしているかもしれない。両親のいない車中生活をする姉妹やいじめを受ける貧しい
    いいね

    良い
  • haripote40
    『こどもしょくどう』子供をめぐる貧困がテーマ。社会制度としての救済と隣人として寄り添うこと、そのバランスを考えさせられた。苦境の中、小さな妹を世話しながら、ひたすら耐える姉を演じた鈴木梨央さん。その目が印象に残った。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『こどもしょくどう』車で生活する少女との出会いが少年を変える。子供には大人の事情など分かる訳がない。大人の都合に左右され、助けを求めても声が届かない。精一杯の日常を熱演する子供たちの姿が胸を締め付ける。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『こどもしょくどう』試写。貧困問題がテーマのドラマ。子供視点だからこそ、大人の事情と子供の事情の乖離、双方の価値観の違いを突きつけられる。純粋に両親を待つ子供たちに、社会的な対処は絶対正しいのか。余計な説明を省いたストーリーと子役たちの熱演が新鮮。吉岡秀隆、常盤貴子の安定感も◎。
    いいね

    良い
  • HitokotoLib
    ヒューマントラストシネマ有楽町で『こどもしょくどう』を観てきました。 ひとりひとりが今できることをすること。口出すんじゃなくて、金出すなり行動するなりね。 それが唯一、傍観者から抜け出す方法なんだと思いました。 素敵な映画です、ぜひ。 #映画 #こどもしょくどう
    いいね
  • cafe_meguriya
    映画「こどもしょくどう」感想(以下ネタバレを含むので注意) 定食屋の息子が車上生活をする姉妹と出会い、貧困と向き合う物語。映画自体は一見よくまとまっているし、共感できる部分も感動した場面もあったが、子ども食堂に関わっている自分として、幾つか看過できないポイントがあるので記す。
    いいね
  • cafe_meguriya
    映画「こどもしょくどう」が絶望的にヒドイ映画だった。青年劇場「つながりのレシピ」が、素晴らしくよかった。「こども~」に無い視点が、「つながり~」に幾つもちりばめられている。子供から大人まで多くの方に観てもらいたい作品。感想は後日書く予定。
    いいね
  • soredeiinoda3
    見たいー!! 映画『こどもしょくどう』オフィシャルサイト https://t.co/pyNsGLli4u
    いいね
  • asaodoala
    『こどもしょくどう』を観てきました。子どもの貧困問題を真面目に扱った映画だったけど、何かモヤっとするのは、こどもしょくどうが個人の善意のみを頼りにしていること。この映画ではNPO団体などでもなく全くの個人の取り組み。 https://t.co/XKM02RVCQ7
    いいね
  • s_chiwata
    マークイズで、映画「こどもしょくどう」を観ました。 背景事情をあまり説明せず、さりげない会話が続き、ストーリーも先が読めない展開で、なかなか良かったです。 ところで、大名には、子供食堂ではありませんが、地域の人の拠り所となっている… https://t.co/3x5pf9BHlP
    いいね
  • lawn2bishop
    今日も映画を観ています。一本目は「こどもしょくどう」。親に育児放棄されたり、捨てられた子供たちに食事を振る舞う食堂を営む一家のお話しで、誰にも頼らずに生きていこうと必死な子供と、それを見ているだけじゃさいられない人たちの心情を描いているのがいいですね。
    いいね
  • tukasa_kou
    世の中には知らない方が幸せなことはいくらでもある。 でも、それを知ってしまったら... もう、見て見ぬふりはできない。 ユウトもきっとそんな気持ちであったのだろう。 原作・脚本 足立紳 映画『こどもしょくどう』観賞 一人でも多く… https://t.co/7DHwDOiDiM
    いいね
  • Kodomoshokudo_M
    「映画のある生活~考える高校生のためのサイト~Mammo tv より」で日向寺太郎監督インタビューを掲載いただきました。 インタビューを行った場所は、あづま家さん。映画「こどもしょくどう」のユウトのお家です。 全3回の連載予定です… https://t.co/ZtcW66w91B
    いいね