TOP >作品データベース >ナチス第三の男

ナチス第三の男

みんなの感想/評価
「ナチス第三の男」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
56%
  • 良い
    12
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
1,097
ポジティブ指数75
公開日
2019/1/25
原題
THE MAN WITH THE IRON HEART
配給
アスミック・エース
上映時間
120分
解説/あらすじ
ラインハルト・ハイドリヒ。その冷徹極まりない手腕から“金髪の野獣”と呼ばれ、ヒトラーさえもが恐れた男。かつては海軍の兵士だったが、女性問題によって不名誉除隊を余儀なくされ、妻の奨めでナチ党に入党。自分の一部だったものをもぎ取られ、ナチ運動に怒りのはけ口を見つけた男は、諜報活動で頭角を現し、瞬く間に党幹部へとのしあがる。さらに、150万人を超えるユダヤ人虐殺の首謀者として、絶大な権力を手にしていく。一方、この抑止不能な男の暴走を止めるべく、チェコ亡命政府によって選抜された2人の若き兵士が、闇夜に紛れパラシュートでプラハに潜入した。綿密な計画を立てて待つこと数か月、1942年5月27日、遂に決行の朝はやってきた。ハイドリヒを乗せたメルセデスが市街地に入り、路面電車の後から姿を現した――。
(C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • lonegothdog
    『ナチス第三の男』劇場で鑑賞。前半はR・ハイドリヒが"鉄の心臓を持つ男"と化すまでを、後半は彼の暗殺作戦の顛末を描いていくが、どちらも掘り下げ甘く印象薄い。豪華な俳優が顔を揃えるも、やはり今一つ映えず惜しまれる事この上ない。凡作です
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ナチス第三の男』この事件はチェコやフランスでは有名なのかな。すでに語り尽くされている事件なのだ(「忠臣蔵」みたいに)。映画は英語でその事件を知らない人でもわかりやすく描いているかな。テロリスト側の村がジェノサイドされる悲劇は映画ならではのエンタメ作品となっている。ラストは号泣!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ナチス第三の男』ハイドリヒ側の考察とチェコ人のテロリスト側の考察が交錯して事件となる。その結果プラハの住民が撲殺される。映画はメタフィクスション的語りを廃して、ハイドリヒの物語とテロリストの物語を前後させて映画的に描いている。それが実に感動ポルノになっているのだが、いいんだ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ナチス第三の男』原作のローランド・ピネ『HHhH (プラハ、1942年) 』とは根本的に違う。ピネも映画は別物とコメントしている。原作は語り手がハイロリヒ暗殺事件とその顛末をメタ・フィクション的にそれまでのロマン的に語られた感動ポルノを廃して事実を積み重ねて行く文学。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ナチス第三の男』(THE MAN WITH THE IRON HEART)鑑賞。027 ジャック・オコンネル(Jack O'Connell)要チェック。ベルファストの時も光ってた。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ナチス第三の男』(THE MAN WITH THE IRON HEART)鑑賞。027 英題の皮肉通り、どの映画で描いたより脆いクズ人間ハインドリヒ。ただし圧政とレジスタンスは現代に通じるメッセージ。 #eiga
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ナチス第三の男』ナチス側から描くのに注目。ハインリッヒが何故ナチス将校となりナチス第三の地位を築いたかが描かれる。前半は見応え十分。女性の影響力が絶大だった。後半は反ナチス側から描いた。できたら全てナチス側から描いて欲しかった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『ナチス第三の男』下半身スキャンダルで海軍将校をクビになった男がナチスの最高幹部として人類史上最悪の戦争犯罪を指揮するまで。後半は暗殺計画とその実行者達の過酷な運命を描くがハインリヒ自身の苦悩や葛藤、変貌の内面をもう少し観たかった。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ナチス第三の男』★★★☆☆ハイドリッヒ暗殺映画は去年「ハイドリッヒを撃て!」を観たな
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『ナチス第三の男』@シャンテ♪ナチス第三の男をみていたはずなんだけどね。。途中からいつぞやに観た『ハイドリヒを撃て』になって、そのまま終わっていくという…(^-^;)
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #ナチス第三の男  ♦合法的な無差別殺人に眩暈が…。原題はヒトラーがハイドリヒにつけた渾名。精神的には鉄の心臓でも肉体的には、という史実。暗殺者の2人(ジャック・オコンネル&レイナー)が若い?可愛い?と思ったら2017年作品。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ナチス第三の男」酷い人と言われるけど、能力はとても高い人物だったのだと思います。』https://twitter.com/yukigame/status/1090291878489014272
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【ナチス第三の男】ハイドリヒの、人としての成り立ちを描く前半部は成る程…と興味深かった。このまま彼を徹底的に描くのかと期待したが、後半からは視点反転し叙情的に入り込み過ぎで興醒め。『ハイドリヒを撃て!』の秀作越える見処もなく萎む…原作小説とは別にタイトルに偽りありかと。 #映画
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『ナチス第三の男』「ハイドリヒを撃て」とは少し違ったハイドリヒ視点で描かれているところもあって、残虐なナチの姿ではあるけれど、彼の苦悩や弱さなんかも見えたりして。でも報復するナチの姿は目を覆うばかり。 #ナチス第三の男観た
    いいね

    良い
  • snake954
    『ナチス第三の男』みる。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ナチス第三の男』ハイドリヒを撃てと立て続けに同じ話の映画化とは分が悪いのでは。前半J・クラークが本人を重厚に演じ妻はR・パイクで結構な尺をるので新しい解釈があるかと思えど悪人にしかなりようがない。後半は暗殺側で話が分かれる。2人のジャックの友情はよかった。 #映画
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『ナチス第三の男』ナチス党幹部ハイドリヒの暗殺を巡るドラマは何度か映画化されているが、本作はハイドリヒが如何にモンスター化したのかという点と、そのモンスターの暴走を止める為に如何に暗殺が行われたのかをスリリングな人間ドラマで描く。
    いいね

    良い
  • yousan330
    『ナチス第三の男』 前半と後半で異なる視点になるが、個人的にはハイドリヒの残忍さをもっと描いてほしかった。 #eiga
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ナチス第三の男』前半は妻リナにより怪物へと変貌していくハイドリヒに注視し、後半はエンスラポイド作戦の顛末を描く少しトリッキーな作り。この仕掛けは一長一短。多角的な歴史考証としては◯。願わくばR.パイクの毒嫁をもっと堪能したかった。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • animogli
    ナチス第三の男はHHhH読んだ後UK版DVDで約1年も前に鑑賞済みなんだけど、一回観て憤慨して封印して原作読み直した民なので鑑賞予定にないです まさか本邦公開されるとも思わなかった https://t.co/mYMj4ve07W
    いいね

    残念
    もっと見る Loading...