TOP >作品データベース >ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた

みんなの感想/評価
「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    33
  • 普通
    7
  • 残念
    1
総ツイート数
914
ポジティブ指数95
公開日
2018/5/11
原題
Stronger
配給
ポニーキャニオン
上映時間
120分
解説/あらすじ
2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失う被害を受けた実在の人物ジェフ・ボーマンの実話を映画化。テロ事件の犯人特定に一役買ったことで一躍脚光を浴びるも、両脚を失うという大きな傷を追った...
(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork (C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ponchansss
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』「パトリオット・デイ」からの流れも分かって良い。普通の人ならきっと取り乱してあんな風になるかも、そう思わせるJ.ギレンホールが素晴らしい。支え合って助け合って生きていくんだよなあ。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』てっきり両足を失った彼が、ボストンマラソンに挑む話と思っていたらちょと違ったけれど突然両足を失った苦しみは本人だけでなく周りにもおおきな影響を及ぼすよな。コストコの店長がいいかも
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ボストンストロング】驚くべき展開はない。ただ、主人公がとんでもなく未熟で幼稚で等身大のダメ野郎なのがミソ。最初から強い必要はなくて、誰かに力をもらって、またそれを誰かに与えていければいい。人が支え合って生きていけることを謳う良作。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』大きな事件の後のムーブメントや、その出来事の受け入れ方は、アメリカ、って感じ。浮かれた親戚もしっかり者の彼女も描くことでジェフは等身大に。ジェイク・ギレンホールだから、観ました。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』ジェイクがテロで両足を失った被害者を渾身の演技で見せる。主人公とその親族一同や友人たちが驚異的に軽薄短小なとこがリアル。英雄とは何かというより、環境の重要さについて考えさせられる。
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』@シャンテ♪良かったねと思う反面、それで良いの?と思うこともあってなかなかに複雑な心境だったんだけど、ふと未来が開ける瞬間には心が震えた。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』テロ犯を追い詰める男のサスペンスかと思ったら、テロに巻き込まれてしまった青年の成長ストーリーだった。ダメ男を演じさせたら、ジェイク・ギレンホールはピカイチ! #映画
    いいね

    良い
  • pipox2
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』爆弾テロで両足を失いつつも犯人逮捕に貢献、英雄となったダメダメ彼氏が、時の人で浮かれる家族には恐怖や不安を打ち明けられず、よりの戻った彼女に酷い言葉も…それでもボストンよ強くあれ!人は強い!ジェイク•ギレンホールが良いよ♪
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』本人の手記により、テロに巻き込まれた人間を手放しに英雄扱いするのではなく、ダメな人間だけど頑張ったと等身大に描いて共感を呼ぶ。「パトリオット・ディ」を観ていると、背景もよく分かる。
    いいね

    良い
  • brimley3
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』ジェイク・ギンレイホールが演技うめー。英雄に仕立て上げられた男の苦悩がひしひしと伝わってくる。彼女と寄りを戻すがやはりダメダメ人間なところがポイント高し。サブタイトルに惚れたw
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』再起物として特段の意外性はないが、いたずらに美化してないのは好印象。等身大の青年の苦悩と恋愛を通して語られる成長物語。やはりジェイクの熱演が光る。MLBファンには嬉しいゲストも。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた>主人公ジェフがカルロスと再会して『ボストン・ストロング』という言葉に込められた想いを理解する場面が素晴らしい。母親の息子への執着に、「アイ・トーニャ」のサイコ母親を思い出す。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』勝手に英雄に祭り上げられてしまった苦悩がヒシヒシと伝わる。そんな人を救うのもまた傷ついた人。前を向くことで誰かをも前向きにする。『パトリオットデイ』と合わせて観るとより理解が。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』最初から最後までほぼ泣いてた。両足を失って絶望の淵にいたジェフを救ったのは同じ絶望を見ている人たちだった。懸命に生きる姿は誰かを励まし、相手の痛みを知ることで人は強くなれるのだ
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『ボストン ストロング』‪鑑賞。テロで両脚を失ったジェフ。犯人の情報を提供した為、英雄と讃えられる一方で前向きになれない弱さをJ・ギレンホールが巧みに表現。彼を救助したカルロスの想いを知り、立ち直って行く姿が感動的。#eiga
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』劇場で鑑賞。心の傷が癒えぬまま英雄として持て囃される青年。戸惑う内心や伴わぬ実態を抱えながら、それでも逞しく立ち直っていくドラマが厚く丹念に描かれており実に見応えがあった。良作です
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ボストン ストロング』ジェイクがこういう直球感動映画に出るのかという驚きがあるが出演作にハズレ無し感は今作でも健在か。ともすればテロ被害に負けない強き人の感動物語で終わる所を、青年の人間的成長とPTSDからの立ち直りを上手く絡ませて見せてくれた。「パトリオット・デイ」の別側面。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』個人的にアンチ野球な性分のせいかもしれんけど、感動的なラストに対し、中盤のアイスホッケーの会場(の雰囲気)は、な~んか“ワルもん”扱いされてねーか?…などと思ったりもw
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』ガキっぽいダメ人間だけどワルではない、マジメな部分もある、そして話の主役だけど脇役っぽい人柄が、他人に思えず… むごいきっかけによって、成長を迫られた登場人物達のもがきが胸に迫る。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた』数年前のテロ実話。別れた彼女の応援でマラソンゴールにいたら悲劇が。事故での気丈な態度に感服。こんな事があったら悲嘆にくれる。酒浸りの姿も仕方ない。でも自分から立ち上がった彼に拍手!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...