TOP >作品データベース >ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    51
  • 普通
    9
  • 残念
    3
総ツイート数
1,543
ポジティブ指数89
公開日
2018/6/1
原題
You Were Never Really Here
配給
クロックワークス
上映時間
90分
解説/あらすじ
個性派カメレオン俳優ホアキン・フェニックス×『少年は残酷な弓を射る』でセンセーションを巻き起こしてきたリン・ラムジー監督初タッグ作。第70回カンヌ国際映画祭男優賞・脚本賞W受賞作品。元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。あるとき、彼の元に舞い込んできた依頼はいつもと何かが違っていた。依頼主は州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応なままだ。そして2人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る――。
© Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa / Why Not Productions
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 1000ya
    『ビューティフル・デイ』観た。カンヌがどうたらって謳い文句で劇場公開時観に行けなくて悔やんでたけど、これは確かにカンヌが喜びそうな映画やわ。家で集中せずに観たらわけわからんもん。適当に観てると謎ばかりになって全然おもしろくない…。
    いいね

    残念
  • renn6161
    『ビューティフル・デイ』原題は「ou Were Never Really Here」暴力的な父親の支配下にあった子ども時代。軍人時代に助けられなかった少女たち。ジョーは自殺願望を常に抱きつつ仕事をこなす。映像に全てがあり、救済も。
    いいね

    良い
  • yukitsui
    『ビューティフル・デイ』説明やセリフをあえて少なくして、映像で語る芸術的で静かなバイオレンス映画。一見強そうに見える大男にもトラウマを抱えていて、そんな苦悩するホアキンの演技力が凄かったです。救う側から救われる側への逆転も面白い。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ビューティフル・デイ』状況説明がほとんどなく、しかも、ジョーの抱えるトラウマのフラッシュバックが頻繁に挿入され、現実と非現実の境目が曖昧になる。心が壊れかけている中年男が壊れかけの少女と出会いどうなるか?いろいろ考える余白がいい。
    いいね

    良い
  • takuwy
    『ビューティフル・デイ』レオンっぽいのかなと思ってたけど、映像芸術的な作品だった。静寂なシーンが多いが冗長とも感じず。この手の作品はあまり気に入った事はないけど、本作は丁寧に作られていて結構引き込まれて好印象。
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『ビューティフル・デイ』/映像と音楽で叙情的に描いた作品で、印象的なカットやシーンが多い。男のトラウマも少女の過去もはっきりとは描かれないが、映像からおおよそ読み取れる。ビニール袋とカウントダウンが苦しい。ラストも解釈の余地を残す。
    いいね

    良い
  • usacofuwa2
    『ビューティフル・デイ』原作ありの作品、ホアキンフェニックス主演。もうそれだけで予想通り名作だった。省略、細かい説明がないのに伝わるという点もいい。ちょっと気になったのはインヒアレントヴァイスっぽいかなと。まあどっちも好きだけど
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ビューティフル・デイ』2本目なんか彼氏はずっと髪の脂を拭いてずっと香料臭かったし。 電車でもそうだけど、急にケータイを弄る人ってなんでアカウント一覧を見るんでしょう。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ビューティフル・デイ』ケータイでTwitterかラインのフォロー一覧を見始めたのを早稲田松竹のお姉さんが即注意したのが信頼置けました。デートって大変だねえ。難しい映画を2本も見なきゃいけないんだからねえ。2本目なんか彼氏はずっと
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ビューティフル・デイ』 名画座で観てなんなんだけど、よくわからなかったからもう一回みたい。あと後ろから2列目の学生がエンドロールに入った途端ケータイでTwitterかラインのフォロー一覧を見始めたのを早稲田松竹のお姉さんが即注
    いいね

    良い
  • masurrey
    『ビューティフル・デイ』見た
    いいね

    普通
  • trans_american
    『ビューティフル・デイ』いいことをしているけれど、危険がつきものな世界で、依頼された仕事からゴタゴタに巻き込まれていく展開の中、少女との邂逅によって、主人公の中で何か変化が起きているのだろうが、説明が少なく、観やすい作品とは言えない
    いいね

    普通
  • kc_katsuyuki
    『ビューティフル・デイ』Amazon鑑賞。母親を殺した男を撃った後、鎮静剤を与えて一緒に歌を口ずさむ場面が美しい。未だ自殺願望に囚われれいる主人公に対して、すっかり自分を取り戻してた様子の少女がつぶやくラストのセリフにホッとする。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ビューティフル・デイ』@ 塚口サンサン劇場観!不穏で鮮烈で繊細で剛胆な画の羅列…「何が起こってるのか分からない…」逝く着く先は。多く語らず。凄惨な画に流れるキュートな音楽。監視カメラの切り替えで映される暴力の描写。水葬の美しさ!「彼女」は目醒めた!弐言で締める結末題名!傑作!
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『ビューティフル・デイ』素晴らしい作品。台詞少なく不穏な音楽で緊張感を煽られ美しい印象的なカットが多い。PTSDを患った元軍人の殺し屋が少女を救うという話だが主人公の精神がぼろぼろになっていくのが苦しい。ラストの安堵感がなんとも。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    57本目『ビューティフル・デイ』(@Mitte_10)。スタイリッシュといえばそうなのだけど、説明的な台詞を用いずフラッシュバックを多用する演出に戸惑ってしまい・・・すべてを分かった上で再見するとまた違うんだろうなぁ。
    いいね

    普通
  • overmanendwar
    『ビューティフル・デイ』鏡の一人演技、階段から狭い通路だったりプロットだけでなく細部もタクシードライバーっぽかったり。主張しまくる音楽は凶器染みた精神性の現れだと思うけど犯行とか決定的な瞬間は無音になりまるで死神が来たかのようだった
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ビューティフル・デイ】暴力によりこの世から居場所を奪われた、亡者のような人々が現世に留まり続ける術もまた暴力なのは強烈な皮肉。欺瞞に満ちた腐った世界では、晴れやかな一瞬でさえ虚ろで空虚。真紅の血だけが確かにその手を染めるのだ。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ビューティフル・デイ』心に傷を負った殺し屋が彼女を助けるつもりで自分を助けるというか助けてほしい。それが彼女の役割やね。さて結局、政治家たちが悪いのかそれとも彼はやっぱり悪いのか。それが美しい日になったのか
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ビューティフル・デイ』ファントムスレッドに続いてジョニーグリーンウッドの音楽が雄弁。そしてバイオレントなシーンにかかるポップスも実にキュート。ニーナを救い出す映像を監視カメラだけにして殺人シーンを見せないのはなんか北野映画風ね。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...